マガジン

  • 犀の角講

    かつて、仏教のお話を聞く人の集まりを「講」と読んだそうです。僧俗関係なく平場に座り、ほかでもない、ただこの「わたし」のことを考え、知らされていく。 そんな集いに倣う「講」のプロジェクト。

  • みちくさ道場

    お寺とは無縁の人生でした。かくかくしかじかで、今は僧侶です。仏道をみちくさしながら、出遇った何かを書いています。

  • 仏教 × ジェンダー あれこれ

    仏教とジェンダーの今について、学びを深め、対話する。決まったゴールを定めず、プロセスそのものを価値と考える。問う行為は、問われる行為。 そんな機縁に恵まれているので、何かしらアウトプットしていきたいと思います。    ▷ 練心庵 https://renshinan-sone.jimdofree.com/ ▷ 今こそジェンダー!35の問い https://onl.bz/EUAuAvB ※ 「今こそジェンダー!35の問い」の連続講座は終了しましたが、仏教×ジェンダーについて、引き続き考える活動を続けています。

ストア

  • 商品の画像

    スマホケース(強化ガラス)| 水中描画

    スマホケース ( 強化ガラス ) | 水中描画 __________ 水の中に描かれた揺れ動く色彩のグラフィックを ガラスの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 身近に「水」を感じられるスマホケースをお探しの方のお手元に。 側面はTPU素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 14/14 pro iPhone 14 pro Max iPhone 14 pro Plus iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 強化ガラス TPU(ウレタン樹脂) 手書き iPhone ガラス art 抽象 水彩
    3,900円
    codamas03
  • 商品の画像

    スマホケース(クッションバンパー)| 水中描画

    スマホケース(クッションバンパー)| 水中描画 __________ 水の中に描かれた揺れ動く色彩のグラフィックを クリアケースの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 身近に「水」を感じられるスマホケースをお探しの方のお手元に。 側面はTPU素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 全体的に柔らかい素材で、取り外しも簡単です。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 14/14 pro iPhone 14 pro Max iPhone 14 pro Plus iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 裏面部分:ポリカーボネート 側面部分:TPU素材 iPhone art 透明 クリア
    3,900円
    codamas03
  • 商品の画像

    スマホケース(強化ガラス)| 水中描画

    スマホケース ( 強化ガラス ) | 水中描画 __________ 水の中に描かれた揺れ動く色彩のグラフィックを ガラスの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 身近に「水」を感じられるスマホケースをお探しの方のお手元に。 側面はTPU素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 14/14 pro iPhone 14 pro Max iPhone 14 pro Plus iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 強化ガラス TPU(ウレタン樹脂) 手書き iPhone ガラス art 抽象 水彩
    3,900円
    codamas03
  • 商品の画像

    スマホケース(クッションバンパー)| 水中描画

    スマホケース(クッションバンパー)| 水中描画 __________ 水の中に描かれた揺れ動く色彩のグラフィックを クリアケースの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 身近に「水」を感じられるスマホケースをお探しの方のお手元に。 側面はTPU素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 全体的に柔らかい素材で、取り外しも簡単です。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 14/14 pro iPhone 14 pro Max iPhone 14 pro Plus iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 裏面部分:ポリカーボネート 側面部分:TPU素材 iPhone art 透明 クリア
    3,900円
    codamas03
  • 商品の画像

    スマホケース(クッションバンパー)| めいてい

    スマホケース(クッションバンパー)| めいてい __________ 酩酊して楽しくなってしまった時のイメージを、 クリアケースの透明感を活かしてスマートフォンケースにしました。 側面はTPUバンパー素材で衝撃に強く、熱を逃がします。 全体的に柔らかい素材で、取り外しも簡単です。 ▼ ご購入方法 <備考欄>にご希望の機種をご記入ください。 名入れも承っております。(+300円) お気軽にお問い合わせください。 ▼ 対象機種 iPhone 14/14 pro iPhone 14 pro Max iPhone 14 pro Plus iPhone 13/13 pro iPhone 13 pro Max iPhone 13 mini iPhone 12/12 pro iPhone 12 pro Max iPhone 12 mini iPhone 11 pro iPhone 11 pro Max iPhone 11 iPhone XR iPhone X/XS iPhone XS Max iPhone 7/8/SE2 ▼ ご注意事項 受注制作のため、ご注文いただいてからお届けまでに、 約2週間程度のお時間を頂戴しております。 ▼ 素材 裏面部分:ポリカーボネート 側面部分:TPU素材 iPhone art 透明 クリア
    3,900円
    codamas03
  • もっとみる

最近の記事

犀の角・第二夜 「有/無」 :前夜

 結局のところ、私たちは単に言葉をやりとりしているのであって、意味などやりとりしていない。  例えば、目を閉じて自分というものをイメージしてみる。それを言い表そうとすれば、さまざまな言葉になるだろう。何の仕事をしている。どんな家族構成である。好きなことは何で、苦手なものは何か。そういった、自分の言葉による自分のありさま。  一方、他者からみた自分、他者の言い表す自分というものがある。おおよその年齢や、性別、服装の趣味や髪型から醸しだされる雰囲気など。 自分というもの、その境

