マガジン

  • はちさんの徒然日記

  • 小説

  • 僕と同居人(猫)たちの生活

    • はちさんの徒然日記

    • 小説

    • 僕と同居人(猫)たちの生活

最近の記事

引き寄せの法則×シジル③

今回は、「思いがけず臨時収入が貰えました」というシジルを作ってみました。Twitterのアンケートに参加して頂いた皆さん、ありがとうございます♪ 国民がこんなにも疲弊しているのに政府が一向に二度目の特別定額給付金を給付しない事に憤っている人も多いのではないでしょうか? そこで、今回は臨時収入が貰えるシジルを描いてみたという訳です。 僕自身、Twitterでのアンケート結果が出て、このシジルを描く事に決めた当日、フォロワーさんが行っていたアマギフプレゼントに当選したので、

    • 引き寄せの法則×シジル②

      僕が運営するTwitterアカウントで少し前から話題にしているのが、『量子力学』についてです。 先日、人気番組「やりすぎ都市伝説」でも取り上げられていましたが、『量子力学』によって、『僕らの思いや願いが現実を生み出す力』だという驚きの事実が明るみになって来るのですが、真面目な人や中途半端に頭が良い人程、この話は受け入れ難いトンデモ理論のように思えるかも知れません。 まあ、僕は万人が受け入れられなくても良いと思っています。 それこそ、信じられる人は『思いの力』が存在する世界

      • 引き寄せの法則×シジル①

        あなたの部屋の目に付く場所に貼ってください。 スマホやPCに保存して頻繁に観れるようにするのも良いと思います。 シジルの名前は、「この世界に新56ウイルスは存在しない」です(笑 新56なんて存在しない方が100%良いはずで。 そういう世界線にレイヤーシフトしたいなと思い、描きました。 同じ思いの人が多くいれば、より引き寄せが上手く行くかも知れません。 使い方については、人によって様々あるので、「シジル 魔術」等のワードで検索してください。 ちなみに僕は、単に部屋の目に付

        • 魔剣召喚した勇者の話(仮)

          「覚悟しろ、魔王アステリオス!!!」 そう叫ぶと勇者ロッドは天井まで跳び、魔王の頭上に剣を振り下ろした。 長い旅の末、ようやくたどり着いた魔王城。 王の間への途上で、仲間は皆息絶え、もう戦えるのは勇者ただ一人。 『ハッハッハ! 今の一撃はなかなかだったぞ、勇者!!』 牛頭の魔王は高らかに笑った。その声からは、圧倒的な余裕を感じる。 すきを見付けては果敢に斬り込むも、勇者の剣は一向に魔王の頑強な皮膚に刃を刻む事ができないでいた。 次第に削られて行く体力と気力。 負け

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • はちさんの徒然日記
          はち
        • 小説
          はち
        • 僕と同居人(猫)たちの生活
          はち

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          そんな名前、愛情が感じられない。

          うちの同居人(猫)達の名前を他人に教えると、しばしば、タイトルに書いたような反応が返って来る。口には出さずとも、そう感じたのではないかと思われる複雑な表情をされる事があるのだ。 黒猫の短毛種の三姉妹が、体の大きい子から、「あか」「きいろ」「あお」。 長毛種の黒猫が、「くろ」。 この4匹がうちのメンバーだ。 何故こんな「色」の名前になったかと言うと、そもそも捨て猫だった彼女らは、里子に出される予定だったのが子猫で弱っていた事もあり、元気になるまでと面倒を見ているうちに居着

          霊とは、確率を操り偶然を生むチカラ

          今日、昼間に珍しく妹からメールが届いた。 内容は、実家で18年間飼っていた猫のみーちゃんが亡くなったという報告だった。 先週、僕の家族であり同居人(猫)のあかさんが亡くなったばかりだというのに、まさか実家でも、家族が逝ってしまうとは…。 仕事が終わると、急いで家路につき、ポケットにちゅーる一本を忍ばせて、実家に向かった。 最初メールを受け取った時には、病気か老衰だと思い込んでいたが、続けて届いたメールには、「風呂に落ちた」と書いてあり、溺死したみーの姿を想像して悲しくな

          『おはようございます。NHKの集金にお伺いしました。』

          2021年2月23日。昼を過ぎて直ぐの時間帯。 スーツ姿… 言っても上着は脱いでいたが、キチンとした身なりの頭の良さそうな男性が開けたドアの向こうに立っていた。歳は30代頭くらいのように見える。 ちなみに、タイトルに記した台詞はこの彼の物だが、正直、『NHK』というワードを耳にしたその後の言葉は、僕の想像でしかない。脳が情報をシャットアウトしたので覚えていないのだ。 正しくは、『NHKから来ました』とか、『NHKの◯◯と申します』といったような、NHKから集金を依頼された

          彼女のネイルケアを怠るとこうなります

          それに気付いたのは、先日お空に昇った「あかさん」の葬儀の準備をしている時だった。 あかさんの姉妹である「きいろさん」が、左前足を浮かして、歩き難そうにしているのだ。 準備の手を止めて、きいろさんの左前足を触ってみると、なんと、逆側の足の倍ほどに膨れあがっているではないか… 葬儀の準備の中、僕は重なって起こった「不幸」に、軽く目眩を覚えた。 そう言えば、その二日前ほどから、何となく歩き難そうにしていたかも知れない。しかし、当時の僕は「あかさん」の看病に必死で、きいろさん

