マガジンのカバー画像

しあわせ絆島田牛

7
2019年の台風15号・19号による被害への支援として、「牛を買い、育てる。そしてその過程を発信する」。島田慎二なりの復興支援です。 肉の格付けの仕組み、現場で働いていらっしゃ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

「しあわせ絆島田牛プロジェクト」はネクストステージへ

「しあわせ絆島田牛プロジェクト」はネクストステージへ

第1章 プロローグ

「千葉を元気に! 」

2019年11月千葉県成田市で開催された県内農業者向けの講演会にて、同年の台風15号、16号による県内農林漁業の被災の実情を知りました。このことがきっかけとなり、「千葉県農林漁業の復興支援に何かお役に立てないか」と考え、東日本産直ビーフ研究会と始めた千葉県復興支援が「しあわせ絆島田牛プロジェクト」です。

折しも、当時は株式会社千葉ジェッツふなばしの代

もっとみる
ありがとうございます!感謝。よろしければフォローもお願いします!
しあわせ島田牛プロジェクト ついに品評会、そして……

しあわせ島田牛プロジェクト ついに品評会、そして……

「台風によって大きな被害を受けた千葉の農業・畜産業を、島田慎二流に支援する」ことを目的としたしあわせ絆島田牛プロジェクト。約2年間にわたるプロジェクトでしたが、ようやく"シマちゃん"が東京都中央卸売市場食肉市場の品評会に。

体重は879キロになりました。はじめて会ったときには250キロほどでしたから、本当に大きくなってくれました。

品評会の結果、目標にしていた賞は取れませんでしたが、大きく育っ

もっとみる
ありがとうございます!感謝。よろしければフォローもお願いします!
しあわせ絆島田牛プロジェクト、ついに佳境を迎えます

しあわせ絆島田牛プロジェクト、ついに佳境を迎えます

2019年末に発足したしあわせ絆島田牛プロジェクト。この年の台風で大きな被害を受けた千葉県の農家の助けになりたいという思いから、酪農発祥の地の1つと言われる千葉の"交雑牛"を育てています。(和牛と乳用牛を交配させたもの。酪農の副産物でもある)

詳しくはぜひ過去のnoteもお読みください!

そして2021年8月22日、久しぶりにシマちゃんに会いに行ってきました!現在の体重は800キロとのこと。担

もっとみる
ありがとうございます!感謝。よろしければフォローもお願いします!
久しぶりに牛に会いに行き、コロナ禍で畜産農家がどのような影響を受けているかを聞いてきた

久しぶりに牛に会いに行き、コロナ禍で畜産農家がどのような影響を受けているかを聞いてきた

約半年ぶりでnoteに書くのでご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。私、しあわせ絆島田牛というプロジェクトで牛を育てています。

今回、久しぶりに"シマちゃん"に会いに行ってきました!

初めて会ったときから倍以上の大きさに成長

こちらが現在のシマちゃんです。初めて会った去年の12月ごろには250キロだった体重は550キロに成長。約1年後の出荷時には900-1000キロまで増えるとのことで

もっとみる
ありがとうございます!感謝。よろしければフォローもお願いします!
牛肉、食べませんか?千葉の畜産業の現状をお聞きしました

牛肉、食べませんか?千葉の畜産業の現状をお聞きしました

コロナショックによる経済的打撃は業界を選びませんが、畜産業も深刻な打撃を負っています。しあわせ絆島田牛プロジェクトで牛を育てている私も他人事ではありません。

千葉県の農業関係者の方々は、去年の超大型台風によって大きな被害を受けました。少しでも助けになれればと島田牛プロジェクトを開始したわけですが、コロナショックによってまたしても大きな苦難に直面しています。

まずは、いま畜産業に携わる方々がどう

もっとみる
ありがとうございます!感謝。よろしければフォローもお願いします!
なぜ、島田慎二は千葉県で牛を育てることになったのか?

なぜ、島田慎二は千葉県で牛を育てることになったのか?

「台風によって大きな被害を受けた千葉の農業・畜産業を、島田慎二流に支援する」ことを目的としたしあわせ絆島田牛プロジェクト。
前回のnoteでは駆け足でプロジェクトの開始をお伝えしましたが、今回は千葉の畜産業に関する説明や、このプロジェクトの主役となる"シマちゃん"の近況についてお伝えします。

酪農発祥の地・千葉県と交雑牛改めて、2019年の台風15号・19号による千葉県の農林水産業への被害は45

もっとみる
ありがとうございます!感謝。よろしければフォローもお願いします!
島田慎二、今度はブランド牛を育てます。名前は「しあわせ絆島田牛」

島田慎二、今度はブランド牛を育てます。名前は「しあわせ絆島田牛」

突然ですが、牛を育てることにしました。

千葉県香取市の越川ファームさんにお邪魔し、有望な子牛の中から1頭選んできました。私が関わる以上、もちろん目標は日本一。全国の牛のトップに立つべく、本気で牛を育てます。

なぜ、島田慎二が牛を育てるのか?みなさん「また島田が突拍子もないことを始めたよ」とお思いでしょう。それともそろそろ慣れてしまったでしょうか。

もちろん、ただの趣味で牛を育てようと思ったわ

もっとみる
ありがとうございます!感謝。よろしければフォローもお願いします!