見出し画像

ワン・オブ・ザ・コープス

俺が誰かは俺が決める。他の誰にも決めさせるものか。

Budda Budda Budda! 機関銃がクローン兵たちの頭を薙ぎ払う。首なしの体が崩れ落ちる。弾切れの銃を捨て、死体の銃を一挺拾って、さらに前へ。

「最近のクローン兵は質が落ちたよなァー、ドクター。まるでゾンビだ」
『コピーすれば劣化するのさ、何事も。オリジナルには及ばない』

次のウェーブは6秒後。欠伸が出るほど遅い。俺は壁へ、天井へ、靴底をつけて駆け上る。カメラを踏み壊し、タレットガンを潰す。電子トラップを三つ処理する。淡々と。

『君だってそうさ、ジョイ。何度死んで甦った? いい加減、クローンのストックは尽きかけてるんだぜ』
俺は学習できる。死んでもな。こいつらには、その機能がないだけだ」
肉体がどうなろうと、俺は俺だ。魂は。

『ウェーブが来る……違う、これは! 君と同じ……?
コンマ1秒後、ドクターの声がノイズと共に消え、強烈な電光が周囲を焼き払った。

NEXT STAGE

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

つのにサポートすると、あなたには非常な幸福が舞い込みます。数種類のリアクションコメントも表示されます。

あなたの徳がアップしました。寿命が伸びます。
9
奥ゆかしさ◆ドーモ。noteで文章を書いています。ヘッズフロムアニメイシヨン。