見出し画像

「伝えること」を前提としてインプットし考えること。

2005年にブログを初めてから、15年以上日常的に文章を書くようになりました。

その15年という過程を経る中で、1番大きく変わったことは、テレビを見たり、映画を見たり、漫画を読んだり、本を読んだり、音楽を聴いたり、旅をしたり、誰かに出会ったりってことをして、何かを感じ、何かに気づいた時に、

「それを誰かに伝えることを前提にインプットするようになった」

ってことですね。

「面白い・興味深い・楽しい・悲しい・深い・辛い・考えさせる」っていうようなものが少しでもあった時に、人が聞いたり読んだりした時に、面白い内容になるような構成を考えるようになったと言いますか。

「へ?面倒臭えな。素直に楽しめよ。」って思う人も多いでしょうが、慣れてしまうとね、より深く楽しめるようになります。

だってね、私がジブリ映画の「紅の豚」を見たとして、「面白かった~♪」っていう感想だけ言って、その話に興味を沸かせて楽しく聞いてくれる人がどれだけいます?

いないよね?

・何が面白かったのか?
・何が美しかったのか?
・どこに感動したのか?
・どこに問題があったのか?
・何を考えさせられたのか?

っていうようなことを、常に考えながらインプットするわけです。映画を見ている最中でも。より集中して。より貪欲に。

もちろん、意識的にしているところもあれば、無意識的にしているところもあり、1番深く考えるのは、その映画を見終わった後の「帰り道・電車の中・家で酒を飲んでいる時」だったりしますが、常に、

「アウトプットを前提にインプットして考える」

ってことを意識しているのとしていないのでは、アウトプット自体の質が全く変わってきます。


私は、若いころ、ヨーロッパへの長い旅に行った時に、カメラを持って行きませんでした。

「カメラで写真なんか撮るんだったら、心の目に焼き付けるのだ!」っていう謎の思想を持っていたためですw

なので、1枚も写真が残っていないわけですが、その事実に加えてね、「美しい写真を撮る」っていう強い意識を持っている人の方が、旅先の美しい場面をより貪欲に探し、見つけられる可能性が高いってことを後から知りましたね。

それも「アウトプットを前提にインプットするか?」ってお話です。

「素直な感動」を素直に受け取ることも素敵なことですが、「アウトプットを前提にしたインプット」をすることで、より目の前の対象を深く見て、感じて、知ろうとして、それを心に焼き付けようとするはずです。

そして、写真やメモなんかに残すこともあるでしょうが、それによって、アウトプットは強力になるし、思い出もちゃんと残るw


本でもいいし、テレビでもいいし、映画でもいいし、ゲームでもいいですが、それらをインプットしたあとに、誰かにその対象についての話をしたとして、「へ~、面白そうだね~。私も見てみたい♪」って言われるくらいのアウトプットを意識して取り組んでみると、インプットの質は大幅に変わってくると思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!! 頂いた応援でエビスビールと芋焼酎とラーメンを頂いて、本を買います!

17
15年で4600件以上の記事を書いてきました。中学の頃から「人生」を考え始め、人生論、恋愛論、モテ論、教育論、コミュニケーショ論を研究してきた1人の男の考えをわかりやすく書き記した文章です。当たり前の意見ではなく人生を通して経験したものを思考のフィルターを通してお伝えしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。