横石 崇(Tokyo Work Design Weekオーガナイザー)

&Co.代表取締役。国内最大規模の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」代表。鎌倉のコレクティブオフィス「北条SANCI」支配人。著書に「これからの僕らの働き方 」(早川書房)、「自己紹介2.0」(KADOKAWA)。法政大学キャリアデザイン学部兼任講師。
    • 日経COMEMO

      日経COMEMO

      • 9365本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

【働き方の祭典、開幕】 今年を象徴する漢字は「離」だと思っている。

TOKYO WORK DESIGN WEEKオーガナイザーの横石です。みなさまにとって2020年はどんな年だったのだろう。 あいにくスポーツの祭典「東京2020オリンピック・パラリンピック」…

「家だと仕事をさぼるのではないか」「セキュリティを守れないのではないか」「会社の文化が壊されるのではないか」「顧客対応が…

ご縁がありまして、世界的ベストセラーになった”リモートワークの聖書”と呼ばれる「リモートワークの達人」(早川書房/原題は「強いチームはオフィスを捨てる」)という…

「私が死んだらあなたに死に化粧をお願いしたい」 #会えない時代になぜ装う

化粧の起源には「衛生」という概念があったはずだ。感染症との対峙を含めて、衛生こそが人類の美意識をアップデートしてきた。コロナ禍でも同じく、私たちの美意識を加速さ…

【ジェンダー】女性もいるのに、”僕ら”を使ってもいいのか問題

自身で手掛けている働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」の時期が近づいてきた。そこで、全体の方向性を定めるためのテーマについて、メンバーと喧々諤々やりながら、ひ…

電話を捨てよ。楽器を鳴らせ。 〜リモートワーク時代のプレゼンテーションを考える〜

働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」など手掛けているイベントオーガナイザーの横石です。 コロナの騒ぎになり、オンラインイベントに完全移行してから4ヶ月。毎日の…

”一生懸命”に働くのをやめました。 #ジョブ型雇用で変わることは

「日経Comemo」のKey of Leadersの末席にいる”働き方お兄さん”こと横石です。気がつけば2ヶ月ぶりの投稿をお許しください。こんな文庫の解説文を書いたりしていました。…