codama|うたい僧

アーティスト。 ピアノの弾き語り他、「ブランコノリ」、「遇々(たまたま)」で音楽活動、 自身の仏道探求の一環として各種イベント企画・ディレクションも。 僧侶、坊守。 https://pont.co/codama

codama|うたい僧

アーティスト。 ピアノの弾き語り他、「ブランコノリ」、「遇々(たまたま)」で音楽活動、 自身の仏道探求の一環として各種イベント企画・ディレクションも。 僧侶、坊守。 https://pont.co/codama

    マガジン

    • 『今こそジェンダー!35の問い』の話

      仏教とジェンダーの今について、学びを深め、対話する。決まったゴールを定めず、プロセスそのものを価値と考える。問う行為は、問われる行為。 そんな機縁に恵まれているので、何かしらアウトプットしていきたいと思います。    ▷ 練心庵 https://renshinan-sone.jimdofree.com/ ▷ 今こそジェンダー!35の問い https://onl.bz/EUAuAvB

    • 日々是詠日

      日々の詩・短歌・俳句(自由律含む)・雑文の記録。

    • liveアーカイブ

      「ブランコノリ(音楽ユニット)」・「遇々-たまたま-(念仏系めおとユニット)」・「codama(ピアノ弾き語り)」として演奏した際のライブ映像などをまとめ中。道半ば。

    ストア

    • 商品の画像

      スマホケース(クッションバンパー)| めいてい

      スマホケース(クッションバンパー)| めいてい __________ 酩酊して楽しくなってしまった時のイメージを、 クリアケースの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 側面はTPUバンパー素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 全体的に柔らかい素材で、取り外しも簡単です。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 裏面部分:ポリカーボネート 側面部分:TPU素材 iPhone art 透明 クリア
      3,900円
      codamas03
    • 商品の画像

      スマホケース(クッションバンパー)| かけらの泡

      スマホケース(クッションバンパー)| かけらの泡 __________ 水に沈んだガラスの破片のイメージを、 クリアケースの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 側面はTPUバンパー素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 全体的に柔らかい素材で、取り外しも簡単です。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 裏面部分:ポリカーボネート 側面部分:TPU素材 iPhone art 透明 クリア
      3,900円
      codamas03
    • 商品の画像

      スマホケース(クッションバンパー)| めいてい

      スマホケース(クッションバンパー)| めいてい __________ 酩酊して楽しくなってしまった時のイメージを、 クリアケースの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 側面はTPUバンパー素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 全体的に柔らかい素材で、取り外しも簡単です。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 裏面部分:ポリカーボネート 側面部分:TPU素材 iPhone art 透明 クリア
      3,900円
      codamas03
    • 商品の画像

      スマホケース(クッションバンパー)| かけらの泡

      スマホケース(クッションバンパー)| かけらの泡 __________ 水に沈んだガラスの破片のイメージを、 クリアケースの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 側面はTPUバンパー素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 全体的に柔らかい素材で、取り外しも簡単です。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 裏面部分:ポリカーボネート 側面部分:TPU素材 iPhone art 透明 クリア
      3,900円
      codamas03
    • もっとみる

    最近の記事

    「子なしハラスメント」と正義の所在

    お寺界隈の事情  嫁いだ女性が跡取りを産まねばならない、というのを慣例として是とするお家柄は種々様々あるだろう。世襲制のお寺も、間違いなくその一つだ。  30歳を過ぎて田舎のお寺の跡取り息子である夫と結婚した私は、幾度となくこの言説に晒され、その度に大なり小なり傷ついてきた。明らかな人権侵害の言葉が当然のように浴びせかけられる日々に、私は家畜ではない、とか、私の子ども云々に口を出せるのは夫だけ、とか、今の世の中それは明確なハラスメントだ、とか言ってみたところで、どこ吹く風

      • 音もなく白くたおやぐ夜をゆく猫に寝床を寝床の猫と

        • 遇々(たまたま) LIVE|2023.1.14

          山内桂さんの新しいアルバム “モリ” レコ発ライブ  @ 博多art space tetra ______________  2022年12月の大分AT HALLに続いて、桂さんのレコ発ライブ、今度は博多art space tetraでのご縁を賜った。  tetraのメンバーであり、ソプラノサックスとバスクラリネットの即興演奏家である中村勇治さんと、遇々を含めた3組のライブ。  当日、スマホで動画を撮影していたつもりが、5秒しか撮れておらず、記録が残っていない。我なが

