D.O@ライフチェンジングコーチ

ライフチェンジングコーチと名乗り活動している、元デスメタルバンドマンのD.Oと申します…

D.O@ライフチェンジングコーチ

ライフチェンジングコーチと名乗り活動している、元デスメタルバンドマンのD.Oと申します。人生のほとんどを音楽家として生きてきたことで、私は壮絶な人生を送りましたが、そんな今までの自身の経験を通して「心とお金」に苦しんで来ている方を救っては、 幸せな人生へと導くお志事をしています。

マガジン

最近の記事

今の状況を変えたいなら

誰もがいつも、何かしら課題を抱えて生きています。 これからに対する不安だったり、 過去の失敗や挫折を引きずっていたり。 これは、今どんなに成功を果たしている人でも 全く何も抱えていないことはなく、 何か新しいテーマに直面しては闘っていたりするものです。 それくらい、現代人は いつも悩みを抱えて生きていることが普通で、 自分の人生の先が見えない恐怖を抱いているわけです。 でも、そんな恐怖ばかりが大きくなっていくと 誰だって「今を生きること」がしんどくなります

    • 心が疲れた時には

      新年度、スタートしましたね。     新しい生活の形が始まった方も多いかと思います。     今はまだ新しいことが始まったばかりですが、   新しいことが始まると決まって訪れることになりやすい 「不安」。     私達人間はいつもこの   不安と闘っていると言っても   間違いないと思います。     でも、どうしてもそれは   いくつかはやってくるもの。     そんな、不安などない人生を送ることができたら   今頃私達は思ったような人生を   もう既に歩んでい

      • モテるためには、これだけをやればいい

        モテると聞くと、あなたはどんなイメージを抱きますか? 「モテたいなあ!!」とか、 「モテていいなあ!!…」とか、 「モテるってチャラくない…?」とか、 様々な捉え方や感じ方があると思います。 その中でも、モテるってことに対して感じてしまう想いって 一言でいえば「うらやましいなあ」って気持ちではないでしょうか? その前に、ここで私が言っておきたいのは、 モテるって、俗的な性質ではなくて、 「人気のステータス」のことです。 容姿など関係なく、誰もが人としてモテ

        • 本日はTwitter内の「スペース」にて生配信番組を運営されている、元NHKアナウンサーのラクロワ恵梨香さんのラジオ番組へゲスト出演させて頂きました。 ボロボロだった過去の人生から一転し自分らしく活躍したその秘訣を話させて頂きました。 https://twitter.com/i/spaces/1kvKpmkqYWZGE?s=20

        今の状況を変えたいなら

        人気の記事

        人気の記事をすべて見る すべて見る

        尾﨑大祐が、ライフチェンジングコーチD.O として生まれ変わるまで

        【子育て中の主婦の方へ】子育てに疲れたらコレを読んで欲しい

        音楽に「オシャレ」という表現があることについて

        D.Oっていう黒歴史上の人物

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • コーチング
          D.O@ライフチェンジングコーチ
        • D.Oのこと
          D.O@ライフチェンジングコーチ
        • マインドセット
          D.O@ライフチェンジングコーチ
        • ノウハウ
          D.O@ライフチェンジングコーチ
        • コラム
          D.O@ライフチェンジングコーチ
        • ファイナンシャルプランニング
          D.O@ライフチェンジングコーチ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          前もって失敗が分かっていると、逆に成功できるという話

          あなたは、「失敗する」と立て看板に書いてある道って、 進むことができますか? きっと、その場で一度ためらって、 そしてそのまま進まないのではないか?と思います。 では、「失敗するかどうか分からない」と立て看板に書いてある道って、 進むことができますか? これ逆に、進むことを、もっとためらわないでしょうか? でも、どちらかの道を進まないと先に行けないのです。 だとしたらきっと、 どうなるのか分からない道を選んで進む人が多いかもしれません。 どうなるのか分から

          前もって失敗が分かっていると、逆に成功できるという話

          迷惑は、かけたっていい

          あなたは今、誰かに迷惑をかけて生きていたりはしませんか? 例えば、親からお金を借りていたり、 例えば、誰かに自分のことまでやってもらっていたり、 例えば、言った通りのことができていなかったり。 でも、きっと本当は 迷惑かけるつもりではなかったですよね。 だけど、仕方がなかったんですよね? 「そんなつもりじゃなかった…。」 だったらしなければよかったのに、あなたはどうして迷惑をかけてしまったのでしょうか? それは、「しないといけなかったから」ではないのでしょう

          迷惑は、かけたっていい

          昨日までの自分にGood bye

          誰だって、これまでの自分と さよならなんかできないもの。 でも、さよならをしたい時だって 人生の中で幾度かはある。 どうして、さよならしたいのか。 それは、 本当はさよならするつもりは無かったのに、 そうしないといけない何かが起こったから。 さよならを例え変えて言うのなら、 「変わりたい」 となるのでしょうね。 変わらなくてよかったら さよならなんかはいらないし さよならなんかは言わせない。 さよならは、やっぱり どうしてもさみしい。 さよなら

          昨日までの自分にGood bye

          人生は、まっすぐじゃない方がいいかも

          暖かくなりましたね。 花粉の量も多いみたいですね。 僕はおかげさまで 花粉に悩むことのない 幸せ者としてやって来れています。 このように、煩わしいことが この世の中で発生してしまうのはどうしてだろう? そんなことを考える自分がいます。 スムーズには行かない人生。 ここまで必死でやって来たのに、悪いことなんかしていないのに、 ダメな結果となることも 半分以上はあるのが人の道。 でもですね、人の気持ちを分かってあげられて 人を助けてあげられる自分となるために

