見出し画像

旅が、一体何の役に立つというんだろう?【9月、アラサーフリーランス2名・ベルリン2人旅へ】

旅が何の役に立つのか、とずっと考えていたのだけれど、どうやら答えはないみたいだ。というのが現時点での結論。

でも、よく考えたら人生の大体の経験において、「意味」とかあるのか、という気持ちもある。もし人生に限りがあるのだとしたら。否、これだけは真実で、「限りはある」のだから。

私はできたら、より心地いい方に進みたい。と思って、これまで旅を続けてきた。私にとって、世界を気ままに移動して、より多くの土地で暮らす体験をする、という時間は、何にも代えがたい価値だった。

その中で何か一つ、旅が私の人生にもたらしてくれた「良いこと」を選ぶとしたら、それはやっぱり「自分との対話」だと思う。地球をひとり、小さな点を打つようにふら、ふら、と旅をして、その先でWiFiを拾って仕事をして、4年目に入った。

形式上は日本在住だけれど、どこかの土地で賃貸契約を結んでいるわけではない。帰国時に寝泊まりしたかったらホテルを予約したらよかったし、逢いたい人がいたら家を尋ねればよかったし、実家にだって、時折は帰省する。

今年の台湾、スリランカ旅の写真から

どこで、誰と、何をしても自由。それはこれ以上ない素晴らしい人生のように思えていた。

なのだれど、そろそろ「満足したぞ」という気持ちも芽生えて来た。どこかにきちんと根を張って、そこからまた旅に出られたら(これを言っているのは初めてではないけれども)。

でも、「定住」を決めるその前に。少し、悪あがきがしたいと思った。

世界をめぐる中で、旅人たちの口から「あの街はいいぞ」と繰り返し聞く場所が、いくつかある。

ドイツ・ベルリン。オランダ・アムステルダム。オーストラリア・バイロンベイに、タイ・チェンマイ(最近はそれらも「都市」化しつつあり、彼らはそこからまたさらに自然が豊かな方へ移動したりしているのだけれど)。

「どうしてだろう?」と思っていた。旅で通り過ぎるだけでは、気が付けない何かがそこにはあるのだろうと、予想はする。でも、未だわからない。そういえば私は「定住する」決心はしているけれど、「何処に」という決め手がわからないまま、ここまできた。

先輩、なんでそこに住むことにしたんですか。そんな単純な話を、街を歩きながら、きちんと肌で感じてみたかった。もしできたら、お茶でも飲みながら、誰か「その街で暮らすこと」を決めた人に、話を聞いてみるのも楽しそう。

だから、英語学習コミュニティ #EnglishChallenge を一緒に運営する最所あさみと、「ふたりで海外に、旅に出ようか」「それを、同時にふたりが綴る形で」と構想の種の話が出た時。真っ先に「ベルリンとか」って思いついた。

彼女は彼女で、別の角度からヨーロッパに興味を持っていたようなので、「いいね」ってなった。

ふたりとも、興味関心の方向も、きっと書く内容もまったく違うけれど。どこかに同じく貫く「芯」みたいなものがあるはず。だからこそ、ふたりで旅に出よう、という話も進んだ……のでは? 違う?(笑)

それを信じて、私たちは。2019年9月、つまり来月、本当にふたりで旅に出ることを決めたのだ。

私は、どの国からドイツへ向かうのか、まだ決めていない(現在はトルコにいる)。まぁ、どこかでは無事に会えるだろう。

同じものを、違う角度で。でも「アラサーフリーランス」が「これからの未来を考えるために」旅をする。自分との対話はもう十分にした。「誰かとふたりで」「対話のために」旅に出る。

何だか、楽しそうじゃないか。とりあえず一緒に更新ができるように、マガジンを作って、準備はした。名前は「Journey as a Dialog」。スタートは、また来月。

ちなみに現在は、古性のちとふたりでトルコ周遊の旅に出ています


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも遊びにきてくださって、ありがとうございます。サポート、とても励まされます。

ありがとうございます!明日は何処へ、行こうかな。
113
世界一周の旅とことば。旅と写真と文章を愛してる。2016年4月から地球を放浪しています。

コメント1件

初めまして。
旅をしながら仕事する。
とても素敵ですね✨
私もフランス人のキャプテンフェフェとフランスからヨットで出発し、大西洋を横断して、現在カリブ海の小アンティル諸島と言われる島々を旅しながら生活しております。
「旅が何故良いのか?」
これは私の個人的な考えになりますが、長い期間旅をする事で、日本から一歩出る事で、それまで知らなかった文化や食、生活習慣の違いを体験しながら生活する事で、それまでの自分の「価値観や人生観」等が大きく変わりました。そして旅をした分だけ「心の豊かさ」を手に入れられたように思います。
「ヨット生活」と聞くと、殆んどの方は、「優雅で豪華」と思われがちですが、私達の場合は比較的貧乏カップルなので、そのイメージとは大分かけ離れております。
不自由さを感じながら面倒臭い事も自分達で乗り越えながら、人との触れ合いの中で、人は「助け合いながら生きている」事も学びました。
色んな想いを込めてYouTube👉セーリング風神を立ち上げましたので、宜しければ隙間時間にご覧頂けたら幸いです。
因みに、私達は「家」の定住は考えられなくなりました(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。