TOMOHIRO yuhaku NAKAGAKI - ユハクと友博 -

「日々の暮らしの中に心の彩りを」をモットーに。 人々に寄り添う美を生み出すブランドを目指し、手染めの革製品ブランド「yuhaku(ユハク)」を立ち上げ11年。 ハットをアイコンに代表として経営とデザインをしています。ものづくりのこだわりから経営への理念などを書き綴ります。

輪廻転生をアートに

リユース、リユーズ、リサイクル。 サスティナブル、SDGs. 今、こうした言葉たちは世界的に普及しつつありますし、そのような取り組みをしていることは「立派なこと」の…

感動を届ける場所

前職の靴メーカーへの入社。 それが、革業界への“第一歩“でした。 画家を目指して大学を中退した後、ライスワークとして選んだのが靴の販売員でした。 食べていくためと…

変化に向けた地固め

昔は正解を生み出せばよかったことが、現代ではあらゆる正解が既に出し尽くされている、そんな世の中ではないでしょうか。 変動性、不確実性、複雑性、曖昧性の時代と言わ…

体と心を整える:大山峻護さんとの共感

またまた、お久しぶりになってしまいました。 「やることの多さに…」という言い訳をしてしまっている自分にダメ出しを入れてブログを書き始めている仲垣です。 今回は、自…

2021年の目標

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 本年もこのブログで一人でも多くの共感を生みだせることを願っております。 さて、新年、初のブログになりますが、さて…

理念 x 個性 ≒ ブランド

ブランディング視点としての接客は、どの店舗でも同じサービスが受けられる事をホスピタリティと考えますが、yuhakuでは、個々の魅力を引き出すことを優先としているためyu…