久保 佳奈子

フリーランスのライター。不安障害/うつの経験から生と向き合うようになりました。今は健やかにリモートワークしています。関心領域はメンタルヘルス,ライティング,哲学など。 お仕事のご依頼はこちらまで▷▷ https://www.kanakokubo.com
固定された記事

Kanako Kubo | Who am I , or...?

フリーライターの久保佳奈子です。 あだ名は、ぼんちゃん。 簡単な自己紹介と、お仕事について書きます。 About me 改めまして、久保 佳奈子です。 東京都出身、1994年…

幸せを求めないのは

不幸は安全。 永遠に続く幸せなんてないでしょう。 幸せを手に入れた瞬間、 それが消えてしまったらって思うと、 怖くてたまらないから、 自ら掴んだそれを、自ら手を開…

贅沢な感覚の使い方

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚。 私たちはさまざまな感覚を持ち合わせていて、それを自由に用いることができる。 なんだか忙しない日々を過ごしていると、いかに多くの感…

この世の何か、ひとつだけ。

「この世界から、きみが望むものを何かひとつだけ、消してあげよう。」 もしも神様がいて、そんなことを言われたら、わたしは何を望むだろうか。 *** 気に食わないこ…

溢れ出すから、押さえこんだ。

どのように自分がその嘘をついていたのか、もう覚えていない。 私はすぐに泣く。 涙は簡単に流れるし、共感性が非常に高い部類だろうと感じる部分はとても多い。 しかし…

鮮やかな世界から目を背けるために、私は眼鏡を投げ捨てる。

ある日視力が2.0まで回復してしまったら、 私はもう生きていられないかもしれない。 *** 目が悪いから、いつも眼鏡をかけている。 あるいはコンタクトをつけている。 …