daddylongbody

ヴァイオリンヴァーニッシュと色材。16-17世紀の古典オイルニスの話を中心に、ストラディバリウス黄金期のヴァイオリンニスを再現するまでの調査結果。(有)日本リノキシン http://www.nlinoxin.co.jp/

ヴァイオリンニスについてのお問い合わせの回答

最初にヴァイオリンニスを使用された方への回答です。 まずオイルニスとアルコールニスでは歴史が違います。これについてはnoteに紹介したいろいろなニスの研究者の著書を…

オーガニックと頑固な職人

いわゆる「オーガニック」指向で、エコラップを作りたいので天然樹脂を紹介してほしいという要望が多くあります。しかし天然物イコール無害という考えは間違いであるし、紙…

オイルニスへの誤解についての解説

オイルニスの特徴 ・塗装作業が簡単 ・柔らかく仕上がるがべたつきやすい  柔らかい硬いの問題は処方と溶剤の使い方硬化のし易さで決まります。  べたつくというのはその…

塗料と溶解度パラメーター

オイルニスの下地処理が重要な理由 ストラディバリウスのオイルニスは分析の結果、木材表面より中に0.2mmしか浸透していないということです。これはとても重要なことです。…

ひとこと言わせてもらいます

私はこのnoteの文の殆どを、前のブログから転写しました。主に自分の感想は言わず、文献の訳と実験結果のレポート、塗料パーツの作り方について書きました。 ここでひとこ…

ヴァイオリン製作についての持論その2

塗装については、これまでいろいろ書いたので簡単に説明はしません。 ヴァイオリン塗装についてですが、誤解と間違いは非常に多いです。 まず、1600年時にアルコールの濃度…