    • 詩|シーラカンスの翅

      大きな木には魚が住むという ずっと昔に姿を消したままの とうめいな空を泳いでわたる 雲の波間に遊ぶうろこの群れ 神さまのはじまりは 虹を追う手の爪に花 カタコトの肌で語り明かそう さざめくおなかにみえない光を探そう いちばん遠い空のどこか 雨にそそがれ枝葉にねむる 夢のなかにみなもを走る翅 言の葉の種を生む 風を模す唇の耳 叶わない夜をおどりうたおう 星の輪郭に消えない光を描こう いちばん深い沖の底へ 名前を呼んで 誰も知らない名前を いちばん大きな木の下で

      • 犀の角・第二夜 「有/無」 : 「わたし」は有るか無いか

         そのとき、まずどこからどこまでが「わたし」だろう。  手のひらを眺めてみる。わたしの手。という名の物質。目に見えているし、触ることもできる。有るか無いか。当然、有るだろう。  もう少し広げて、今度は鏡に全身を映して眺めてみる。わたしという人間。鏡を使えばすべてではないが大体見える。全体的に触ることもできる。有るか無いか。やっぱり有るだろう。  さらに広げて、今わたしがいる場所を見渡してみる。目をやれば、見たいところは大体見られるし、触りたいものには触ればいい。その場所

        • イマ・ココ・満堂

          <御讃題> 南無阿弥陀仏をとなふれば 十方無量の諸仏は 百重千重囲繞して よろこび守りたまふなり ————————————————————  「石に布団は着せられず」というが、どうなのか。確かに、布団を着せるのはちょっとおかしいかもしれないが、そもそも石になお手をかけたいというようなかたじけない感じは、きょうびどのくらいの人が共感できるものだろう。洗ったり、磨いたりということなら布団をかけるよりは理にかなって、石に集中している感じはするものの、だからなんだと思う人も多いの

        犀の角・第二夜 「有/無」 :前夜

        マガジン

        • 犀の角講
          7本
        • みちくさ道場
          10本
        • 仏教 × ジェンダー あれこれ
          8本
        • 日々是詠日
          39本
        • unison-graphed
          4本
        • ブックエンドの隣
          3本

        記事

          法話|ミャンマー音楽の謎めいた世界へ

           「なんもない夜座」というご法座を、しばしば行っている。  今回はこちら。  ご法座なので、お勤めもすれば、ご法話もある。ご法話のご縁があればまず原稿を書く。ミャンマー音楽をご縁に、こんな内容になった。 法話 <御讃題> 清風宝樹をふくときは いつつの音声いだしつつ 宮商和して自然なり 清浄勲を礼すべし  ようこそのお参りでございます。ここ明行寺は、浄土真宗本願寺派という宗派のお寺です。阿弥陀如来さまを拝み、「南無阿弥陀仏」とお念仏を申します。  今夜は音楽の会で

          法話|ミャンマー音楽の謎めいた世界へ

          犀の角のようにただ独り歩みたいものです。

           信じられないようなことで、自分にとって最も身近な人を許しがたく感じてしまうことがある。  例えばこんな感じ。夫の後にお風呂に入った妻が、洗顔用の石鹸が浴室の床に落ちているのを見つける。夫の仕業に違いないが、わざとやったわけではないことは明らかだ。おおかた、疲れてうとうとしながら顔を洗い、落としてしまったことに気づかなかった、そんなところだろう。分かってはいるが、妻は苛立つ。いくらするのかわかっているのか。もう2度とその石鹸は、夫には使わせまい。そんなことを考える。では、同

          犀の角のようにただ独り歩みたいものです。

          なんもない夜座 #3

           ご法座は、なんもない日にやったっていい。特別な人たちがやってきて、特等の音を鳴らす夜は、特に。  12月に行われた「なんもない夜座 #2」に続く、第3回目の開催。  今回の特別なゲストは、ミャンマーに渡って現地の音楽を調査し続けている村上巨樹さんと、糸島在住のピアニスト、河合拓始さん。  現地から戻るたび、「ミャンマー音楽の謎めいた世界へ」と題して日本中を巡り、調査結果を発表し続けている村上さん。私は昨年3月に、博多art space tetraで行われた前回のツアー

          なんもない夜座 #3

          「〇〇(夫の名前)の奥さん」と呼ばれることについて

           お寺にたくさんのお参りがある年末年始。ご門徒方はもちろんだが、友人たちもまた、お寺に足を運んでくれる機会が増える。除夜会の準備や運営は、いまや友人たちの協力なくしては成り立たない。無条件で手を貸してくれるかれらの、なんと有難いことだろう。  私は福岡県はおろか、九州の出身でもない(嫁いで来るまで住んだこともない)。なので、近隣の友人たちは皆、もともと夫の幼馴染や同級生と、その家族だ。移住して丸6年、一緒にお酒を飲んだり遊んだりしながらお互いのことを知り、やがてかれらは私にと

