見出し画像

驟雨

青山勇樹

樹たちが騒がしい夜は
熱帯モンスーンの海を夢みる
雨季のどのあたりだろういまごろ

この日本では
梅雨明けについて気象台が語る
私のなかの気候について
あなたは話せるだろうか

雨の降る日を憶えていて
見失ったはずの傘
あるいは新しいレインコート
そんなものを用意してきてくれる
ことなんてあるだろうかあなた

雨季でなく
梅雨でもなく
しのびやかに歩きめぐる
ひとつがいの雨の脚がある

知らないからだの奥で
育ちつづけていた幾つもの粒々たち
気づくよりももっとまえから
私だけの暦を刻みながら

降りはじめた雨が
前髪を濡らしてゆく
あなたを乗せた快速
その遠ざかる気配を背中に
ふと駆けだしてしまう
帰途


この記事が参加している募集

私の作品紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
青山勇樹

あなたの心に、言の葉を揺らす優しい風が届きますように。光と戯れる言葉のきらめきがあふれますように。