大内伸輔(東京アートポイント計画)

(公財)東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京所属。東京アートポイント計画プログラムオフィサー。2009年の立ち上げ期より現職。現在はチームのとりまとめを担当。趣味は田植えと選曲。
    • アートプロジェクトの現場から
      アートプロジェクトの現場から
      • 94本

      都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」。各プロジェクトに伴走するアーツカウンシル東京の専門スタッフ「プログラムオフィサー」がそのとき起こったこと、考えたことをお届けします。

    • 東京で何かを「つくる」としたら?
      東京で何かを「つくる」としたら?
      • 7本

      “東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけのもと、「ナビゲーター」と、公募で集まった「メンバー」がチームとなり、リサーチや実験を繰り返しながら新たなプロジェクトの核をつくる試み、「東京プロジェクトスタディ」についてお知らせしていきます。

    • ジムジム会(事務局による事務局のためのジムのような勉強会)
      ジムジム会(事務局による事務局のためのジムのような勉強会)
      • 16本

      「事務局による事務局のためのジムのような勉強会」こと「ジムジム会」の記録用マガジン。東京アートポイント計画に参加する9つのプロジェクト事務局とともに、集まって考えた勉強会のレポートや、実験してみたことをお届けします。

    • アートプロジェクトの予習復習
      アートプロジェクトの予習復習
      • 1本

解決のヒントはおとなりさんがもっている。ジムジム会をひらいてみよう。

「東京アートポイント計画」参加団体(芸術文化や地域をテーマに活動するNPO法人や社団法人など)とともに、プロジェクト運営事務局に必要なテーマを学び合うネットワーキ…

文化を「10年単位」で考える(3月11日を前に)

2021年の3月11日が近づくにつれて「あれから10年」という言葉を目にすることが増えてきました。「あれから」の「あれ」は2011年(平成23年)3月11日14時46分18.1秒に発生し…

文化を「10年単位」で考える(TERATOTERA編)

10年前、2011年2月5日の写真です。場所は吉祥寺の井の頭公園。2010年2月にスタートしたアートプロジェクト「TERATOTERA」、初の屋外大規模プログラム「TERATOTERA 祭り 大…

応答のクリエイション

2021年の1月になりました。未曾有の疫病とも向き合い続けることはや1年。年明け早々に再びの緊急事態宣言。東京アートポイント計画の各現場でも対応に追われる日々です。 …

予習復習、創造拠点としての「はらっぱ」

トップの画像は、昨年の今頃の「HAPPY TURN/神津島」の拠点「くると」の庭です。2019年10月、台風の直撃を受け、プロジェクトの立て直しが必要なタイミングで2年ぶりに担…

予習復習、「見えない(国)境、壁」を考える。

7月からアートプロジェクト「東京で(国)境をこえる」(以下、(国)境)の担当になりました。東京アートポイント計画として立ち上げて現在2年め、コンセプトや体制、実施計…