空をゆく巨人

19

「空をゆく巨人」感想のご紹介

「空をゆく巨人」が発売して一ヶ月が経ちました。

週刊誌や新聞などにいくつか書評も出てきて、少しずつ「空をゆく巨人」も、滑走路を飛び立てるかな?という感じもしてきました。

noteやブログ、ツイッターでたくさんの感想をいただいていますので、まとめてご紹介したいと思います。そして、いくつもの書店で大きく展開いただき、本当にありがとうございます!それぞれ、お礼メッセージも書かせていただきました。ぜひ

もっとみる

全文公開を終えて。夢の見方を忘れた人へ

先週の金曜日、ついに『空をゆく巨人』の最終章(15章)とエピローグが公開され、私の全文公開チャレンジが終わった。これは、私と集英社出版チームの共同の試みだった。

果たしてどれくらいの人が読んでいたのか。どんな感想を持ってくれたのか。またそれについてはゆっくり解析・報告してみたい。その前に。

先日、この全文公開についての週刊誌の方から取材依頼があった。その依頼メールには、「作家が受賞作を発売前に

もっとみる

全文公開『空をゆく巨人』 第七章 キノコ雲のある風景

第16回 開高健ノンフィクション賞受賞作『空をゆく巨人』(集英社)をnoteで全文公開中。今回は第七章です。

第七章 キノコ雲のある風景(ニューヨーク・一九九五年)

眠らない街の小さな家族
 生い立ちも国籍も職業も異なりながら、お互いに惹かれあい、一緒に宇宙へと光を放った志賀と蔡。もし彼らが宇宙に浮かぶ星だとしたら、志賀はどっしりとした木星、蔡は輝く尾をたなびかせ飛翔するハレー彗星(すいせい)

もっとみる

全文公開『空をゆく巨人』 第六章 時代の物語が始まった

第16回 開高健ノンフィクション賞受賞作『空をゆく巨人』(集英社)をnoteで全文公開中。今回は第六章です。

第六章 時代の物語が始まった(いわき・一九九三年)

海に火を走らせる
「志賀さん、藤田さん、せっかくだから、しばらくいわきに住んで作品をつくりたいと思います」
「それ、いいですね。では、家を探しましょう。どんな家に住みたいんですか?」
「山の上にあって、海が見える家がいいです。庭では菊

もっとみる

全文公開『空をゆく巨人』 第五章  ふたつの星が出会うとき

第16回 開高健ノンフィクション賞受賞作『空をゆく巨人』(集英社)をnoteで全文公開中。今回は第五章です。

第五章  ふたつの星が出会うとき(東京・一九八六年)

ゴムの香りがする国で
「きついゴムと香水の匂いに驚いた」
 一九八六年、成田空港に初めて降り立ったときのことを、蔡は三〇年後の雑誌インタビューでそう思い出している。
 ゴムと香水か、なるほどなあと感じた。当時の日本といえばゼネコンが

もっとみる

全文公開『空をゆく巨人』 第四章 爆発する夢

第16回 開高健ノンフィクション賞受賞作『空をゆく巨人』(集英社)をnoteで全文公開中。今回は第四章です。

第四章 爆発する夢(泉州・一九七八年)

自分だけの表現を探して
 二〇代となった蔡もまた、ひとつの転機を迎えていた。荒波をゆく人生という船に同乗してくれる女性に出会ったのだ。名は呉紅虹(ウホンホン)。五〇代後半になったいまでも驚くほど美しい人だが、当時の美しさは群を抜いていたらしい。

もっとみる

全文公開『空をゆく巨人』 第三章 空を飛んで、山小屋で暮らす

第16回 開高健ノンフィクション賞受賞作『空をゆく巨人』(集英社)をnoteで全文公開中。今回は第三章です。

第三章 空を飛んで、山小屋で暮らす(サンフランシスコ・一九七六年)

アメリカの空を飛びたい
「おーい、忠平!」
 アパートの玄関で満面の笑みを浮かべる友人・志賀の姿を見つけた藤田忠平は、嬉しさで胸がいっぱいになった。「よく来たなあ!」
 藤田は、横浜の大学を卒業したあと、一度は外国で生

もっとみる

全文公開『空をゆく巨人』 第二章 風水を信じる町に生まれて

第16回 開高健ノンフィクション賞受賞作『空をゆく巨人』(集英社)をnoteで全文公開中。今回は第二章です。

第二章 風水を信じる町に生まれて(泉州・一九五七年)

マッチ箱の故郷
 物語のもうひとりの主人公、蔡國強が中国福建省で産声(うぶごえ)をあげたのは、志賀の誕生から七年後の一九五七年のことである。志賀が生まれながらの商売人だとしたら、蔡は生まれながらのアーティストだった。
 その原点は、

もっとみる

全文公開『空をゆく巨人』 第一章 生まれながらの商売人

第16回 開高健ノンフィクション賞受賞作『空をゆく巨人』(集英社)をnoteで全文公開中。今回は第一章 です。

第一章 生まれながらの商売人(いわき・一九五〇年)

ドジョウと手裏剣
 子どものころ志賀は、眠りにつく前に父の話を聞くのが楽しみだった。父、忠之の話のバリエーションは多くなく、毎回三つの物語を繰り返し話したそうだ。なかでも、好んでリクエストしたのは、「わらしべ長者」に似た話だ。
「あ

もっとみる

開高賞受賞作『空をゆく巨人』5章までを公開

3月31日までの全文公開期間を終えました。「99の感想」プロジェクトでは、たくさんの『空をゆく巨人』の感想を投稿いただきました。本当にありがとうございました。引き続き、5章までは読んでいただけるようにnoteに残したいと思います。

「全文公開」は終わっても、あの開始時の変わらず、「私の本屋さんに立ち読みに来て欲しい」という思いを持ち続けています。
以下、全文公開時のメッセージから読んでいただける

もっとみる