イマサライダー

急に現れたその人物に感化され大型二輪免許を最近取得する。 しかしバイクなんて何十5年ぶり!?若き頃は自動車よりも先にバイクの免許を取るようなバイク好きではあったが… いわゆるリターンライダー!教習所の女教官は「リターンが1番危ないのよぅ」と脅されたがイヤイヤ楽しませて頂きます。

イマサライダー

急に現れたその人物に感化され大型二輪免許を最近取得する。 しかしバイクなんて何十5年ぶり!?若き頃は自動車よりも先にバイクの免許を取るようなバイク好きではあったが… いわゆるリターンライダー!教習所の女教官は「リターンが1番危ないのよぅ」と脅されたがイヤイヤ楽しませて頂きます。

    マガジン

    • ”バイクのあるONE STORY”

      バイクがあるからこの景色を見れた。 バイクがあるからここまで来れた。 バイクがあるから美味しいものが食べれた。 バイクがあるから健康になった。 バイクがあるから知り合いが増えた。 バイクがあるから家族や仕事とも向き合えた。 バイクがあるから髪型やファッションが気になった。 バイクがあるからメンテ力がついた。 バイクはいい事づくし。 何よりバイクを乗ったら笑顔が増えた。 それを皆に伝えたい。

    • 新春目標イベント

      新しい年はやはり新しい事をして迎えたい。 歳を重ねるたびに億劫になっていく行動力にあえて逆らい 無理せずできる範囲で立ち向かおうじゃないか。 スタートはやはりスタートっぽく新鮮で清々しくきりたいものだ。

    • 100キロマラソン挑戦記

      100キロなんて人が走る距離じゃない。 100キロなんて車でもなかなか踏まない距離。 だけど僕は思う。 日の出から日が落ちるまで走る。 そんな素敵な日を過ごしませんか? 僕はそれはとっても素敵な一日だと思います。 日が傾いていくうちに自分の走る距離も少しずつ進んでいく。気がつけばここまで。気がつけば100キロ。 そんな最高の日を僕は味わいたいです。

    • ”バイクでRUN”

      好きなもの二つあげろ。と言われたら答えるもの。 ひとつはバイク もうひとつはRUNだ。 共通点は風かな。 この好きなもの二つを組み合わせたらどうなるか。 僕にとってはこんな贅沢な事はない。 バイクで行きたいところへ移動し  着いたらバイクを降り 今度はランニングシューズへ履き替え走る。 バイクで通り過ぎる景色 RUNでゆっくり通り過ぎる景色 両方とも最高だ。 その最高さを知りたい人へ伝える。

    • 人が人であり続ける為に

      たとえば辛い たとえば痛い たとえば落ち込む たとえば嬉しい たとえば面白い たとえば癒やし。 他人は傷 他人は邪魔 他人は毒 他人は害 他人は栄養 他人は喜び 他人は感謝 他人は教科書。 結局他人と歩む人生だもの  他人とうまく共存しよう。 しかし譲れない部分はある。 全てを他人に合わせるのではなく 自分の意思もちゃんとあることを伝える。 大事な伝え方 外せない芯の部分。 話はそういう話。 人間たる原点 人間たる底力 は素晴らしい。 しかし 人間は美しいだけじゃない。 目まぐるしく変わる季節のように  汚い自己本位な我儘も持ち合わせる。 その葛藤する己との付き合い方を研究していく。

    最近の記事

    ”バイクのあるONE STORY” 雪が散らつく しんしんと散らつく。 雪は音を消し去る なんだか寂しい気分になる 静寂と白い風景。 僕の服の上にも雪が舞い白く覆っていく。 白の景色一色に僕は同化され そこには真っ白いキャンバスの様な風景だけが残る。 冬のバイクの気持ちだ。

      • ”バイクのあるONE STORY” アクセルふかした夜 交差点でため息‥ T-Bolan「遠い日のリフレイン」 冬でもこの曲流れると 女々しく彼女のことを想いながら 夜に駆けるバイクの空気感を感じる。 あゝ懐かしい。 は、この歳になると永遠物語。。

