HBK!

「何をみても何かを思い出す」心に移りゆくよしなしごとをそこはかと綴る。 福岡を中心に活動している写真家。HBK! https://lit.link/fukcrechbk

HBK!

「何をみても何かを思い出す」心に移りゆくよしなしごとをそこはかと綴る。 福岡を中心に活動している写真家。HBK! https://lit.link/fukcrechbk

    マガジン

    • Leetspeak monsters & HBK!

      • Leetspeak monsters & HBK!

    最近の記事

    いろんな人のいろんな記念を撮影する日々

    私の写真の真髄は、記念写真であり記録写真だ。 被写体にとって人生の大事な瞬間を記録してほしいときに依頼がくる。 ありがたいことに私の元にはひときわ変わった撮影依頼がくる。 2022年になって様々な依頼が来たのでそのごく一部をここに記す。 まずは1月から 1月、ニーナの息子の成人式撮影 普段KINKYBOXでM女をしているニーナの息子が晴れて成人したとのことで成人式の祝いに家族写真を撮影してほしいと依頼があった。場所は太宰府天満宮と希望があった。ひとしきり太宰府天満宮で撮

    スキ
    5
      • 終わりと始まり

        インスタをご覧の方々は、私の投稿の主がそちらにあることは承知の上だろうが、noteを蔑ろにしていたつもりはない。 ここに書くにあたって何かまとまった内容を、と考えていたら筆が思ったほど進まなかった。ここでまとまった内容が生まれたので書く。 ■先代バモスの最後2021年12月初頭、車が完全にぶっ壊れた。最後は、もう文句のつけようがないくらい壊れた。爆発しなかっただけマシだなと思った。 ごうきちゃんの撮影が最後だったのは心底面白かった。彼に関わるとどこまでも狂っていくのは面

        スキ
        10
        • 誰かの日常は、誰かの非日常であり

          パークサイドギャラリーでの展示を終えて パークサイドギャラリーでの個展「何をみても何かを思い出す 展」は無事終わった。 たくさんの方々が見に行ってくださり嬉しかった。 ありがとうございました。 ここに備忘録のために準備の苦労を書いておこう。それは、そのままこの2021年の振り返りにもなるだろう。 今回の展示は、2021年に撮影した写真を60点ほど展示した。 と、決めたのは8月も入って半ばすぎだった。それには理由がある。 話を1月まで遡る。 2021年1月 昨年から続

          スキ
          14
          • 写真展のお知らせ

            写真展始まりました。 お近くを通る方、見てください。 展示場所はいわゆる通路です、閲覧無料です。 2021年に撮影した写真、60点くらい展示してます。 #何をみても何かを思い出す 展 2021/9/7 - 20 パークサイドギャラリー 入場無料 5:00 - 24:00 ■展示内容 今回は、2021年撮影したもの60点ほど展示しています。 今年もいかなる理由に屈することなく自分のペースで撮影できていることに喜びを感じます。ありがとうございます。 寝ても覚めても写真を撮る

            スキ
            10
            • 終わりと始まり

              スキ
              10
              6か月前
              • 誰かの日常は、誰かの非日常であり

                スキ
                14
                10か月前
                • 写真展のお知らせ

                  スキ
                  10
                  11か月前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • Leetspeak monsters & HBK!

                  • 2本
                • Leetspeak monsters & HBK!

                  • 2本

                記事

                記事をすべて見る
                  • 岡潔という人物を知り、彼の考えがあまりにも私の最近の考え方と似ていたので備忘録として

                    残す。 岡潔という人物の考えと自身の写真に対する取り組み方があまりにも似ていたので記す。 ■運について最近私と話した人には割と言っているが、私の写真技術で最も必要なものは「運」である。きっとこれに集約される。 では、技術というのなら研鑽を積むことでその技術を得ることができると思っている。どうやって? そもそも、運とは何か。運とは、神の采配である。神の存在をまず信じる必要がある。それぞれの神を信じればいいと思う。神は、上位構造の何かだと認識している。そこの話は、これくら

                    スキ
                    15
                    • 気づけば展示だらけ(4つ告知)

                      既に始まってしまい、もはや終わろうとしている展示すらありますが・・・ 実は同時多発4箇所で写真展をしています。我ながら常軌を逸しているとは思っていますが、これには色々わけがありまして重なったり増えたのでありまして・・・割愛します。 今回はSMやFETISHが中心の展示です。 よろしくお願いします。 以下にそれぞれの展示の特徴を述べていきます。 KINKY! 西中洲のSM BAR「KINKYBOX」の歴史の一部を展示しています。 創立前夜から今に至るまで七年近く撮ってき

                      スキ
                      6
                      • 感性を躊躇わないために

                        以前にも書いたかもしれないが、感性は年々目減りする。 感性は、おそらく刺激によって育まれる。長く生きると色々なことに慣れる。慣れると安定するが、刺激は減る。 きっと、それは私には良い事ではない。故に、今の人生には納得している。 感性を躊躇ってはいけない。いいと思ったらシャッターを押すべきた。様々な事象の微細な変化に気づいてシャッターを押す行為をすることで、どんどん感度は上がり、様々な事象に予測と行動ができると思う。 それには、風景写真がうってつけなので練習としてよく撮

