マガジンのカバー画像

アートプロジェクトの現場から

219
都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」。各プロジェクトに伴走するアーツカウンシル東京の専門スタッフ「プログラムオフィサー」がそのとき起… もっと読む
運営しているクリエイター

#東日本大震災

マーシャル諸島と東北②

*①はこちらなのでぜひ呼んでね 2022年7月20日 カロク採訪記 瀬尾夏美 複雑なものを複雑な…

いろんなものが再開してきている|6/6〜6/10

2022年6月6日(月) 市ヶ谷ざんざん降りの雨。電車は遅延。『最期の声 ドキュメント震災関連…

東京を歩き始める

2022年5月9日  カロク採訪記 瀬尾夏美 東北からふるさとに戻る ついに東京を歩き始める。…

思考のスケールを変えることで対象との距離は変化する|5/30~6/3

2022年5月30日(月) 自宅予定していたZoomミーティングが明日にリスケになる。ここぞとばか…

対談動画「3.11からの眺め」が公開されました。

P3 art and environmentの芹沢高志さんとの対談動画が公開されました。今年の3月にリリースさ…

「絵図」を共有するやりかたが必要なのだろう|2/21〜2/25

2022年2月21日(月) 自宅在宅で終日パソコンに向かう。Zoomのミーティングはひとつ。あとは…

災禍のなかで読み返す|東北の風景をきく『FIELD RECORDING』vol.04から

まもなく、11年目の3月11日を迎えます。 アーツカウンシル東京では、2011年から2021年までArt Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)に取り組んできました。 その一環として、2017年からは、震災後の東北の変化を捉えようとジャーナル『FIELD RECORDING』を発行してきました。「東北の風景をきく」をテーマに、2021年3月まで5冊を制作しました。いずれもウェブサイトでPDFを閲覧いただけます(着払いで郵送

スキ
4

文化を「10年単位」で考える(3月11日を前に)

2021年の3月11日が近づくにつれて「あれから10年」という言葉を目にすることが増えてきました…

時間が、経ったからこそ

2月13日に福島県沖を震源とするM7.3の地震がありました。みなさん、ご無事でお過ごしでしょう…

震災後に生まれた知恵や技術が“声”となって交差する「10年目をきくラジオ モノノーク」第9回は1月23日(土)21時から。ゲストは日比野純一さん(FMわぃわぃ)、柳美里さん(小説家、劇作家、ブックカフェ・フルハウス店長)です。 https://www.youtube.com/c/mononook

震災後に生まれた知恵や技術が“声”となって交差する「10年目をきくラジオ モノノーク」第8回は12月26日(土)21時から。「世界の今日」はニューヨーク・茨城在住の恩田晃さん(音楽家、アーティスト)、マキカオルさん(写真家)です。 https://www.youtube.com/c/mononook

日々、葛藤のなかで書いています|11/3〜11/9

緊急事態宣言のなかで始めた日々の記録。火曜日から始まる1週間。仕事と生活のあわい。言える…

この経験の何を忘れないようにすればいいのか|10/27〜11/2

緊急事態宣言のなかで始めた日々の記録。火曜日から始まる1週間。仕事と生活のあわい。言える…

震災後に生まれた知恵や技術が“声”となって交差する「10年目をきくラジオ モノノーク」第7回は11月28日(土)21時から。ゲストは、イタリア・ベネチアからTae Cimarostiさん(文化人類学)、歴史社会学者の山内明美さんです。 https://www.youtube.com/c/mononook

スキ
2