見出し画像

artsy-fartsyで結構

英語には「artsy-fartsy」という表現がある。

オンラインWeblio辞書の訳は、

「芸術を気取った人」
「芸術心を見せつけようとしている人」
「芸術気取りの」

となっている。

が、実際のニュアンスは、

「アート系の人」
「アートが好きな人」
「アートの才能がある人」

の方がしっくりくる。

でも、一般的に芸術で生計を立てるのが難しいからか、または、現実の生活とはかけ離れたように見える芸術は、実質生活に貢献するものがないように思われているからか、「artsy-fartsy」には軽蔑的・侮辱的なニュアンスが入っている。(だからweblio辞書の訳にもそういったニュアンスが入っているのかもしれない)

実際、私もこの表現が理解できるようになったのは、ネイティブスピーカー、かつ理系の夫がよく口にする言葉だから。

芸術鑑賞は好きだけど、絵の才能を持って生まれた妹と比べると、私なんか幼稚園生の程度なので、どっちみち自分とは関係ない言葉、そう思っていた。


ところが、ある日 友達とブログの話をしていて、彼女に言われた一言

"You are artsy!" 

突拍子すぎて、ちょっと反応できなかった。(苦笑)

「artsy」だけだと、軽蔑的なニュアンスはない。
「artistic 」芸術的な とか アートの才能がある という意味で、逆に褒め言葉にもなる。だから、彼女は決して私をバカにしたわけではないのは分かってたけど。

それでも…

「えぇっ!? 私?」

そう思ったのを悟られたのか、反応できずにいる私を見て、彼女は

"in languages"

と付け足した。

「ふぅ〜ん、そんな風に見えるのか。」

と思ったのが今年の春先くらいの時かな。


そして、先週、大好きなpodcastsを聴きながら食事の支度をしている最中,
どこからともなく、いきなり自分の声が心の中に響いた。

"I'm artsy-fartsy."

なんだかずっと解けなかった謎が解けたような感じで、と同時に
ずっと心の中を覆うっていたものがスーッと消えて、気分スッキリ。


よく「artsy-fartsy」と口にする夫に、今さっき心に響いた声を実際に口に出して言ってみた。

"I just realized... I'm artsy-fartsy."

"Yes, you are."

「そうだったの? そうだったのか!」

夫に確証され、自分でもちょっとビックリだが、ムカツク気持ちもなく、むしろ嬉しかった。


夫の口調には、軽蔑的な意味はなく、肯定のニュアンスがあったからかもしれないけど(ものは言い様だね、笑)、それよりも、自分のこと、前より理解できたのが嬉しかった。

自分のことは自分が一番よく分かっている。
そう思うかもしれない。だけど、果たしてそうだろうか。
少なくとも、私はそうじゃないかな。

ずっと前はそうだったかもしれない。
でも、ここ20年、気づいたら自分を失ってた。

あなた、誰?
私が知っている私は、いつから消えてしまったの?
そしてどこに行ってしまったの?

そんな感じで彷徨っていたので、自分が「artsy-fartsy」だって分かって嬉しかったのだ。

「artsy-fartsy」で結構。
初めまして、「artsy-fartsy」な自分。
「artsy-fartsy」な自分が結構好き。

"You are artsy-fartsy!"

そう言われたら、

"YES, I AM!"

と自信を持って言える自分がいる。
それが嬉しいかも。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
【なれると思う自分になる】それは、毎日後悔なく生きる自分であったり、感謝の心を忘れない自分であったり、失敗を恐れない自分であったり、置かれた場所で美しく咲くことができる自分であったりする。そんな夢実現に向かって歩む私が日々感じるものを書き留めるちょっとした空間です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。