新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【そのまま使える】Google Apps ScriptとGoogle Classroom APIを使ってGoogleクラスルームの情報を取得しスプレッドシートに書き出す

KCompany

【2022/02/10追記】こちらの記事の続きを、当オフィスのブログで読むことができます。よろしければご覧いただければ幸いです

-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは!KCompany代表のケータです!

本日はGoogle Classroom APIを使ってGoogleクラスルームの情報を取得してみるの記事で紹介したコードを拡張する形で、スプレッドシートにて自動出力するGASを紹介します!

Google Apps ScriptとGoogle Classroom APIを使ってGoogleクラスルームの情報を取得しスプレッドシートに書き出すスクリプトを作った背景

他のそのまま使えるGAS同様にこれもお客様とのやりとりの中で出てきたニーズです(もちろん納品したものとは異なります)。教育事業に明るくはありませんが、コロナ禍においてオンライン学習の機会増加、それに伴うGoogleクラスルームの活用というのは確実にあるようです。今後もクラスルームを活用できそうなシーンがあれば提案していきたいなと思いました。

さて、以下の説明をご覧になり、もし使ってみたいという方がいらっしゃったら、ページの最後の部分からご利用になれますので、ぜひご確認ください!

Google Apps ScriptとGoogle Classroom APIを使ってGoogleクラスルームの情報を取得しスプレッドシートに書き出すスクリプトの動作イメージ

画像1

上記はテスト用に作ったクラスルームです。
クラスルームの中で、赤枠のようなストリーム(所謂「お知らせ」ですね)情報がずらずらっとでてきたものを、他のアプリとの連携する場合などの下地としてスプレッドシートに保存しようというものです。

Google Apps ScriptとGoogle Classroom APIを使ってGoogleクラスルームの情報を取得しスプレッドシートに書き出すスクリプトの、スプレッドシートのイメージ

画像2

今回利用できる機能として①「ルームID取得」、②「ストリーム取得」があります。まず、①で自分のアカウントから取得できるクラスルームのルームIDを取得します。その次に、該当のルームIDのストリーム情報を取得するために②を実行するという流れになります。

①ルームID取得

画像3

カスタムメニューから①「ルームID」取得を実行すると、上記のようにクラス名とIDの一覧が取得できます。(塗りつぶしばかりで見にくく申し訳ないですが)取得したいクラスのルームIDをコピーしてください。確認が済んだらOKボタンを押せばこのプロンプトは閉じられます。

②ストリーム取得

画像4

ストリームを取得する場合は、①で取得したルームIDを②ストリーム取得を実行した際に表示される上記のダイアログの入力欄に入れてください。OKボタンを押すと実行されます。

画像5

正常に実行されれば、上記のような画面が表示されます。OKボタンを押してプロンプトを閉じてください。

ストリームの確認

画像6

上記のようにストリームが確認できると思います。
なお、別のルームIDでストリーム取得を実行した場合はそれまであった内容はクリアーされます。

制限について

GASでの各種サービスへの実行回数等には制限があります。詳細を知りたい方は、こちらのGAS(Google Apps Script)の制限と割当の記事を参考にしてください!

Google Apps ScriptとGoogle Classroom APIを使ってGoogleクラスルームの情報を取得しスプレッドシートに書き出すスクリプトを実際に使うには

ここまで読んでくださって、実際に使ってみたい!という方がいらっしゃいましたら、以下からぜひご利用いただければ幸いです。閲覧用のファイルを用意してますので、そちらをコピーし、ご自身の環境にてご利用いただくイメージになります。

【お仕事のご依頼について】

こちらの記事に記載した内容以外にも、Google Apps Script開発やGoogle Workspaceを活用したデジタル化推進のお仕事を行っています。【GAS】そのまま使えるシリーズのカスタマイズのご相談ももちろん大丈夫です。
ちょっとしたお困りごとでも、こちらのサイトのお問い合わせフォームからご連絡いただければ、折り返しご連絡いたします。

Google Apps ScriptとGoogle Classroom APIを使ってGoogleクラスルームの情報を取得しスプレッドシートに書き出すスクリプトへのアクセス


この続きをみるには

この続き: 60文字

このマガジンを購読すると、記事一つあたり50%お得です!

Google Apps Scriptを活用したサンプルアプリケーションがそのまま使える! スプレッドシート等をコピーしてご自身の環境で利…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
KCompany

よろしければサポートをお願いします!いただいたサポートは、サービス開発・改善のために使わせていただきます。主に書籍代や勉強会の参加費用などを想定しています。よろしくお願いします。