NOOK(のおく)

さまざまな地域や人びとと協働しながら記録をつくる団体です。 リサーチ・映像・写真・編集・配信・ワークショップ・イラスト・展覧会・書籍などの専門性を活かし、ドキュメンテーションの実践を試みます。 Web:http://nook.or.jp

NOOK(のおく)

さまざまな地域や人びとと協働しながら記録をつくる団体です。 リサーチ・映像・写真・編集・配信・ワークショップ・イラスト・展覧会・書籍などの専門性を活かし、ドキュメンテーションの実践を試みます。 Web:http://nook.or.jp

    マガジン

    • カロク採訪記

      東京の災禍の歴史をたどり、それに向き合う人びとと出会い、記憶の地層を掘り起こす。2022年からはじまった事業「カロクリサイクル」に関わるレポートです。 https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/creation/hubs/karoku-recycle/52796/

    最近の記事

    都市の暮らしを守る(さて、どうやって?)

    2022年7月24日 カロク採訪記 瀬尾夏美 頼りない堤防 中学生の頃から南北線ユーザーだけど志茂駅で降りるのは初めて。 地上に出た瞬間、日差しが刺さるように痛いし、延々とまっすぐな北本通りも不愛想な印象でついよろける。 とはいえ、実家にいた頃に使っていた隣の王子神谷駅も北本通り沿いで、印象が似ているので親近感はある。 どちらの駅も近くにはコンビニと数件の飲食店が見えるのみで、駅前という空間がない。 日々、自宅から都心へと直通でもくもくと行き来し、たんたんと働いて帰宅する

    スキ
    23
      • 【レポート】テレビノーク#1

        8月18日に、テレビノーク#1がありました。 放送をご覧なりたい方はこちらから👇 今回はゲストに荒川区の治安を守る自称ヒーローでミュージシャンのhonninmanさんをむかえて、7月30日、8月13日におこなったワークショップ「記録から表現をつくる」の話を中心におしゃべりしました。以下、軽く振り返っていきますー。 最初は初日のワークショップで参加者に共有した「記録から表現をつくるとは?」ということについて、パワポを使って瀬尾が説明します。表現物には記録性が含まれてしまう

        スキ
        5
        • 力を持たない人びとの戦争と災禍

          カロク採訪記 2022年7月23日 磯崎未菜 ”Obviously all the refugees are women and children."2022年1月24日に、「ウクライナ情勢が緊迫するなか、米国防総省が、戦闘準備が完了している8500人規模の米軍部隊をいつでも派遣できる態勢を整えていると明らかにした」というニュースをBBCで観た。その時はじめて、いよいよ本当に戦争がはじまってしまうような事態なのかと思い知って背筋が凍った。夜、友達と電話で話したのを覚えている

          スキ
          8
          • 守られて見えなくなること、つながることで見えてくること

            カロク採訪記 2022年7月22日 中村大地 プラス・アーツ東京事務所へこの日は、アーツカウンシル東京の大内さん、李青さん、ニキアンさんと、NOOKは瀬尾さん、磯崎さんと、そこそこの大所帯で、NPO法人プラス・アーツの東京事務所を訪ねた。 NPO法人プラス・アーツ(以下、プラス・アーツと表記する)は、阪神淡路大震災から10年が経つタイミングをきっかけに神戸で生まれたNPO団体で、現在は“防災の楽しさを、世界中のみんなに”を掲げ、「イザ!カエルキャラバン」や、「地震ITSU

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • カロク採訪記
            NOOK(のおく)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            マーシャル諸島と東北②

            *①はこちらなのでぜひ呼んでね 2022年7月20日 カロク採訪記 瀬尾夏美 複雑なものを複雑なまま捉える インタビュー映像を見ていたらまたどこかの小学生軍団が入ってきた。 ボランティアガイドが事故の概要と展示について説明しているのを、彼らは体育座りでうんうんと頷いて聞いていた。 話が終わると小さなグループになってあちこちに散り、怖いねえとかすごいねえとか言いながら展示室を動き回る。 たとえすべての文脈がわからなかったとしても、この場所を訪れたからこそ受け取れるものが確

            スキ
            24

            マーシャル諸島と東北①

            2022年7月20日 カロク採訪記 瀬尾夏美 夢の島公園という場所 新木場駅で礒崎さんと合流して、じりじりと暑い平らな地面を歩く。 味気のない明治通り沿いをひたすら進んでいると全身から汗が吹き出てくる。 こんなに暑くて大丈夫なの? ヨーロッパでは気温が40度を越え、あちこちで森林火災が起きている一方で、SNSには、洪水によってまちが壊れていく映像が各国から投稿されている。 暑すぎて何にも考えらんないよねえという会話にならないやりとり。 暑い日には暑いという言葉しか出てこな

            スキ
            44

            「正しい歴史」の見分け方?

