家メシ日記

9

家メシ日記vol.6:なぜかちょっと違うウチのエビとイカ

いかめしとエビチリ。

割にビジュアルがイメージしやすい
お料理2品なんじゃないかと。

イカの胴体にお米を詰め
甘辛く煮たのが「いかめし」。

赤くて辛いチリソースで
エビを炒めたのが「エビチリ」。

一般的には疑う余地のない2品でありますが
ぼくんちではなぜか違うんです。

まずはエビチリ

ソースとからんでない。

背開きにして背ワタをとったエビは平らにして
両面香ばしく焼く。
殻の側はよく

もっとみる

20150416 朝ごはん

ブロックのやつがセールだったので
今朝はベーコンエッグ丼。

こうなるとレシピってほどでもないけどいちおう(笑)。

激かんたんベーコンエッグ丼

・ベーコンはお好きな大きさ厚さに。
・薄く油をしたフライパンでベーコンを焼く。
・片面が焼けたらベーコンを裏返し卵投入。
・お湯をフライパンへ少々入れフタを。
・黄身がお好みの硬さに焼けたらご飯の上に。
・目玉焼きとご飯にちょっとずつかかるように
 ウ

もっとみる

家メシ日記vol.5:ハッセルバックポテト、とな!?

実は今日は一日お休みだったりしました。

というわけで懸案だった最近ネットでよく見るやつに
いっちょう挑戦してみようと。

見た目にやられちゃいまして、なんだか。

スウェーデンの調理法らしいですよ、
ハッセルバックポテト。

命名の由来とかはおいおい調べよう。
とにかく食いたかったんで(笑)。

ハッセルバックポテトの作り方

・メークインは皮ごと食うのでよく洗う。
・イモの両サイドに割りばしを

もっとみる

20150415 朝ごはん

前に「孤独のグルメ」に出てきたやつに挑戦。

炊き立てメシにかつぶし。
あとは生ワサビのすりおろしと醤油ちょろり。

ガツンときてツーンと抜ける辛さがたまらん。

お米の甘さが意外にも際立つ。
海苔で巻いて食ってもいいな。

刺激で目が覚めるかと期待したが
どっちかというと一杯やりたくなる。

さ、仕事仕事(笑)。

家メシ日記vol.4:お昼の「お手軽海鮮丼」はスーパー頼り

わりに家で仕事をすることが多いので
昼メシを何にするかはけっこう考えてしまう。

が、
スーパーでよく売ってる
「刺身ミックス」なるパックを見つけたら
しめたもん。
次の日の昼メシ決定です。

お店によって名前は違うかもしれないけど
お刺身や焼き魚用に切り整えたときに出る
端っこを集めたやつね。

こーゆーやつ。

買って帰ったら即座に漬けダレにどぼん。

漬けダレと作り方

・醤油2に対し酒1の

もっとみる

家メシ日記vol.3:合わせ調味料だけ頑張れば絶対旨い「男の回鍋肉」

テーマしばりの旨かったモノ語り「食日記」
何度も行きたい一軒にフォーカスした「お店日記」
んでもって
自作のメシやレシピを記録しておく「家メシ日記」。

以上3日記を日々更新しております。
はじめましての方はお見知りおきを。
ドゾヨロシク。

さて、
3回目となる「家メシ日記」でございますが
今回は今だからめっちゃ旨い春キャベツがどっさり食える!
というレシピをお送りしたいと存じます。

しかも男

もっとみる

家メシ日記vol.2:アサリとグリーンピースの春盛りご飯(レシピ)

ここ数年めっきりと
季節の味みたいなものが嬉しくなって。

日本に生まれて良かったなぁなどと
しみじみ思っております。

で。
今くらいになると必ず食べたくなるのがコレ。

アサリとグリーンピースの炊き込みご飯

レシピはいたって簡単。

・殻つきのアサリを酒蒸しに
・でき上がったら殻を外して蒸し汁を研いだ米に投入
・生のグリーンピースも米へ
・薄めの昆布だしで水分調整(米の量の目盛りでOK)

もっとみる

家メシ日記vol.1:伊勢丹大好き♪ 後編

【前回のあらすじ】
とにかく伊勢丹の地下食品売り場がどうにも好きなぼくが
かわいい試食のお姉さんにコロっとやられて(笑)
買って帰ったちょっとお高い粒マスタードは
この世のモノとも思えない旨さだった!

というわけであわせて買ったミセスブリッジスのマーマレード編。

いろいろめんどくさいヤツだとお思いかもしれませんが
どんぴしゃで好みのマーマレードてのをずっと探してまして。

オレンジの皮の厚さ、

もっとみる

家メシ日記vol.1:伊勢丹大好き♪ 前編

ちょっと陽気が良くなると伊勢丹の地下食品売り場で
なにやら旨そうなものを仕入れて新宿御苑で昼飯、
みたいなことをやりたくなるわけです。

それ以外の時期は家に買って帰ってお楽しみ♪
となるわけですが。

てなわけで「食日記」でも「お店日記」でもない
「家メシ日記」
いきなりですが始めてみたいと思います。

だいたいいつ行っても
どこかご当地の旨い物展をやってるのも
伊勢丹の好きなところだったりしま

もっとみる