見出し画像

ホンネとタテマエ

「大人は本音と建前を使い分ける」

これは確かに、事実だろう。
全てに本音でぶつかっていたら、キリがない。
他人との関係上、必要な建前を言うこともある。

でも、私は「タテマエ」が嫌いだ。

自分自身が建前を言う時も、心がキュッと苦しくなる。

人から言われる建前には、ほとんど気づかない。
全てを「ホンネ」として受け止めてしまうから、心は疲れる。

彼・彼女のあの言葉は、どういう意味だったんだろう。
私のあの時の返答は、最適だったのだろうか。
もっといい伝え方があったのではないか。

そんなことを考えてばかりだ。

全ての「タテマエ」を取り除いて生きていくのは、恐らく難しい。
逆も然りで、全てを「ホンネ」で生きるのも、難しい。

私も幾ばくか歳を重ねて、頭ではそう理解するようになった。
それでも、「ホンネ」で生きたいと願い続けている。

ホンネとタテマエ。
この両立はこれからも続くだろうが、
私は自分自身とは常に「ホンネ」で語り合い続ける。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!もっと輪が広がりますように〜!
10
フリーランスのライター。不安障害/パニック/うつの経験から生と向き合うようになりました。今は健やかにリモートワークしています。関心領域はメンタルヘルス,哲学,デザイン,ライティングなど。心身の健康を大切に。

この記事が入っているマガジン

コメント2件

初めまして!なかじまと申します。スキありがとうございました!

自分自身については、「ホンネ」で生き続けることはとても共感しました。
でも、「ホンネ」を続けることでしんどくなる事、例えば周囲から理解されなくて疲弊することもあると思います。

ぼんちゃさんは、そんな時どのように解決していきますか?もし時間があればお聞きしたいです!
なかじまさん、コメントありがとうございます!
sentence経由で拝見させていただきました☺️

共感頂きありがとうございます!

>「ホンネ」を続けることでしんどくなる事、例えば周囲から理解されなくて疲弊することもあると思います。ぼんちゃさんは、そんな時どのように解決していきますか?

なんとも現実的な回答になりますが…
出来る限りの距離を取ります。笑

結局自分が疲弊してしまっては元も子もないので、「ああこれ以上ぶつかったら私が壊れてしまう」と思ったら、距離を取ります。現状の私には、それしかできないのが実情です。。笑

物理的な距離が取れない場合には、相手との間に一枚のガラスをイメージしたりして、「自分と違う空間に居る人だ!」と思うようにしています😅
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。