幸重忠孝@ソーシャルワーカー

福祉や学校でしんどさを抱える子どもたちと常に現場で関わり続けているソーシャルワーカーです。noteでは個人として社会発信を行っていこうと考えています。NPO法人こどもソーシャルワークセンター理事長/スクールソーシャルワーカー/龍谷大学非常勤講師

幸重忠孝@ソーシャルワーカー

福祉や学校でしんどさを抱える子どもたちと常に現場で関わり続けているソーシャルワーカーです。noteでは個人として社会発信を行っていこうと考えています。NPO法人こどもソーシャルワークセンター理事長/スクールソーシャルワーカー/龍谷大学非常勤講師

    最近の記事

    母を避けるナオ

     やっとお盆が終わった。地獄の夏休みもあと少し。家にいる時間が増えると、どうしても酔っ払っているお母さんのことが目に入ってくる。だから家の中ではなるだけお母さんと顔をあわせないようにしているけど、冷蔵庫のお茶を飲みに行く時、トイレに行く時にビールの空き缶に顔を埋めて泣いているお母さんの姿が目に入りイライラする。  今年のお盆も「コロナで帰られなくなった」と海外で働くお父さんは帰ってこなかった。ボクが中学生になってから一度もお父さんは帰国していない。お母さんがこんなにお酒を飲

    スキ
    1
      • 夜の子どもたち

        奪われた夜の居場所 「うーっ、さぶっ」  自転車を飛び降り、自動ドアが開くと店内の温風が冷えた顔と指を暖めてくれる。入り口すぐのスマホコーナーを曲がってCDに挟まれた棚をすすむとお目当てのライトノベルコーナーに。そこにはいつもの仲間たちの顔が見える。スマホゲームでひたすらガチャをまわしているヒデ。お気に入りのラノベを読みあさっているテツ。深夜アニメの動画をスマホにダウンロードしているカズ。テツもカズもボクのスマホも携帯契約してないからwifiしか使えない。でも家にwifi

        スキ
        2
        • 大津小1女児暴行死事件から一年②

          身近な大津市で起こった事件によって一人の子どもが命を亡くし、ヤングケアラーであった子どもが加害者となってから今日で一年になります。今回のコラムは一年前にSNSで発信した自分の文章から、行政は何をして何をしなかったのか、民間団体である自分たちは何をはじめて、何が出来なかったのかを振り返っていきたいと思います。 前回のコラムでは、事件より約一年後に県に提出された専門家による検証結果報告書を紐解きながら、自分が一年前にした提言なども振り返ってみました。 では今回も一年前に自分が

          スキ
          10
          • 大津小1女児暴行死事件から一年①

            身近な大津市で起こった事件によって一人の子どもが命を亡くし、ヤングケアラーであった子どもが加害者となってからちょうど一年を迎えようとしています。今回のコラムは一年前にSNSで発信した自分の文章から、行政は何をして何をしなかったのか、民間団体である自分たちは何をはじめて、何が出来なかったのかを振り返っていきたいと思います。 事件報道直後に発信したのが以下の文章になります。 ===== 2021年8月5日 幸重忠孝のFacebookより(一部改変)引用 最初のニュースを聞

            スキ
            4

            夏休み前のマホ

            「お姉ちゃん、早く買い物行ってきてよ。私が洗濯しに行けないやん」  私が文句言っても、ミカねぇからは返事がない。スマホで動画見ているところに声をかけたからか、「うるさいな」という顔でにらめつけてくるだけ。私と二つだけしか年齢が変わらないくせにいつも偉そう。来週から夏休みで毎日家でミカねぇと家事や下の赤ちゃんの面倒に追われないといけないかと思うと今から夏休みが憂鬱。  ミカねぇはほとんど中学校に行ってないけど、私は頑張ってほぼ毎日中学校へ行っている。と言っても私も教室に入れ

            ヤングケアラーのミカ

            「お姉ちゃん、早く買い物行ってきてよ。私が洗濯しに行けないやん」  二つ年下の妹のマホが口をとがらせている。家の洗濯機が動いていた時は良かったけど、半年前に壊れてから、家から離れたコインランドリーにきょうだい六人とお母さんの洗濯物を洗いに行っている。洗濯係は妹マホの仕事だ。うちにある自転車は一台だから洗濯と買い物を私とマホが交代で行う。出来れば私も学校のみんなが下校する前に買い物を済ませておきたい。でもポスティングの仕事に行ったお母さんが帰ってこないのに、下の赤ちゃんたちを

            スキ
            6

            エフエム滋賀に出演してきました。

            先日、出演したラジオで話した内容のダイジェスト(話した内容ではなくて収録台本の抜粋)がラジオ局の公式ブログに掲載されていましたが、ブログのURLが日本語だったので、SNSなどにリンクが張りにくかったので、noteを経由してみました。 【記事の引用先のURL】 https://blog.e-radio.co.jp/平和堂マイ・デイリー・ライフ/平和堂マイ・デイリー・ライフ-346/ 平和堂マイ・デイリー・ライフ(2022/07/12) もうすぐ、子どもたちのとっては楽しみな

            子どものことは子どもに聞いて②

            このコラムは、ソーシャルワーカーのゆっきーこと幸重のSNSなどで反響の多かった記事をまとめたものです。 (今回のコラムは2022.3.30のFacebookのつぶやきから) ヤングケアラーの子どもの声を無視した滋賀県のヤングケアラー調査昨日、発表された滋賀県のヤングケアラー調査についての続きです。一晩寝てもやっぱり納得がいきません。今回のコラムは今年1月23日に滋賀県で行われた子ども県議会で質問した小学生の発表原稿(画像)から考えていきたいと思います。 子ども県議会は、今

            スキ
            6

            子どものことは子どもに聞いて①

            このコラムは、ソーシャルワーカーのゆっきーこと幸重のSNSなどで反響の多かった記事をまとめたものです。 (今回のコラムは2022.3.29のFacebookのつぶやきから) 子どもの貧困調査の二の舞か?こどもソーシャルワークセンターの理事会を終えて、遅い夜ご飯を食べながら、ネットニュースを見るとびっくりするニュースが。滋賀県内でもヤングケアラーの調査をしているという話は前から聞いていたのですが、ニュースの内容からは、あまりに残念すぎる調査方法と調査結果に正直びっくりしていま

            スキ
            19