          「〇〇(夫の名前)の奥さん」と呼ばれることについて

          法話|冬至の夜の演奏会

           「なんもない夜座」というご法座を、しばしば行っている。  今回はこちら。  ご法座なので、お勤めもすれば、ご法話もある。ご法話のご縁があればまず原稿を書く。冬至と音楽をご縁に、こんな内容になった。 法話 <御讃題> 無明長夜の灯炬なり 智眼くらしとかなしむな 生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ  今日は、冬至です。一年のうちで最も夜が長い。 浄土真宗の御開山、親鸞聖人は、煩悩に覆われた私自身の姿を「無明長夜」と喩えられました。どこまでも終わりなく続く、明か

          法話|冬至の夜の演奏会

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ④ 暴力の前置き(ふりかえり)

           終わってみれば、体感としては2秒くらいで、当日撮影された動画を観るまで何も書くことができなかった。自分の認識能力の低さに絶望しつつ、あらためて参加してくださったみなさま、開催に尽力してくださった師匠方、急遽の要請にも関わらず動画を撮影・編集してくれた前野氏に、心から御礼申し上げたい。大大大大大感謝。合掌。礼拝。(追ってこの日の動画を公開する予定) セットリスト  codamaのピアノ弾き語りライブパートは、アンコールを除いて5曲演奏させてもらった。内容は以下の通り。

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ④ 暴力の前置き(ふりかえり)

          詩|青

          お世話になったMさん、と いつもお話を聞かせてくれるOちゃんへ。 ———————————————————— この街の朝は霞んで 硬い地面に溶けている 射した光の強いこと 焼けついた影が消えず どこまで踏んでもひたすらに 足音はただ行ったきり 悲しいものを悲しいままに また会う日などこなくても この街に返す踵は 夕映の空に飛んでいく 照す光は曇なく 迫る帳は巡るだけ 吸い込んだ息を次に吐く それだけをただ聴いている 寂しいものは寂しいままに また会える日がくるよう

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ③ 娑婆なう

           今回の企画は、トーク&ライブ。トーク、つまり話すこと。そしてライブは、今回の場合は歌うこと。共通点は「言葉」を介するということだろうか。「言葉」とは一体何か、という問いの答えは面白いことに辞書をひいても分かったような気がしない。試しにやってみてほしい。「言葉」の正体を「言葉」で明らかにしようとするのは、人が自分で自分を認識することができないのと同じようなことなのかもしれない。 「言葉」  思考のツールである、というのは「言葉」の一つの用法だろう。浄土真宗本願寺派の僧侶で

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ③ 娑婆なう

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ② 自己紹介

           普段何をしているのか、とよく聞かれる。「お寺の奥さん」(にしてはまだ若め)みたいな者を相手に会話のネタを探せば、大体そんなことになるしかない。掃除はしているんだろうな、とか。来客にお茶を出すんだろうな、とか。想像に難くないことは、もちろんする。  会社勤めをしていて、特に転職経験のある人は、会社の数だけ会社がある、と言われれば、まぁそうだよな、と思うのではないだろうか。お寺も同じだ。お寺の数だけある。お寺の奥さんがそこで何をしているかは、お寺によって異なるだろう。人を雇った

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ② 自己紹介

          詩|なずな

          瞼の水平線に注ぐ声 なずなを揺らす耳にふれるまで 立つ瀬のみぎわにせめぐ文字の群れ 薄荷の匂いでつなぐ背くらべ 幼い日の窓を叩く 細い足音が波間に 帰り着く頃にはコーヒーの 湯気が鼻先に消えるから ドアを開けなくちゃ らくだのオルゴールは砂の夢 まくらを裏返してもう飛んでみて 瞼の水平線に注ぐ声 なずなを揺らす耳にふれるまで

          詩|なずな

          なんもない夜座 #2

           ご法座は、なんもない日にやったっていい。特別な人たちがやってきて、特等の音を鳴らす夜は、特に。  4月に行われた「なんもない夜座 #1 U-Zhaan × 石濱匡雄」に引き続く、第2回目の開催。  特別なゲストは『Salmosax / Contrabass sax : 山内桂』、『Piano duo : 杉山裕子 × 小玉恵美』の二組。  一年のうちで最も夜が長い日の、陽が落ちた頃にはじめます。  出演者の一人である小玉恵美は、私の実の姉。子供の頃は、姉が練習してい

          なんもない夜座 #2

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ① 企画のご縁

          昔のインド人は言いました  仏教以前、インドの哲人は言った。 「汝、それなり」  また、別のインド人は同じことをこう言った。 「自己とは、に非ず、に非ず、としか言えない」  その後、仏教を開いた釈尊は、人間の存在を見据えて言った。 「独生 独死 独去 独来」  誰しも「私は生きている」と思っている。当然、私も思っている。私は生きている。あたりまえだ。しかし、あたりまえのことほど不思議なものはない。「あたりまえ」とは、それを正しいことだと仮定してその先を規定するよ

          犀の角・第一夜 「ひとり」 : ① 企画のご縁