蘇 泳宜 (Yungyi Su)

台湾出身の人間。2016年、海外転職のきっかけで来日。30代前半で、12社以上転職歴を持ち、2019年の春から独立となり、ユニークな外国女性の視線と3ヶ国語話の営業武器を持って、好きな日本工場パートナーさんたちと国内と海外向け、物語がある素材の世の中に提案したいです。

蘇 泳宜 (Yungyi Su)

台湾出身の人間。2016年、海外転職のきっかけで来日。30代前半で、12社以上転職歴を持ち、2019年の春から独立となり、ユニークな外国女性の視線と3ヶ国語話の営業武器を持って、好きな日本工場パートナーさんたちと国内と海外向け、物語がある素材の世の中に提案したいです。

    マガジン

    最近の記事

    台湾で日本製生地展を開催の理由

    久々のnote文で、相変わらず理由無しのオープニングで失礼しました。 首題の件の通りに、若しかしてコロナウェルスに負けで延期にも検討しておりますが(汗)、実は弊社ルールレススタジオの初回日本製生地展は来月(3/11ー14)、台北で開催することが決まりました! 変化が多すぎて、予想不可の2020 年こそ、心より、自分たちが好きな日本製生地で、世界へメッセージが送りさせて頂きたいです。 私は創立者は約10年間、計12社の転職歴で、オーストラリアウール国際組織

      • メインインジャパン服プロジェクト

        久々の記事で失礼しました(汗) 知らないうちに、2が月に間で4ヶ国のデザイナー様にも会いました。 面白いのは、1名(ニューヨーク)はFBからのご縁で、1名(インドネシア)はLinkedinより声をかけられて頂きましたが、首題の出会いは、やっと普通の友達の紹介で、台湾人同士で日本でアポイントをして、すぐメインインジャパンの製品の話まで連れて来た。 百回以上、日本製が売れない、営業が難しくて、今の世の中に合ってないって、実際に現場に立って、営業させて頂いて、今オーダーを取っ

        • ファッションを選んでる人々

          先週は縁があって、台湾から未来デザイン専攻志向の中学生のファッションツアーをアテントさせて頂きました。 正直に言うと、この年齢で、既に未来の道を決まってまた確実にあの道へ進める仕組みを準備する仕方が羨ましかったです。(笑) 前職のきっかけで、一般人より日本デザイン学校を訪問することが多かったですが、ずっと疑問を持っているのは、正直に言うと実際繊維業界に働いている人間は、ファッション/テキスタイル専攻の人々はもっと多かったです。またバカみたいスーパーマニアックな専門知識

          • 外人から見た日本繊維産地-①和歌山 橋本市 高野口パイル

            (全文中国語で作成で申し訳けありませんが、海外へ日本繊維産地という魅力を勝手にシェアしたいですので🙇‍♀️) #外国人 #繊維産地 #和歌山橋本高野口 #パイル聖地 #パリまで 和歌山是個對於很多台灣人可能不是太熟悉的地方,以觀光的角度來說,大部份大家會去海水浴場,去看日本最多熊貓的動物園,還有傳説中的世界遺產熊野大社,但身為一個很難說明的紡織魂,我大概人生第一次來日本出差,就跑去了和歌山拜訪了目前還是持續跟我友好的叔伯哥哥們。 很多人可能不太知道,和歌山在紡織

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ファッション
            蘇 泳宜 (Yungyi Su)
          • ビジネス
            蘇 泳宜 (Yungyi Su)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            時間って

            最近は時間って物を深いものだと思います。 多分、世の中にある仕事と言うシステムを半年以上参加していなかったですので、逆に自分が何の為に生きている、時間は如何な感じで過す事が正しいことは倍に考えることが増えて来ました。 多分、人として現在は生まれた以来一番駄目な時期となりますが、誰でも説明出来なく「今」と言う期間が持っていますこそ、今まで当たり前のキャリアを0になれる気がするけど、無謀な自信で、疑問がいっぱい前提で、相変わらず前へ進む自分は本当な馬鹿かなと思いますが、最

            リッセト気分で。

            (尾州向けの新幹線で突然に何か書きたかった。) やっと自分名前で堂々でネットで思いを発表するの際が来たかな。 今まで、ここでずっと発表していた作者名は、実は独立を決意した時、一番自分がやりたい方向をマーチングしているRuleless Studio(ルールが少なめる)でした。半年の準備期間を無職の人間として経って、色々勉強している気がするけど、会社として売り上げ或いは収益はほぼ0でした。 周り色々協力の人間がもちろんいますが、こちらの未熟でなかなか何か結果を残していな

