長南 浩

IT エンジニア。本業とは別に Ubuntu 関連の記事を書いたり占い師してたりします…

長南 浩

IT エンジニア。本業とは別に Ubuntu 関連の記事を書いたり占い師してたりします。 英国占星術協会会員。 Twitter: @chonan

最近の記事

  • 固定された記事

2024年運勢展望〜春分図・日食図を読む〜

みなさまこんにちは。長南です。2023年もはやいもので師走12月に突入しました。まだ「暮れ」というのにはタイミング的に早いような気がしますが、来年2024年の運勢展望をお届けしたいと思います。 2023年運勢展望のおさらい毎年恒例のこのコンテンツですが、毎回1年前に書いたことがどのくらい当てはまったのかを振り返ることをやっています。前回の記事はこちらです。 占い師って「その場その場で適当なこと言うだけで当たるかどうか検証しないよね」とよく言われますが、noteは過去の記事

有料
100〜
割引あり
    • 「ジャンク GINGA SYSTEM LG1001」はミニPCの夢を見るか

      みなさんお久しぶりです。長南です。 前回PC方面で「Let'snote CF-NX3 のBIOSパスワードロックを解除した話」という記事を書いたのですが、想定よりも人気の記事になっているので、ジャンクパーツのお話の第二弾ということで、またもや GENO GCPASS の店頭で購入したものを取り上げてみたいと思います。 ちょっと有料要素も準備していますが、ぶっちゃけ蛇足なところだと思いますので、購入されなくても十分に楽しめる内容です。 また、今回はジャンク品を扱うとう点では

      有料
      100
      • G7 ゼレンスキー大統領 原爆死没者慰霊碑献花時のホロスコープについての私見

        みなさんこんにちは。長南です。この記事を書いているのは2023年5月なのですが、昨年末に書いた「2023年運勢展望〜春分図・日食図を読む〜」記事の内容が興味深い形で実現しつつあるのに記事を書いた私自身が驚いています。「そーか、そうくるのかー」という感じです。 さて、この記事を書いたのは、広島で行われたG7主要先進国首脳会議に電撃的に参加したウクライナのゼレンスキー大統領についてです。日本・そして広島といえば核兵器が投下された都市として世界的に有名なのは私が述べるまでもないの

        • 鴻上尚史氏の「成人の日によせて」について勝手に推敲してみた

          みなさんこんにちは、長南です。 2023年の成人の日を前に、鴻上尚史氏が時事通信より成人の日によせる原稿の依頼を受けていたものの、20ヵ所以上の修正を要求され納得できないので決裂したとの書き込みがTwitterに投稿されました。 Twitterでは「直す必要のない名文なのに何故?」「『体言止めが美しい』とは」という反応がありましたが、私は文章としてはそれほど美しくもなく、仮に私が編集者だったら20ヵ所どころかリライト(書き直し)を要求していたかもしれないと思いました。ただ

        • 固定された記事

        2024年運勢展望〜春分図・日食図を読む〜

          2023年運勢展望〜春分図・日食図を読む〜

          みなさまこんにちは。長南です。2022年もあとわずかとなりました。個人的には年末感もクリスマス感も皆無なのですが(笑)、暮れの定番コンテンツの来年の運勢展望をお届けいたします。 2022年運勢展望のおさらいその前に、2022年がどのような年であったのか、去年末に私が書いた展望はどうだったのかふりかえってみたいと思います。昨年私はこんなこと書いておりました。 「2022年前半に大きな課題に直面する可能性あり」というのは2022年5月の日食図を見て書いた内容で、12ハウスがキ

          有料
          100

          2023年運勢展望〜春分図・日食図を読む〜

          ショート・ショート「甘い話」

          みなさんこんにちは。長南です。 突然ですが、数年前に書いてそのまま存在すら忘れかけていた掌篇をあろうことか掘り返してしまいまいた。いまさら感も否めないのですが、恥知らずな感じで掲載したいと思います。 記事自体は有料記事(100円)と設定しますが、最後まで読むことができるようにいたします。実験的に、執筆するに至った当時の経緯や裏話・オマケを有料部分に書いてみたいと思います。 うまく書けたかどうかは全く自信がないのですが、もし気にいってくださったら記事にコメントしていただい

          有料
          100

          ショート・ショート「甘い話」

          Let'snote CF-NX3 のBIOSパスワードロックを解除した話

          みなさんこんにちは、長南です。 今回は占い・オカルト関係ない話で恐縮ですが、事情があって有料設定の記事を書き残しておかなければいけないので、非オカルトな話だけれどもnoteを使わさせていただだきます。 たまに発症する「ジャンクPCいじりたい病」私のことをある程度知っている方は、私の本業がIT分野のお仕事だということを知っているかと思います。そんな仕事をするとたまにヘンなスイッチが入って「誰得」なものに手を出したりすることがあります。 この記事では触れませんが最近手を出し

          有料
          1,000

          Let'snote CF-NX3 のBIOSパスワード…

          好事家・玄人向けのサバイバルキット

          みなさんこんにちは、長南です。noteではずいぶんごぶさたしております。突然ですが、プロ(?)向けの情報を有料で出していく試みをしてみたいと思います。 更新遍歴など 2022/7/11 米国国会図書館の説明、フリーメイソン関連の記述を追加 2022/8/8 フリーメイソン関連の資料を追加 前口上ここ最近(2021〜2022年)、占いやオカルト関連の話題をとりあげようとすると、どうしても陰謀論や、反ワクチン方面との言説と被って変な誤解を持たれる恐れがおおく、SNSを含め