            2022年7月19日 カロク採訪記 磯崎未菜 歴史につく名前 私たちが学校で学んでいる「日本史」科目は、戦前は「國史」という名前だったそう。 「日本史」と「國史」、英語に訳すならThe History of JapanとHistory by Nation。 「國史」の方は旧字体の「國」が使われていてちゃんと前時代的な感じがするけど、実は言葉として得体が知れないのは「日本史」の方かもしれない。と思うのは、一体それをだれが語り、叙述している歴史なのかがよくわからないからか。

            スキ
            7

            末端の人の気持ちを想像する

            2022年7月18日 カロク採訪記 中村大地 ほんとは行くつもりだったうだるような日差しの中で、早稲田にあるアクティブ・ミュージアム~女たちの戦争と平和資料館を目指していた。この一週間で5月のときのように東京都内の様々な資料館を巡る予定でいた。18日(月)は海の日だったので、翌火曜日に多くの資料館が休みになる(たいがい、多くの資料館は月曜日が休館だ)。だから事前に確認して、月曜日営業のアクティブ・ミュージアムで待ち合わせることにした。 一足先にAVACOキリスト教会館につい

            スキ
            3

            【レポート】テレビノーク#0

            2022年8月7日 中村大地 新番組、はじまりました。 久しぶりの更新になってしまいました。 7月3日の20時に、NOOKがカロクリサイクルの活動についてゆるゆるとおしゃべりしていく、テレビノークという配信番組がはじまりました。 本編はこのリンクから見ることが出来ます。👇 以前からNOOKのYoutubeチャンネルをご覧の方(稀有だと思われますが)には、以前瀬尾と中村がやっていた「ラジオノーク」という番組が動画になった、と思って貰えればと思います。 第一回はその名も

            スキ
            2

            ふたつの災禍の痕跡を辿る

            2022年5月14日 カロク採訪記 瀬尾夏美 下町地域のまち歩き、ふたつの災禍をめぐる 東京空襲と関東大震災の記憶を辿るまち歩き(公益財団法人東京慰霊協会主催)に参加。あいにくの雨。 関東大震災:1923(大正12)年9月1日、推定10万5千人が死亡 東京空襲:東京都は1944年(昭和19年)11月24日から1945年(昭和20年)8月15日までに、106回の空襲を受け、推定11万5千人以上が死亡。とくに3月10日の下町地域への空襲では、推定10万人以上が死亡。   集

            スキ
            16

            場はどうひらかれる?

            2022年5月13日 カロク採訪紀 磯崎未菜 開催中の展覧会をまわってみよう 東京を歩き始めて5日目の今日は、NOOKの表現手法の一つである展覧会という形式について改めて考えてみようということになって、開催中の美術展をいくつかまわることにした。 昨日まで一緒だった中村くんは用事があったので、朝、瀬尾さんと二人で清澄白河駅待ち合わせ。ぱらぱらと雨が降っていて少し肌寒かった。 半蔵門線の改札を出て、道路の隅の方で瀬尾さんを待っている間、両手を広げてぐるぐると回りながら何度

            スキ
            3

            私たちの生活と、そばにある版画

            2022年5月12日 カロク採訪紀 磯崎未菜 町田市立国際版画美術館へ 今日は午後から町田市立国際版画美術館に行った。 メンバーは変わらず、NOOKメンバーの瀬尾さんと中村くんと私の3人。 町田市立国際版画美術館は町田駅から歩いて15分くらい。ここには版画作品を鑑賞するだけではなく、実際に作るための一般工房とアトリエがあり、一般開放されている。版画制作に明るくない人のための実技講座も開催されているので、以前から機会があれば参加してみたいなと思っていた。(施設利用のための

            スキ
            7

            道が語ること

            2022年5月11日 カロク採訪記 中村大地 東京水道歴史館へ この日は市ヶ谷にある東京都水道歴史館へ。江戸時代から400年に渡る東京都内の治水の歴史が建物二階に分かれて事細かに展示されている。二階の江戸上水のフロアでは、幕府がどのように江戸の街に水道を引き、整えていったのかを、木樋と呼ばれる木製の水道管の実物など、もの資料を交えて解説していく。江戸城が建てられたエリアは、もともとの水質が悪く、上水の確保は大きな課題だった。そういえば、小学生時分に読んだ学習まんが「日本

            スキ
            1

            遊就館からしょうけい館

            2022年5月10日 カロク採訪記 中村大地 遊就館へ10日は午前中に集まって靖国神社内にある遊就館へ。筆者は生まれも育ちも東京ではあるものの、今回はじめて靖国神社に入った。勝手になにかものものしさのようなものを感じて緊張する。茂る木々の一つひとつに書けられた陸軍士官学校第〇〇代記念植樹、というようなネームタグ。入り口の脇にある“特攻勇士を讃える”と書かれた少年兵の銅像には、ワンカップや紙タバコが供えられていた。 遊就館は博物館法の適用から外れた「宝物館」と呼ばれる施設で

            スキ
            3

            東京を歩き始める

            2022年5月9日  カロク採訪記 瀬尾夏美 東北からふるさとに戻る ついに東京を歩き始める。ついに、とあえて言う。 22歳からの11年間は東北にいて、この春、ふるさとである東京に戻ってきた。東北では、津波の後の沿岸部や台風被害に遭ったまちに通い、土地に根付いて生きる人びとの話を聞き、記録してきた。 もちろん、災禍の記憶だけではない。日々の暮らしについて、生業(田畑や山仕事の話などが印象深い)について、風景について、土着的な信仰や民話について、受け継がれてきた郷土の資料に

            スキ
            26

            書籍「10年目の手記」出版!記念トークイベントまとめ

            2020年度に実施した「10年目をきくラジオ モノノーク」。 企画内でみなさんからお寄せいただいた「10年目の手記」が、このたび本になりました。 「10年目の手記 震災体験を書く、よむ、編みなおす」。「生きのびるブックス」さんより、2022年3月11日発売です! 東日本大震災から10年。これまで言葉にしてこなかった「震災」にまつわるエピソードを教えてください。わたしたちの呼びかけに応じて、暮らす土地も被災体験も様々な、全国の人びとからたくさんの「10年目の手記」が届きまし

            スキ
            9