          人生は、まっすぐじゃない方がいいかも

          一度は司会をやってみたい方へ

          僕は現在、喋るタイプの仕事で活躍をする人生に辿り着いてまして、 その仕事の中の一つに、実は司会進行があります。 司会は、専門でガツガツやっているわけではないんですが、 それでもありがたいことに、この僕のキャラクターが合う内容の催しには よく呼んでいただいて、司会を務めています。 僕も最初、ここまでやるつもりでは無かったこの司会ですが、 するようになって、できるようになって、 実は結構よかったなと感謝しています。 私生活や他の仕事に活きてるんですね。 なので今

          一度は司会をやってみたい方へ

          歌を唄うことの大切さ

          あなたは、歌を唄いますか? 歌を唄うことは、カラオケやステージで、 はたまた、ハミング(鼻歌や小声)などで 誰でも少しは唄うことがあるのではないでしょうか? もちろん、唄うことが苦手で嫌いな人が いらっしゃることも知っていますし、 唄わないと生きていけないわけではありません。 でも、歌とは「表現方法」の一つであり、 表現とは「自分を開放し心を出し表す」ことですから、 生きることへ直結するくらい大切なことだと 僕は思っています。 そして僕は昔から唄うことを

          「史上最悪の音楽」を演っていたことに対して、いまだに問い合わせが多い理由

          僕は現在、ライフチェンジングコーチとして、 今現在に悩みを抱えて生きている方を支える志事で 日々活躍をさせていただいています。 ですが、noteで触れ合ってくださっている方はもう 僕のホームページ内やプロフィール欄にて 存じてくださっておられるかとは思いますが、 僕は元々「どうしようもない人間」でした。 おまけにダメ押しで、昨年(2022年)の末に発覚した 自分が「発達障がい者」だったってこと。 これくらい、普通に生きることが難しかった自分として (かなり

          「史上最悪の音楽」を演っていたことに対して、いまだに問い合わせが多い理由

          このような夢を見ることってないですか?こんな時って、追われている何かがあるのでしょうか?自分を追い込んでいる課題というか。 夢の中ではどれだけ力を込めて走っても、少しも前に進まないがありますよね笑、ちいかわ読んでるとまるで自分達のことかのように描写が描かれているからグッと来ます。

          このような夢を見ることってないですか?こんな時って、追われている何かがあるのでしょうか?自分を追い込んでいる課題というか。 夢の中ではどれだけ力を込めて走っても、少しも前に進まないがありますよね笑、ちいかわ読んでるとまるで自分達のことかのように描写が描かれているからグッと来ます。

          D.Oの音楽活動のストーリー∞〜D.O and Brotherhood〜

          今回でラストですが、色々なドラマ?の中を潜り抜け進んで来た僕の、 現在の音楽での動きを報告しておきたいと思います。 今回も前回に引き続き、 自身の生い立ちを紹介するような記事を連載させていただきます。 (3年前に書いた、自身のブログからの転載・リライト記事となります) ブルータルメモリーズを終えて、再び1人になった 2016年、ブルータルメモリーズが終わり、 僕はまた1人になりました。 けど、以前のような孤独の独りではなく たくさんの仲間に囲まれながら1つのス

          D.Oの音楽活動のストーリー∞〜D.O and Brotherhood〜

          D.Oの音楽活動のストーリー⑤〜ブルータルメモリーズ〜

          D.Oの第二の人生は、ここから始まった。 それくらいブルータルメモリーズは、 感動を記憶に残してくれました。 今回も前回に引き続き、 自身の生い立ちを紹介するような記事を連載したいと思います。 (3年前に書いた、自身のブログからの転載・リライト記事となります) ヘビメタだったD.Oから、ポップスのD.Oでの再スタート 意気揚々とやっていたデスメタルバンド、RENEGADER。 そのデスメタルバンドの活動を終えたのは、 デスメタル以上に大切なモノに気付かされ

          D.Oの音楽活動のストーリー⑤〜ブルータルメモリーズ〜

          D.Oの音楽活動のストーリー④〜因幡ヘヴィメタル連合〜

          ここまで昔を振り返ってみると、 異端なことばっかやっていた当時の自分が、 今ではまあこんなにも変わったもんだと、 自分でも不思議に思います。 今回も前回に引き続き、 自身の生い立ちを紹介するような記事を連載したいと思います。 (3年前に書いた、自身のブログからの転載・リライト記事となります) 憧れた都会からリターンしたD.Oがやってみたかったこと 僕は2004年に、福岡県北九州市から、 地元の鳥取県鳥取市に帰りました。 音楽に対する熱意や、将来に描く目標は変わっ

          D.Oの音楽活動のストーリー④〜因幡ヘヴィメタル連合〜

          D.Oの音楽活動のストーリー③〜RENEGADER〜

          過去を振り返り続けていると、 否定していた過去の良かったとこ悪かったとこ、 よく見えていいですね。 今回も前回に引き続き、 自身の生い立ちを紹介するような記事を連載したいと思います。 (3年前に書いた、自身のブログからの転載・リライト記事となります) 都会から故郷へ…再スタートを切ったD.Oの、「Re:鳥取」での活動の野望はこうだった 22歳の時に、故郷の鳥取へ戻りました。 その前に、福岡でやっていたADVISORYのラスト1年という年に、 「地元への凱旋ライ

          D.Oの音楽活動のストーリー③〜RENEGADER〜