        • ”バイクのあるONE STORY” 冬に入り たまにバイクのエンジンをかける。 二発で始動 まだまだ調子がいい。 しばらくするとモサモサと雪が降ってきた。 バイクの排気煙と空から降りてくる雪が意外と相性がいい。 雪とバイクの組み合わせ 雪が降っても乗りたい衝動に駆られる。

          • ”バイクのあるONE STORY” 元旦にバイクを眺める。 天気は快晴。 気温2° ちょっとエンジンをかけてみる。 ちょっとヘルメットを被ってみる。 ちょっとグローブをはめてみる。 そして、ちょっとだけ近所を走りたくなった。 風は冷たく気持ちが良い。 信号待ちでヘルメットが曇る。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ”バイクのあるONE STORY”
            イマサライダー
          • 新春目標イベント
            イマサライダー
          • 100キロマラソン挑戦記
            イマサライダー
          • ”バイクでRUN”
            イマサライダー
          • 人が人であり続ける為に
            イマサライダー

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            初日の出をハイクして見に行く その四、本番!

            2022年12/31土曜日 23:00 気温−1度。階上だけに向けて出発する。すでに寒い。山の上はもっと寒いはずだ。風も無く星がでている。今日はまさにコンディションは最高だ。 着替えを多く持ち過ぎたか、リュックが重くなりすぎた。5キロはある。 果たして家から山まで行き登って帰ってこれるだろうか?山登りだけで往復4キロ。総距離60キロの長い距離を僕はこの大晦日から正月にかけて移動する。 よく行く美容師さんや 知り合いの人に今回の事を言うと 「なんで家から歩いていくの?車で山まで

            初日の出をハイクして見に行く(新春目標)その三、下見に行ってみる。

            今年もあと僅か。 2022年も最後の週となった。 やろう やろうと思ってた下見ハイク。 結局何日か後には本番だというのに今日五日前になってしまった。 【今日の結果】‥は色々と問題が出てしまった。 そりゃそうだ。 何事にも”挑戦”には問題がつきものだ。 それが本番何日か前に分かってまだ良かった方だ。 12/26(月)気温4度。19:00-明るい大通りを進んでいく。国道沿いだ。当日31日もおそらく大晦日だから車の行き来も深夜であってもまばらにあるだろう。 大通りを進んで明るい

            100キロマラソン挑戦記

            フォレストガンプのようにアメリカのセドナを走る走る走るどこまでもどこまでも立ち止まらず真っ直ぐな道を真っ直ぐな心で。。 フォレストガンプの走り続けるシーンは今でもずっと好きなシーンだ。もし目の前をガンプが走り通るなら自ずと僕もついていきたい。 そう走るのが好きな人ならば同じく思うはず。 走れるかどうかは考えない。 僕らもずーっとどこまでも遠くまで走れることなら走り続けたいのだ。何日も何日も。そして一日中。 走れるかどうかというより”走りたい” そして僕は12/11(日)いわ

            初日の出をハイクして見に行く (新春目標)そのニ

            初日の出を快適に見に行く為に早速リュックのグレードをあげる。 リュック前側にドリンクホルダーと小物入れを付けたい。 ダイソーに行きリュックに取り付けられそうなパーツを選ぶ。 色々頭を悩ました結果、”サポーター”にいきつく。 膝でも肘でもダメ。ふくらはぎ用サポーターがちょうど良い大きさだ。締め付け具合も程よくあり、これならドリンクホルダーになりそうだ。 サポーターを二つ買う。 あと小物入れに使えそうなメッシュポーチ、リュックの肩が痛いので肩を補助する肩パットリュック用を買った

            初日の出をハイクして見に行く(新春目標)2022から2023へのバトンイベント

            2022年11/27日。 歯医者に寄ったついでにセカンドハンドショップを覗いてみる。。 あれれ、、まじ!?¥1,380 kana? 聞いたことないブランドの登山用リュック30L。。 安いからどうせ穴空いてたりバックルかけてたりジッパーガタガタだったりするんだろう、と物色してみたけど全く不具合なし。 おお「いいじゃんか」。 速攻ゲット! 前々から大きめのリュックが欲しかった。 通勤ランに使っている8Lぐらいのノースフェイスのトレラン用リュックが冬用の物や弁当の水筒が入らなくて大

