読み返したいnote

307

シリコンバレーで考えたことーー加速主義の歪み・人生の使命・多様性の多様性

GOの三浦さんに誘ってもらい、1週間弱ほど、シリコンバレーへ行ってきた。(去年も行ったので、1年ぶりに) 今回はGoogleをはじめとしたGAFA企業に加え、シリーズBあたりからすでに時価総額1,000億円を超えるユニコーン企業を周り、話を聞いた。 もちろんSaaS化していく世界の最前線で起きていること…

1週間noteを続けてみえた「考える」難しさ

 noteをはじめて1週間がたった。僕のnoteは、日常でのあたりまえを切り口に、「考える」「問う」ことをテーマにしている。noteを毎日投稿できたことは、素直にうれしい気持ちでいっぱいだ。しかし、心のどこかにはモヤッと引っかかるものがある。表現したいことを、文章に乗せきれないのがもどかしい…

雑談が好きなことと、本をつくることについて

わたしは雑談が好きだ。 あまりに雑談が好きすぎて、昨日は自らイベントを主催してお客さんも呼んで雑談をした。「スイスイサクサク 公開よむラジオ〜今日もぜんぜんわからない」 イベントテーマの「今日もぜんぜんわからない」というのは、スイスイとふたりでやっている「スイスイサクサクよむラジ…

人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない

雨になるかと思っていた。 けれど、空は広く高く、そして青く、蝉の鳴き声が響き、それはもうすっかり、晴れた夏の日だった。 *** 訃報を受けてから1週間。昔の恋人のお墓参りに行った。 彼のお父さんが亡くなった時に、彼とお母さんとで選んだ場所なのだそうだ。今日はちょうど雲がかかってい…

スーパーカブ70の旅(長野編)

突然ですが皆さん「トランポ」という言葉聞いたことありますか?  輸送=transport(トランスポート) の略語で、バイクを運ぶこと を指しています。 私のスーパーカブは70ccなので高速道路には乗れません。今回の旅「大阪~長野」を一般道で走ると約9時間も掛かっちゃうので、長野までは"トラックで運…

学生の頃から社会人になっても、欲しいのは生きる力。「灯台もと暮らし」リニューアルに…

これからの暮らしを考えるメディア「灯台もと暮らし」はリニューアルしました。 デザインはアートディレクターのおぎゆかさん、実装はLucky Brothers & co. (ラッキーブラザーズ)のたじーさんが、めちゃくちゃ力を尽くして作ってくれました。 ぜひ、あたらしいデザインのもとくらをご覧ください。 …

その人がそこに生きていた証を。

昨夜のこと。 寝ようと思ったら、昔の恋人の訃報が届いた。 別れて以来、もう10年ぐらい連絡もとっていない人。なんだか実感が湧かなくて、悲しいのか空虚感なのかよくわからない気持ちで眠りについた。 今日、古いハードディスクをパソコンにつないで、彼の写真を探してみた。訃報を知らせてくれた…

選挙ポスターから写真を読む!早朝弾丸ワークショップ

選挙前になると、町中に貼られるポスターたち。 誰もが目にしたことのある題材である選挙ポスターをもとに、写真の読み方、そしてデザインの中での写真の役割について鈴木心さんに教わってきました。参加者は私とさどまち。 ※あくまで「題材として選挙のポスターを使った」というお話なので、政党や…

参院選、この人に投票しました

 今回(2019年)の参院選ほど、投票先に悩んだ選挙はありませんでした。 維新の会はダメだけど、東京選挙区はおときた駿  結論から言うと、東京選挙区は維新の会「おときた駿」に入れました。  まず断っておきたいのですが、僕は「日本維新の会」は全く支持していません。  理由は2つあります…

人から感情の影響を受けすぎないように「同感」じゃなくて「共感」しよう

人と接しているとき。 相手の表情や声から感情を過剰に推し量って、話すことを尻込みしてしまうことありません? 楽しかった出来事を伝えているときに、 ・うなずきがない ・相槌がない ・沈んだ表情をしている マイナス(に見える)リアクションがあると、 「あれ、自分の話に興味ないのかなぁ…」っ…