市川はるみ

創造理論「等価変換理論(Equivalent Transformation Theory =ET理論)」による子ども向けプログラムを開発・実施。創造性は生きる力につながります。ここではET理論の基礎となる考え方や、その視点から考えたことを書いていきます。等価変換創造学会準会員。

観点を変えると、違う世界が見える

 こんにちは。  今回は「観点」について考えてみたいと思います。  まずは、次の動画を見てください。  最初は山の上にある道が見えると思います。  山に見えていた…

「反対」なのに「同じ」ということもある

あけましておめでとうございます。 昨年はコロナで予想もしなかったような1年になりましたね。今年もどうなるのか分からないことが多いですが、少しでもいい年にしていき…

「異なるものの中から『同じ』を見つける」力は、あらゆる区分を飛び越える

 こんにちは。  ナイキのCMが話題ですね。  ナイキのHPによると、タイトルは『動かしつづける。自分を。未来を。』。「アスリートのリアルな実体験に基づいたストーリ…

ちゃんへん.さんの閃きから、直感力を考える

こんにちは。 最近、ちゃんへん.さんの『ぼくは挑戦人』という本を読みました。 その中に、課題を抱えていたときに目に入ったことから閃きを得たというエピソードがありま…

発想の転換でダイナミックな「創造」が生まれる

こんにちは。 暑いですね。今回は等価変換創造学会員(*1)の上坂且さんが開発した、家庭用のアイスクリームメーカーについて紹介します。              …

「閃き」の瞬間にある「異なるものの中から『同じ』を見つける」

こんにちは。 夏目前ですね。 今回は「閃き」についてです。「閃き」はどんなときに起きて、その瞬間、頭の中でどんなことが起きているのでしょうか。 先日、東洋経済ONLI…