                        スキ
                        10
                        • 為すも為さぬも神様次第

                          宗教を信じると言うよりは、自然の力、地球の力、宇宙の力によって起こる美しい景色に出会えた時に感じることがある。 ・運が良い ・神様の存在 このふたつだ。どちらにも気づくためには、常に感性を高めておく必要があると思っている。 少し前のことを話そう。 津屋崎アンタッチャブルグループ展「津屋崎アンタッチャブル」は無事に大盛況の中幕を閉じた。 二日間で250人近く来たとのことだ。私の知り合いでも多数来てくださった。本当にありがとうございました。不便極まりない場所ながら、電

                          スキ
                          11
                          • 朝焼けはいつかやってくる

                            ■アレアコーヒーでの個展が無事終わった。みに来てくれた皆さん、場所を提供してくださったアレアコーヒー初代党首の天久さん、ありがとうございました。 さまざまな事情で来れなかったけど応援のメッセージなどをくださったみなさま、ありがとうございました。励みになりました。 ほとんど在廊したので、見に来た方とはほとんど会話ができた。ありがたかった。とても励みになった。頑張ろうと思えたし、色々な意欲も湧いた。 これを書いている現在、3/11 am 2:37 週末に行われる「津屋崎ア

                            スキ
                            10
                            • 見失う時があり、

                              先日この動画を見つけた。 3人のストリートフォトグラファーへのインタビュー動画だったが、三者三様でとても面白かった。 これを書いている2/25 昼、本当のことを言うと全ての展示を終わらせたい衝動に駆られている。展示をしているとよく起こる。いっそのことフォトグラファーもやめてやろうかと、ふと思いがよぎり止まる。 と、初めて文字に書き起こしてみて自分の痛々しい精神状態に恥ずかしくなったがそのまま掲載する。 2/25 夜 焼肉を食べる。これは、撮影の打ち上げと打ち合わせを

                              スキ
                              9
                              • ライブ撮影いくつか

                                2021年、非常にスロースタートなライブフォトグラファーのHBK!だが、特濃なライブばかりを撮影させていただいた。 振り返る。 2021/1/16 キョウシロウ誕生日ライブエンボイ(envoy from the silence)のキョウシロウの誕生日ライブだった。既に本人が告知してるから隠さないが、割と重い病気を患っている彼を想い仲間たちが集まってライブイベントをおこなった。首謀者のあびるくんお疲れ様でした。 この日を撮れたことが心から嬉しい。間違いなく私がHBK!であ

                                スキ
                                10
                                • 告知たくさん

                                  HBK! 展示のお知らせまとめ 実は色々と展示が決まってます。 既に展示開始したものから、予定は未定なものまで色々あります。 都合つく方、感染症対策万全を期してお越しください。 ・個展「FUK REC」トヨタカローラ福岡 立体駐車場外壁ギャラリー 「福岡」をテーマにした風景写真9枚を展示しています。 1枚がB0サイズ(1456 x 1030)なのでとても大きいです。 近くを通る方、ぜひご覧ください。 展示させていただきありがとうございます。 キャプションに場所を記

                                  スキ
                                  9
                                  • 生きてるだけで丸儲け、では済まない

                                    ■生きてるだけでは丸儲けでない。生きる意味が必要だ。それを考える余裕があるならまだマシなんて理屈はやめてくれ。 生きる意味、私にはある。撮ることだ。撮り続けることだ。それは、だれも答えを用意してくれない旅だ。それは、納得がいくまで撮り続ける長い長い旅だ。 いつからスタートしたか曖昧だが、HBK!と名乗ってかれこれ20年ほどは経った。名乗った当時のことを知っている人間はほんの一握りだ。それから、数年が経ちライブフォトグラファーHBK!として認知されだした。かれこれ13年前だ

                                    スキ
                                    18
                                    • 藁コングにて

                                      福岡、未曽有の大雪。とは言え予定通り行われる撮影にかけつけるべく佐賀に向かった1/9早朝。 4時間ほどで佐賀市内に到着。普段の4倍かかったが無事ついて一安心。 こんな大雪の状況を想定していなかったか撮影も押しに押して23時。 過酷なほど燃えるので恐る恐る車を走らすと、意外といけたので夜中の内に眠気がもつところまで移動。鳥栖市内のどこかで眠気が来たので眠る。確か深夜3時ころのはず。 6時過ぎ起床。極寒だったので車の暖房をつけて寝たのは当然で、ガソリンをすぐに給油できるよ

                                      スキ
                                      5
                                      • 手が伸びない

                                        枕崎の街についた。 東南の方角に日が昇るので、どこで撮ろうか地図で探した。 火の神展望台というネーミングが気に入ったのでそこに決めた。 夜明け前、7:00前に到着した。立神岩が人に見えて薄気味悪かったので撮った。 そこから見える指宿の開聞岳と曇り空もいい感じだった。そして、眠った。 徐々に明るくなったが不穏な曇り空が続いた。この空を撮って車で眠った。 数時間後、たしか10時過ぎたあたりから日が照ってきた。公園のシンボルみたいな像が光照らされていて美しかった。

                                        スキ
                                        4
                                        • 2020年を振り返る

                                          振り返ると言っても、山ほどの出来事があったのでとても文字化はできない。スライドショーにしたので見てください。 とても濃い1年でした。今年も私なりの人間賛歌を表現できたと思います。 BGMは、地元の仲間たちのバンド The Explosions - CONCRETE JUNGLE 歌詞の内容にこれほど共感するものもない。今年は特に共感してしまう。 なんて世の中だ。はやくこんな茶番が終わることを切に願う。 ステッカーを作りました。 こちらでお買い求めいただけます。

                                          スキ
                                          4