          骨袋の底に残るのは、彼女が放つ最後の熱

          2021年2月16日の朝、僕は大切な家族をひとり(一匹)亡くした。 あの日からまだ数日しか経っていないなんて、信じられないくらい僕の時間の経過は早い。もう、1ヶ月くらい経ったんじゃないかと思うほど、彼女の死が急激に現実味を失い始めている。 恐らくは、脆弱な僕のメンタルが壊れるのを回避しようとして、別れの日の記憶を、心の暗がりへと隠してしまったのだと思う。 それでも、 亡骸になってはいたけれど傍らにあかさんがいた最後の一日だから、完全に忘れてしまう前に、活字にして残して置

          彼女が虹の橋を渡った日

          2021年2月16日、朝。 早朝5時頃、急な腹痛に襲われて目が覚めて。 薬の準備をして、あかさんのいる居間の戸を開けると、彼女はもうすっかり硬くなっていました。 病気の影響で筋肉が落ちて、熱を作る事が出来なくなっていた彼女の為に、夜間もエアコンを利かせていたし、傍らには湯たんぽを置いていたので、そのせいか体はまだ温かかった。 前回前々回の日記に書いた通り、彼女は腎不全で、低血糖を起こしていた。 ここ数日の頑張りもあり、前日の診察では、低血糖は脱出したとの診断を受けてい

          医者嫌いな僕のエゴってる判断が。。。

          2021年2月14日 もうすぐ深夜2時… お尻をグイッと、天井に高く突き上げた不思議な姿勢で彼女は寝息をついている。 恐らくはそんな疲れる体勢で寝たい訳もなく。 きっと姿勢を正す元気もないのだなと思う。 僕が寝る前には、姿勢を直すのを手伝って、毛布を掛けてやろうと思う。 残念ながら簡易ベッドに収まらないサイズの湯たんぽも、一緒にケイジに入れて置けば、少しは暖かいはずだ。後はもう、電気代は掛かるがエアコン頼りである。 今日、正しくはもう昨日だけれど、昼に目覚めて病院に向か

          「低血糖で死に掛けてます」

          今日、具合を悪くしていた同居人のひとりを、病院に連れて行った。 10日前くらいから、食事中に「キシュキシュ」と変な音を発てて食べる癖が付いてて、おかしいなと思ってはいたのだけど、彼女は以前から食事中に「マグロうまいマグロうまいなー」と独り言を言うひとだったので、また新しい癖が付いたのだなと、僕はすっかり油断して、彼女の変調に気付かなかったのだ。 ちなみに彼女とは同居を始めて14、5年になる。 三つ子の黒い猫だ。 医者から詳しく聞いた内容によると、病名は腎不全で。あまり良く

          俺TUEEEに生まれ変わる方法があるなら僕が知りたい。

          僕は異世界転生モノのお話が好きだ。アニメや漫画、ラノベと、媒体は問わない。 去年の末だったか、今年の頭からだったか時期ははっきり覚えていないけれど、急にそういうジャンルの物が観たくなり、Netflixやアマプラを使って観まくっている。 基本的に、主人公が死んで別の世界に生まれ変わるという筋書きは、僕がキッズの頃から既にあったし。ありふれたと言えばありふれたネタなのであろうけれど、ここ数年の大流行は異常であるように思う。 しかし、昔のブームと大きく違うのは、主人公が現世で

          男はいつまで経っても厨ニなので。

          又吉直樹氏の「劇場」を読んだ。 正しくは、最近加入したサブスクのAudibleで朗読を「聴いた」のだけれど。 このAudibleというサブスクリプションサービスでは、毎月一冊、無料で読めるボーナスタイトルがプレゼントされる。2021年1月度のボーナスタイトルがこの「劇場」という小説であった。 ちなみにメインコンテンツとして、毎月自由に一冊本を選んで読めるのだが、これには普段高くて買えない心理学関連の本を選んで「聴いた」。 別に知的ぶってる訳ではない。もとより僕の本棚には

          地球がバランスを取ろうとしているのか、あるいは。

          先日読んだアランナ・コリン博士の著書「10%HUMAN」によれば、人体の90%が細菌、菌類、ウイルス等の微生物であり、人間の命は微生物との共生によって支えられている。 一番僕らが耳にするのは、腸内フローラ(腸内細菌叢)だろうと思う。腸内の細菌が腸内環境を整え、あらゆる面において僕らの健康を守っている。 腸内細菌だけではない、多くの微生物(マイクロバイオータ)によって、僕らの健康は維持されているのだ。 今日こういう記事を読んだ。 「新型コロナウイルスを死滅」高出力のLED、徳

          FF外から失礼しますって一言は大事

          2021年1月14日… 僕が吉村くんと呼んで親しんでいる大阪府知事 吉村洋文氏の発言をいつもの調子で軽く弄ったTweetをした所、軽くバズり… 当然の事ながらそれなりにRTもされますので拡散に拡散を重ね… 弄ったとは表現しましたが、そこはそれ、僕なりの知見に基づき真っ当な事を書いたツモリではあるモノの反論異議も多く些か疲れました(苦笑 反論異議があるのは当然ですし、唱えた方々にはそれぞれに考えがあるのでしょう。無思考よりはマシだなあと、そう思います。 これはTwitte