            ”バイクのあるONE STORY” リュックが欲しい。 新しい服を選ぶ。 そんな時はどうしてもバイク乗る時の相性を考える。 防水性や耐久性 汚れてもいいように暗めな色が最近増えてきた。 地味にならないように今日もファッションチェック。

            〝バイクでRUN〟三戸町

            11ぴきのねこ/馬場のぼる で有名なこの町。 夏は盆地の影響で暑く 冬はこの辺じゃ雪が多い。 こういう土地だからか三戸城というお城がある。 りんごやさくらんぼが良く育つのも 温暖差がもたらす甘味なのかも知れない。 今日は何となくこの場所で走る。 何年か前 仕事で出会った 外国船の日本人船長が 「引退したら北海道の釧路に行こうかな」と言っていた。なぜ釧路なのですか? と聞いたら 「釧路は季節がハッキリしていて1年をしっかり楽しめるのよ。冬は寒いもの。夏は暑いもの。そして釧路の

            それでも前にすすむ者たち

            あまり話をしたことのなかった掃除のおばちゃん。 ぱっと見50歳ちょうどぐらいか。 いつも一生懸命に掃除をしている。 僕のデスク周りに来るタイミングはいつもあまり良くなく僕は椅子を退かさない事を度々する。 おそらく嫌なやつ、と思われているのかもしれない。 見下している訳じゃない。 かかってくる電話が良くないのだ。 掃除のタイミングを出来ればずらして欲しい。 僕のデスクは出来るだけ後回しにして欲しい。 そのまま月日が経ち 夏も終わり涼しげな秋に季節は変わった頃 会社内のバイク乗

            愛おしい時間は過去を振り返って味となる。

            過去の思い出をふとしたきっかけで思い出し 過去が愛おしくて堪らない瞬間ってある。。 どうしてあの時ちゃんと話を聞いてあげられなかったのだろう。 どうしてあの時ちゃんと顔を見て相手してあげられなかったのだろう。 どうしてあの時あんな事言ってしまったのだろう。 その過去それぞれの時間がやり直したくてもやり直せない。 そして今はそんな大事な人ととの関わりも幻だと思うと涙が出るくらい切なくて愛おしくてやるせない気持ちになる。 だから しっかりと人の気持ちを受け止め 面と向き合い

            人様との距離

            近づきすぎず 失礼にもあたらず 一歩離れての距離が丁度いい。。 それが人様との付き合い方。。 まるでそれはボクシングの距離に似ている。 パンチが当たらない距離。 相手の懐に入らない距離。 なるほど。。 人様の領域に踏み入ると言うことは パンチをもらうということ。 今までの経験上 そんなこともあったような気がする。 馴れ馴れしく人様の懐へは入っちゃいけないのだ。 人様はリーチの長さも違う。 そこはリーチの長さに合わせて上手く距離感を測る。 やはり懐へは入らないように。。

            ”バイクのあるONE STORY” バイクのシートカバーを外して バイクを点検していると通りがかりのオジサンに話しかけられる。 「いいバイクだねえ。乗ってあげてる?」 その人もバイク乗り。 ハーレースポーツスターに乗っていると言う。 バイク乗りは 人のバイクも気になるものだ。

            戦いの日。初のフルマラソン大会

            出発。 眠いが起きれた。 今日はフルマラソン挑戦の日。 今年の目標のうちの二つ目だ。 一つ目は大型自動二輪免許取得。 今年はこうして二つの目標を年初めに計画していた。 04:40出発。 エネルゲン1L、カフェオレ作り 昨晩のなめこ汁をあっためてスープカップに入れる。 ラン後は寒いはず。一応湯たんぽも持ってく。 高速代ケチって下道をトロトロむかう。 日曜日なのにトラックトロトロ。 急ぐのにイライラ。 日曜日だから朝早いなら下道の選択でも良かったはずなのに。。 なぜ、こんな