見出し画像

受け入れの方法とスキル       個別の指導計画(仮)その3

やまと たける

5認知・対人関係

[課題]
  ・一緒に遊べる(関係が付いた)先生を増やしていく
  ・要求は行動や表情だけで示すのではなく、言葉で言えるようになる
  ・今、どこを見るのか、今、何を聞くのかを学んでいく

 [具体的手立て]
  ・伊藤先生とみーちゃんと新しい先生と3人で遊び、共感関係を広げて
   いく
  ・給食など様々な場面で、先生を紹介し共同作業していく
  ・出てきた行動や表情による要求は、言語化し「覚えて」を使う
  ・遊びを通して、見るべきところを見たり聞くべきことを聞いてくれ
   たら、それを言語化しながら褒める

6.学習準備

〈国語準備〉
 [課題]
  ・自分の名前を「読める」「書ける」ようになる
  ・文字に興味を持つ ひらがな カタカナ 漢字
  ・散歩のときに、看板など文字に興味を持たせる
  ・絵本に興味を持つ

 [具体的手立て]
  ・好きな『花の図鑑』『ピカチュウ図鑑』を見ていく 
   その時に文字を意識させる
     注)好きなものが出るたびに、その図鑑を見る
  ・散歩のときに、看板など文字を読んであげる
  ・本人の好きなものが出てくる絵本を、読み聞かせる
   その後、絵本を見せながら、言葉と文字を楽しむ

〈算数準備〉
 [課題]
  ・いろいろなものを、数えられるようになる     
     注)目の前の物は、1対1で指で押さえながら
  ・色や形で分類できるようになる
  ・数字に興味をもつ

 [具体的手立て]
  ・好きなものを見つけたときは数える
  ・ブランコの回数 トランポリンの回数 太鼓の音の回数
   歩数etcとりあえず何でも数えていく
  ・「すごろく」をして遊ぶ
  ・的当て、ボーリング、輪投げなどして遊ぶ
     注)数字を書いておき「~番あてて」と指示する
  


この記事が参加している募集

子どもに教えられたこと

業界あるある

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やまと たける

本好きです。本を買います。余暇のための本ではなく、勉強のための本を買います。よろしくお願いします。

やまと たける
発達遅滞・自閉症やダウン症候群の子どもを、地域の小学校で受けいれいるノウハウとスキルを書いていきます。具体的に、使える原理とそれを使った実際場面をセリフ中心に書いていきます。これらを使って、上記の子どもたちが困らないように、地域の小学校で受け入れてもらいたいと願っています。