見出し画像

【#3】コールセンターの仕事とは?

言葉のキャッチボール 

または、会話のキャッチボール




「コールセンターの仕事とは?」

という問いがあれば、

「言葉のキャッチボールです。」

が答えのひとつではないかと

私は考えています。




言葉にすると当たり前なのですが・・・。

こう受け取れれば、

この仕事はシンプルだと感じるのです。




お客様と、

ボールをこぼさず、

上手にキャッチボールできている。


それが

目に見えているかのように想像できる。

そんな感覚をつかみながら仕事をする。







コールセンターでの技術や方法については、

研修中に習ったり、

先輩の受け答えを参考にするのが

手っ取り早いため、

私なりに気をつけているものは

今後シェアしていきたいと思います。




でも本当は、気持ちが大事なのです。




お客様の中では、

言葉遣いで評価する方もいらっしゃいますし、

コールセンターで働く以上、

「コミュニケーションのプロフェッショナル」

であるという

「自覚」と「自信」が

おのずとあるのが理想です。




でも、

どんなお客様とも

上手なキャッチボールが出来るのが

最高だとは思いますが

「共感したい」

「力になりたい」

そんな気持ちが芽生えることが一番です。




ボールをキャッチできなくても

出来るだけ早く拾いに行く姿を見れば、

相手も

「真摯に対応してくれている」

と感じてくださると思うのです。




コールセンターで働くのに、

そんなにエネルギーを注げないです。

そこそこのサービスができれば十分です。


そう感じましたか?




あなたの尊敬するコールセンターの先輩が

「知識」とか

「スキル」とか

「処理する」とか

そのようなものだけを使って

お客様と接していると思いますか?




なぜ、

お客様はコールセンターを利用するのでしょうか。




そのようなことを掘り下げていこうと思います。



海外コールセンター勤務 すいか

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サンクスイカ
5
インバウンドのコールセンターにいて感じること、楽しいこと、困ったことを共有していきます。海外生活のこと、健康などライフスタイルも共有していきます。