          • codama LIVE|2022.12.19

            山内桂さんの新しいアルバム “モリ” レコ発ライブ  @ 大分AT HALL ______________  桂さんの言によれば「ソプラニーノサックスのみの小品集はおそらく世界初」。そんなアルバムのレコ発に、ご一緒させてくださるご縁を賜った。  演奏する桂さんは、なんだか木のようだった。大きく、静かに、揺蕩う光のような生命力を発する演奏で、あっという間の1時間。  翌日「木には寿命が無い」と教えられ、木にみえた理由がなんとなく腑に落ちた。  初めてお邪魔した大分の老舗、

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 『今こそジェンダー!35の問い』の話
            codama|うたい僧
          • 日々是詠日
            codama|うたい僧
          • liveアーカイブ
            codama|うたい僧
          • みちくさ道場
            codama|うたい僧
          • unison-graphed
            codama|うたい僧
          • ブランコノリの詩
            codama|うたい僧

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            絵仏 0.0

             小粥さんという絵師がいる。  単身ネパールに渡って緻密なチベット仏画を仕上げて戻ったかと思えば、「株式会社涅槃」(そういえば何の会社なのか知らない)で神仏を登場人物としたゆるめの漫画を描いていたりする。  2021年9月に「修行vs煩悩 - 日本仏教のある現在地 -」と題し、真宗大谷派の僧侶であり漫画家・作家・イラストレーターのみつざわひろあきさんと、いつからかInstagramで気になって仕方なくなっていた小粥さんの二人展を企画させてもらった。そんなところからのご縁で、

            詩|凡庸な祈りへ

            その目が最後に映したものは 何だったろう 産みおとし慈しんだ 四肢のとめどない歓声が いのちを輪にしてまわる 硬く冷たい体をはなれた その目は今何をみる 本能を挫かれ果てた切望が 途切れた先で跳躍する とめどない波紋を描いて 追いかけるように 善なる何かを祈らずにいれたら 下へ下へと滴る如くに 辿りつかない 祈りはこの身を離れることなく 深く深く燃やし続ける おそれに毛を逆立てたまま ほんとうのことを告げよう 謝罪は受け取らず 風に乗って去る そして二度と戻らぬ と

            猫のサーカス団が一大スペクタクルで見舞う床の身の上

            同じ穴を埋めに

            会ったことのある人も 会ったことのない人もいる 関係があるというほどには 何の関係もない 私たちにはみんな 同じ穴が空いている それが唯一の共通項 ほかには何もない 同じ姿を見ては 同じ音を聴いて それぞれに 全然違うもので その穴を埋めて 全然違う道を 歩いて帰る 海の底さえ地続きの世界で

            原子たちの音楽

            たくさんの細胞でできている ということは 生命の音が刻むリズムは いつだってEDM ウメノキゴケの白を背にして 揺れる季節はずれのホトケノザ

            顎を突いてくる肉球の湿り気

            石碑のうた

            慰霊というのは ただわたしを慰めている 街中の広場には誰もいない 聳え立つ熱 慰霊というのは 忘れ去られることを知っている 願いの燃え滓が遠く浅く 散らばっている 慰霊というのは 歴史を装って閃く 木陰や鳥やボールや温度に こだまして泣く

            codama LIVE|2022.10.29

            capture late morning live 4  @ art space tetra ______________  ソプラノサックスやバスクラリネットでの即興演奏が主なスタイルの中村勇治さん。ここしばらく「朝活ライブ」と銘打って、週末のお昼前に1時間に満たないライブを定期開催している。毎回ゲストを招いて、中村さんとのコラボレーションが見どころのひとつであるこの「capture late morning live」の4回目のゲストとして、ピアノの弾き語りでご一緒さ

            詩|住処

            朝が来て 夢かおる 昼の間に 照り流されて 夜に落ち ことば遊ぶ まにまに 眠る おやすみなさい _____  という詩を、前住職である義理の父のご往生直後に書いて、そのままメロディをつけたのが2020年2月。いちど曲にして、しっくりこなくて塩漬けて、先日、即興演奏家の中村勇治さんが声をかけてくださった朝活ライブで久々に演奏してみたところ、なんとなくこういう感じで深めてみようと思われた。という、そのライブ映像がこちら。

            皮を剥く橙の実が朝の食むまま闇に溶けつぎのひを待つ

            第1回 法話のど自慢 世界大会

             2022年10月16日(日) 14時、広島県福山市にある本願寺備後教堂にて、その大会は始まった。  私の役目は、実行委員の一人としておよそ10ヶ月にわたる(ものの、数回の)企画会議に参加することと、大会ホームページを作成すること、そして当日、5人目にして最後の出場者として法話をし、歌うことだった。  私が得度式(お坊さんになる儀式)を受けたのは、大会前夜のこと。図ったわけではなく、遇々流れでそうなった。大会への出場が決まった段階ではお坊さんでなかっただけでなく、お坊さんに

            老僧の放つ震える声ひとつ 先立つ先の岸の音に落つ