          有料
          1,000

          好事家・玄人向けのサバイバルキット

          2022年運勢展望〜春分図・日食図を読む〜

          みなさまこんにちは。長南です。気がつくと2021年もあとわずかとなってしまいました。ということで、暮れの定番コンテンツとなった来年の運勢展望をお届けいたします。 2021年運勢展望のおさらい2021年ですが、振り返ってみると2020年から引き続きコロナ禍による行動の制限や社会の変化にずっと翻弄されてきた1年だったといえるでしょう。去年末の運勢展望にはにはこんなことを書いておりました。 2021年のキーとなるのは海王星と土星。一見目に見えずわかりづらい作用をもつものにたいし

          有料
          100

          2022年運勢展望〜春分図・日食図を読む〜

          タロットカード海賊版の注意喚起についての私見

          みなさんこんにちは。長南です。 最近の世相を反映してか、タロット占いの勉強を始める人が増えてきているように思います。タロット占いをやるためには道具を揃えないといけないわけですが、一番重要なのはもちろんタロットデッキ(カード)です。このタロットデッキですが、最近は中国で作られた「海賊版」が出回っているようです。最近ではタロットカードやトランプを扱っているニチユーのTwitterアカウントがこのように注意喚起を行っています。 まあ「海賊版」なんて出回らないほうがいいに決まってい

          タロットカード海賊版の注意喚起についての私見

          中高年男性と数珠ブレスレット

          みなさんこんにちは。長南です。 今日もまた例のごとくTwitterを徘徊していたら、文春オンラインが非常に興味ぶかい記事を掲載していました。 中高年男性が数珠ブレスレットを持ちたがるということ 「数珠ブレスレット」が「中高年男性」にというのがなかなかに新鮮です。数珠ブレスレット(あるいは天然石ブレスレット)はたしかにオカルト関連の界隈で付けている人が多い印象がありますが、占いとセットで顧客に売りつけるのというのは昔からある霊感商法の常套手段です。占いイベントなどでは来場者

          中高年男性と数珠ブレスレット

          Clubhouseが嫌い

          みなさんこんにちは。長南です。 2021年2月に音声SNSサービスのClubhouseが日本で大きな話題を呼んでいます。報道によると政治家や自治体が情報発信のツールとして使いだしたことが報じられ、 Twitter には利用をはじめるための「招待」を求める書き込みがあふれています。 日本在住のユーザーが利用できるようになってから、このような過熱状態になっているのですが、率直に言って個人的にこのClubhouseは嫌いです。感覚的にいうならばdislikeよりもhate気味の「

          Clubhouseが嫌い

          オカルトメディアとそのリテラシー

          みなさんこんにちは。長南です。 朝日新聞が「陰謀論」をテーマに特集を展開する中で、雑誌「ムー」の編集長が「Qアノン」で盛り上がっている人たちに「陰謀論への免疫が足りない」と語っていたのが記事にされました。 朝日新聞に「ムー」編集長登場この記事はTwitter上でも話題になり、Togetterでもまとめが作られているようです。 note のプラットフォームを使って「ムーPLUS(あえてリンクは張りません)」を展開してがんばって(?)いるところを批判するのは若干気が引けますが

          オカルトメディアとそのリテラシー

          誠実に生き、誠実に占うということ

          みなさんこんにちは。先日このようなnote記事を書きました。 非常によく読まれているようで、私のnote記事の中では、将門塚の記事やマヤ暦ねたの記事を上回り一番読まれている記事となっています。読んでいただいてありがたい限りです。 そんな記事ですが、梅花心易の鎗田宗准氏のblogで取り上げられているのを発見いたしました。 最近西洋占星術界隈で「風の時代」ねたが流行っている状況を紹介した翌日の記事として、「風の時代到来説」を批判的に見ている例としてあげられています(引用して

          誠実に生き、誠実に占うということ

          占い方法に「霊感」という単語をつけるということの意味

          みなさんこんにちは。長南です。 最近は多くの方に私の書いた記事を読んでいただけているようで、非常にありがたく感じております。この場を借りて御礼申し上げます。 オカルトファンにとって非常に気になる存在の「将門塚」についての記事や、 西洋占星術で「風の時代」ということについての記事がよく読まれているようです。 本来であればこういったことは、より公共性の高い出版雑誌などのメディアで行うべきところなのでしょうけれども、雑誌もいろいろと残念な感じだったり速報性が出ないということ

          占い方法に「霊感」という単語をつけるということの意味

          東京都指定旧跡「将門塚」改修工事についての私見

          みなさまこんにちは。長南と申します。 令和2年もあと一月余りとなった2020年の11月に、某方面の方々にとっては大きな衝撃をもたらす画像がツイートされました。 首塚が消滅した?東京大手町にある東京都旧跡「将門塚(首塚)」が改修工事のために閉鎖され、中では灯籠や石碑などが撤去、更地になりつつある状況を伝えたのですが、さらし首になっても体を求めて空を飛びこの地に落ち、壊そうとするものに「祟り」をふりまき、映画「帝都物語」で大きく題材化された将門塚についての伝説を知る人にとって

          東京都指定旧跡「将門塚」改修工事についての私見