熊谷 聡子|絵本のこたち

絵本のこたちです。京都伏見で絵本屋をしています。絵本を通して、考えたこと感じたことを記していこうと思います。
    • 関西弁で読む遠野物語
      関西弁で読む遠野物語
      • 5本

      『関西弁で読む遠野物語』(エクスナレッジ)の著者、畑中章宏さんにインタビューしました。

  • 商品の画像

    空猫アラベラ

    空猫アラベラ 作|アティ・シーヘンベーク・ファン・フーケロム 訳|野坂悦子 本作りSola 2020年2月22日 初版第1刷 2021年2月22日 第2刷 手のひらに乗る小さな絵本。 8年前にお空の猫になったアラベラは、急におばさんに会いたくなります。 カゴに乗って地上にやってくるんですね。馴染みの猫たちとも久しぶりって感じで。 でも、人間には姿は見えません。だから、直接は伝えられないのですけど、 猫は見守っています。もとの飼い主が新しい生活をスタートするのを。
    1,320円
    絵本のこたち
  • 商品の画像

    こうしてヒトになった

    こうしてヒトになった 作|マイケル・ブライト 絵|ハンナ・ベイリー 訳|堀江里美 化学同人 2020年10月 第1刷 のちに人類となる霊長類にはある重要な機能が失われていました。 それは、体内でビタミンCを作ることができなかったのです。 そのため、果物を探し求める旅が、初期の人類の進化の流れをかたちづくりました。 歩き出した「アルディ」、道具を使った「ルーシー」、火を使い、狩をし、農耕を考え、 1000年前には、ワクチンの一種といえるものも登場していました。 さて、人類の進化は終わったのでしょうか? 我々人類は、今後どうなっていくのでしょうか?
    2,210円
    絵本のこたち
  • 商品の画像

    クジラが歩いていたころ

    クジラが歩いていたころ 作|デューガル・ディクソン 絵|ハンナ・ベイリー 訳|橋本あゆみ 化学同人 2020年10月 第1刷 およそ5億4千年前、突然、硬い殻を持つ生物が現れました。それは化石として残ります。 だから、この頃から進化の過程がはっきりと分かるようになりました。 始めは水中で暮らしていた生物が陸にあがり、空を飛び、 大災害を生き残り、様々な姿に変化しました。 ワニが世界を支配してたころ、鳥に歯があったころ、小さなゾウがいたころ、などなど 美しいイラストと簡潔な解説、豊富なコラムで太古からの進化の旅に夢中になります。
    2,210円
    絵本のこたち
  • 商品の画像

    周期表トートバッグ

    周期表トートバッグ 大人気の黒板周期表デザインです サイズ: 縦30✖️横35cm(かばん部分) 持ち手は、大人が肩にかけやすい長さです。 化学同人
    1,650円
    絵本のこたち
  • もっとみる
固定された記事

『関西弁で読む遠野物語』その1|なんでまた、『遠野物語』を関西弁に?

『遠野物語』が柳田国男の手によって出版されてから、今年で110周年になります。 柳田と同じく、関西出身の民俗学者、畑中章宏さんの新刊『関西弁で読む遠野物語』について…

やまね智史さんに聞く どうして政治家になったんですか?

2021年2月20日、二度目の緊急事態宣言のなか、聞き取りに回っておられた伏見区選出の共産党市会議員やまね智史さんが、絵本のこたちにもきてくださいました。TwitterやYouT…

『すずちゃんの のうみそ』

『すずちゃんの のうみそ』(岩崎書店)の著者で、すずちゃんのお母さんである竹山美奈子さんが、京都市での講演会の帰りに絵本のこたちにお立ち寄りくださいました。 『す…

『ポラーノの広場』を探しに

青がベースの表紙は、山の稜線を際立たせる夕陽の朱が昼と夜の境界線をひいています。野原を歩く3人の男の足元を白いつめくさが、地上の星のように仄かに照らしています。…

ほんとうの星✖️そらごとの月 その2

人の話、聞かないんです ーうちの末っ子が幼稚園の頃、戦場の絵をよく描いていて、ミサイルが飛び交ってて兵士が血を流したりお墓がいっぱいあって残酷なんです。本人は平…

ほんとうの星✖️そらごとの月 その1

よく分からないけど、なんかいい 2020年8月、長田真作さんの新刊『ほんとうの星』『そらごとの月』が303BOOKSさんから2冊同時に発売になりました。 率直に申し上げると…