すみえこ

わたしらしーく 函館でできることを不器用ながら全力で🔥
    • 「荘」日誌
      「荘」日誌
      • 48本

      函館市弁天町「旧野口梅吉商店ーわらじ荘ー」と「旧西浜旅館-みなも荘-」「旧中国茶屋−きらく荘−」に住んでいる荘民が発信する日々の日誌です。 毎日の生活を10年後も笑えるような、そんな手紙をここに書き連ねます。

    • 今日の食卓の彩り
      今日の食卓の彩り
      • 1本

      「食卓」という響きはなんだか落ち着く。 私にとって食卓を囲むのは特別な存在の人たち。今日、その食卓を彩ってくれるのは何なんだろう~~

弁天町会の手つなぎ役

2021年2月26日、日差しが温かく、柔らかくなった雪が車の尾となり飛び散っていた。長い長い凍えるような冬も終わり近づいてきたと密かにガッツポーズ。2度目の古民家の冬、…

他者への不快感は、自分の嫌な部分の鏡

私が1年半函館の「荘」で複数の他者と生活を共にして感じ取ったことの一つです。 早くみんながいる家に帰りたい。早くみんなと共有したい。一緒に頑張りたい。家族みたい…

今年最後の家族の食卓はおせちだった

我が家では毎年、おせちを手作りする。わかさぎと伊達巻、かまぼこ以外 栗きんとんづくり-薩摩芋を煮て潰してみりんを加えたあのほろっと甘い香りがキッチンから食卓に漂…

’’まち‘‘のためになる空間を作りたい!

という視点も大拙ですが。 「自分・自分たち」のためになる空間を作りたいという思いもあります。 函館市弁天町わらじ荘において 自分・自分たち、延いては函館にお住ま…

「働く」と得られる「お金」と、失われる「時間」

子供の時の夢、それは ケーキ屋さんとお花屋さん、ピアノ習い始めてからはピアノの先生でした。(逆に言ったら、ピアノの先生とくらいしか学校の外で出会っていなかったの…

最近の興味... 「食と命」

洋服屋、雑貨屋どんなお店屋さんの中でも私が一番わくわくするのは食料品店。 スーパーに足を運ぶと、そこには色とりどりの野菜が季節問わず陳列されている。魚も何種類か…