パートナーシップ提案を考える

6

逆引きでスポーツのパートナーシップ提案を考える⑥

業務内容だけでなく、事業ミッションやブランドの存在意義を定義しお互いの共通点を見つけることで「共感」を生み、なぜパートナーシップを組んでいるのかがわかりやすく明確になる。

この「ストーリーのわかりやすさ」はパートナーシップを組んで世の中に伝えるうえでも結構重要なことだと思う。

ネイションワイド & NFL

※保険会社とナショナル・フットボール・リーグの取り組み

目的
選手の社会貢献活動への

もっとみる
ありがとうございます😊
14

逆引きでスポーツのパートナーシップ提案を考える⑤

『夢』が共通するキーワードになる。

特に今のような時代においては、「夢」「希望」といった考え方は重要で、それだけでお金は稼げないけど、ビジネスを生み出すフックとなる。

誰にでも創り出せる価値ではないけどスポーツにはそれがあるので、そこを活かしていくことはできる。

スーパーボウル & ディズニー

目的
ブランディング(ディズニーワールドへ行くことをヒーローの象徴に)
「夢」を通じた社会貢献活

もっとみる
ありがとうございます😊
11

逆引きでスポーツのパートナーシップ提案を考える④

今日は21年前に合併消滅した横浜フリューゲルス最後の試合がテレビで放送されました。天皇杯優勝を最後に消滅し、それをきっかけに横浜FCが誕生。
誰もが想像しなかった世界を迎えるいま、日本サッカーの未来に向けて、これまでとはパートナーシップの形も変わる必要がある。

ウディネーゼ & ダチア(DACIA)

ダチアはルーマニアの自動車メーカー。

目的
家族のロイヤリティアップ
未来のファンの獲得

もっとみる
ありがとうございます😊
15

逆引きでスポーツのパートナーシップ提案を考える③

横浜FCでも横浜ビール様とオリジナルビールの開発を進めています。横浜FCのブランド、横浜ビールの技術とノウハウ、サポーターのアイディアを組み合わせて、目指すは8月のお盆あたりのローンチ。

コラボするという事実だけじゃなくて、生活者がどうしたら飲みたいと思うかのストーリー、愛着を持ってもらうための施策を考えて、より広がりを持たせられるように展開していきたいと思います。

リバプールFC & カール

もっとみる
ありがとうございます😊
20

逆引きでスポーツのパートナーシップ提案を考える②

このSTAY HOME期間中にスポーツのパートナーシップについて考える。

割と説明がしっかりした記事が多いので背景や目的はわかってしまうので、発展させるために自分ならどうするか?も足してみます。

一流アスリート & 東京西川

目的
新しい価値を伝える、顧客層の拡大(女性→男性)

課題の設定
睡眠行為が、休みや居眠りなどを連想、枕を替えるのは肩こりや腰痛があるから枕を替える、というネガティブ

もっとみる
ありがとうございます😊
19

逆引きでスポーツのパートナーシップ提案を考える。

自分は横浜FCではマーケの責任者をしていますが、営業こそマーケ視点がなければ良い提案はできないし、経営や組織づくりも課題抽出、プランニング、ストーリーを描くといったことが必要だと思います。

代理店時代に自分の管轄する部署で、世の中に出ているプロモーション事例を逆引きで課題設定、目的、実施に至った背景を考えてどういう提案書だったかつくってみるというのをやっていたことがあって、真面目にやっていたメン

もっとみる
ありがとうございます😊
23