TOMOHIRO yuhaku NAKAGAKI - ユハクと友博 -

「日々の暮らしの中に心の彩りを」をモットーに。 人々に寄り添う美を生み出すブランドを目指し、手染めの革製品ブランド「yuhaku(ユハク)」を立ち上げ10年。 ハットをアイコンに代表として経営とデザインをしています。ものづくりのこだわりから経営への理念などを書き綴ります。

こだわりが生んだ財産

よく、どうして革の染色を始めたのか、どうしてグラデーションカラーを取り入れたのかを聞かれるのですが、いくつか理由があります。 染色をやってみようと考えたきっかけ…

革フェチの最も愛する革

自分は何を隠そう「素材フェチ」であり、その中でも特段「革フェチ」です。 って、そんなの知ってるって話でしょうか(笑) 世界中の革を見て触ってきた自分の中でのTop o…

創業からのサスティナブル

サスティナブル:「持続可能な」って解りにくい日本語訳ですよね。 ようやく耳馴染みし、腑に落ちるようになった言葉ではないかと思う今日このごろです。 突然ですが、一…

目の錯覚に惑わされつつも、その錯覚を利用する。

中心のはずなのに、気持ちずれて見える。。。気になる。 神経質と言われそうですが、自分はすごく気になるのです。 ロゴ位置をデザインしていると目の錯覚で、そんな事もし…

華やかな色のブランドにおける侘び寂び

yuhakuは華やかな色のブランドと捉えているのに、ブランドカラーは無彩色のグレー。 PANTONEカラーでは、Steel Gray(18-4005TPG ) 印象としては、無機質極まりないグレ…

yuhakuのブルー

創業当時のyuhaku商品のブルーは、自分好みのグリーンの入ったブルーでした。 しかし、現在のブルーは鮮やかな青みの強いブルー。 なぜなのでしょう。 心変わり? 気まぐれ…