見出し画像

GAS(Google Apps Script)の制限と割当(日本語訳あり)

KCompany

こんにちは!KCompany代表のケータです!

今後、Google Apps Script(以下、GAS)を活用した様々なアプリケーションを紹介していく予定ですが、本日はその前提となる制限について説明をさせてください。

GASはなんでも無制限に使っていいですよ、というわけではなく、その実行回数や時間/データサイズに制限が設けられてます。なので、アプリケーションの作成や実行にあたっては、これらの制限を考慮する必要があります。

Googleの公式サイトに最新の制限と割当がのっています。これらの値も実はずっと一定ではなく、時おり改訂されています。また、日本語を選択しても現在は英語表記となっているようです。下記に2021年1月31日現在の内容を記載しておきます(noteでテーブル表記させる方法がわからなかったので画像を貼り付けてます)

下記はGASの割り当てです。割当のカウントは太平洋標準時(PST)の0時、つまり日本時間の16〜17時にリセットされます。

スクリーンショット 2021-01-31 8.02.08

下記はGASの制限です。

スクリーンショット 2021-01-31 8.02.33

こちらにスプレッドシートの形式で確認できるものも置いておきました。

これらの前提条件を考慮した上で素敵なGASライフを送っていきましょう!

【お仕事のご依頼について】

こちらの記事に記載した内容以外にも、Google Apps Script開発やGoogle Workspaceを活用したデジタル化推進のお仕事を行っています。【GAS】そのまま使えるシリーズのカスタマイズのご相談ももちろん大丈夫です。
ちょっとしたお困りごとでも、こちらのサイトのお問い合わせフォームからご連絡いただければ、折り返しご連絡いたします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
KCompany

よろしければサポートをお願いします!いただいたサポートは、サービス開発・改善のために使わせていただきます。主に書籍代や勉強会の参加費用などを想定しています。よろしくお願いします。