            平成から令和へ

            こんばんは。 最初来日の際に、一番迷惑を感じている部分は、様々な書類に、生年月日の記入欄に、日本年号を表示することでした。多分あんまり知られなかったかもしれないが、実は台湾でも自分年号が有ります。民国(みんご)と言う表現方法で、民国の元年は1911年(つまり台湾政府の拠点が中国から台湾へ移転させるとなりました年。) つまり、若し3年前私が日本に来なかったら、平成と言うことが私完全に関係が無い事です。また、毎回昭和で自分の生年月日が昭和を◯付けることにも、偶にへえ?平成

            社員として人生が無くなった後。

            2008年に大学を卒業しました以来、社員という生き方しか知らなかった自分を想像外で独立するという選択肢をスタートしました。一応いろいろパートナー様たちの出会いが多かったですが、独立となり約5ヶ月後、初めて自分本当に会社というシステムを諦める理由を如何な物でしょうか結論をようやく見つけた今日にどうしてもこの文章を書きたかった。 2008年から2018年の秋まで、私は10年の間にちょうと12社の転職歴を経験して、面白いのは、一応いろいろな分野の仕事をやらせて来ましたが、10年の

            想像外の人生プラン

            (2019年1月1日にフェイスブックで書いた今年のファストブログ文。) 就在睡了超過十二個小時以後,人生默默地迎接來了2019年的第一天。(雖然是已經是過了中午時光的開始的意思)。 沒跟太多人說明,但我的人生大概在2016年之後彷彿被按了無限快轉鍵地一樣,2016年的二月離開了整好做滿四年的公司,充滿意外地但也下定決心的決定拿下OFFER所以搬來東京,進入了號稱是Global company的德國內衣企業,雖然做不滿一年就再度轉換跑道但有遇到了一些好人,看到了一些壞人,還有

            ライフスタイルって

            何か格好いいタイトルで感じですが、実は私は去年の11月から、社会人として約1シーズンの空白生活を持っていました。 ずっと自分が社員という選択肢を捨てる以外は、まだ何かありましょうねか、安定な収入より、自由さだけ感じるより、30代中途半端な自分が起業することが正直に言うと不安の部分がいっぱい有りました。 前職は、社会人になっていた10年目以来、キャリアのピークを迎えることが、ずっと周りの人から言われたいましたが、肩書き/外資/収入/女性のマネジメント社員として、多分言い分が

            頑張れ、自分。その後はいい大人になろうね。

            (日本語ではなくて申し訳けありませんが、今日自分が生まれてから一番馴染みの言葉で気持ちを記録させて頂きたいです。) 今天去看了在東京的一個紡織展,特別讓我有感受的是看到台灣整團來的廠商攤位,讓我突然想起當年應徵日本布廠的時候,被質疑台灣人能賣高級素材?還是怎麼知道跟世界最頂級的時裝品牌交手嗎?(當然我也是自信爆表所以也默默回嗆了一下,但好孩子們沒練過的話不要學喔😜) 然後我就在一年之內把那個廠的所有SNS媒介工具跟我的team members火力全開地全部到位,最

            ファッションで作るライフマップ

            会社員から卒業しましたの今、以前より私と言う人間の説明を色々知らない人々に表現して機会はすごく多くなった。会話を何回も重ねて、結局面白い発見がありました。それは知らないうちに、私の人生の過程でも自己流のファッション業界のマップをできてあります。 また、今までファッションの専門学校を入ることがありませんでしたので、冷静に思い返せば、自分の背景はただ大学で4年の日本語を勉強いる部分です。 最初この業界と絡んでなった仕事は台湾で珍しいファッショントレンドスタジオにアシスタン

            The definition for being not regret?

            I still remembered when I decided to resigned from my last job that the hunter who helps me to got the position just showed his unbelievable and why I am such the usual people on his face clearly. After changed the 11 companies, I made up

            繊維/テキスタイル/アパレル

            相変わらず変なタイトルで申し訳けありません。 最近は起業する為に様々な相手を自己紹介の機会が会社員時代と比べていると倍にいますので、上記の3つのキーワードを伝えっていた際に、相手の反応から見ると度々面白い部分があり過ぎてついに今のブログ文を書きたくなりました。 繊維は簡単に言えば、川上の業界です。コットンから言うと、綿畑からの感じで、ウールなら牧草をパクパク食べている羊さん風景にもあるあると思いますが、コットン或いはウールの繊維から、糸を作って、糸の再加工或いは後加工によ

            外人?外国人?外面的人(外の人間)

            始めまして、Sueです。 初note記念文で、変なタイトルで失礼しました。 タイトルの通りに、台湾出身の外国人の方です。 ちなみに現在は日本でテキスタイル・ファッション業界で自分の顧問・教育関連会社を起業しています。 台湾は漢字の国ですから、最初外国人=外人の使い方を見たの際に、一瞬で寂しいと思いました。理由は台湾でも「外人」と言うワードがありますが、北京語の説明で実は「他人」と言う意味です。簡単に表現すると、グループ外の人々の意味です。多分これは如何して私が寂しいと感じ