かずよ@江戸を研究する人

日本初、世界で通用するサービスを生み出すために江戸以前の文化を研究中。 近代化の中で忘れられてきた日本独自の文化の中にこれからの国際社会で生き抜くヒントがある!!

江戸の教育文化とこれからのビジネス - 【識字率世界一:その12】

日本初の育児書『小児必用養育草』 日本最初の育児書とされる『小児必用養育草』は、1703年、…

幼少期の年齢別教育法と男女差別 - 【識字率世界一:その11】

幼少期の教育のルーツ、『小学』 江戸時代の子育て論は『小学』『烈女伝』『礼記』『孝経』な…

寺子屋での競争の仕掛け - 【識字率世界一:その10】

寺子屋での競争 寺子たちは与えられた手本を何度も練習した後、ほぼ定期的に清書を提出する義…

寺子屋のリアル2 - 【識字率世界一:その9】

昨日の記事の続きです。 今回は寺子屋での『罰則』や『反省のプロセス』について纏めていきま…

寺子屋のリアル - 【識字率世界一:その8】

全国に5万校あった寺子屋 江戸時代、庶民は一般的に寺子屋(手習塾・手習所)に入門して読み…

絵本の誕生、“遊びと学び” - 【識字率世界一:その7】

絵入り図鑑の誕生 世界初の子ども絵本はチェコ共和国で生まれた『世界図絵』と言われており、…