マガジンのカバー画像

noteで見つけた素敵な記事

112
運営しているクリエイター

記事一覧

展覧会は刹那的、だから図録を作るのです

展覧会図録を作るのは、楽ではありません。お金もかかります。手間もかかります。 そして図録…

カルースト・グルベンキアン 20世紀最強のコレクター

カルースト・グルベンキアン(Calouste ・S・Gulbenkian 1869~1955)の名前を知っている人…

絵画とファッション 「スコットランド国立美術館展」で描かれた衣装について。

土曜日の夜にスコットランドへ行ってきました! といっても実際に行って来たわけではなく、「…

鑑賞者が見つける 自分だけの楽しみ方

「まるで森の中を歩いているように気持ちがよかったの。風、雲、木々の匂いや水の音を感じて……

Le yusée
1か月前

アーティストの自画像

自己の追求 アーティストの自画像って面白いと思うのだけれど。 自分で自分の姿を描くって容…

yokoFrance
1か月前

秋野不矩の描くインド

手持ち絵葉書の紹介3枚目(2枚目は葉書じゃなかったけど)は、秋野不矩です。 見出しの葉書…

AIでどこまでメカデザインできるか試してみた。かなりヤバかった。

ひたすら命令をチューニングして、カッコいいロボのコンセプトアートを作る実験。 以下、AIに平文で命令して作ったロボットのスタディ。(光やパーツ分割線は僕の趣味丸出しなので、これ系のロボットしか作れないわけではないです)。 Open-AIのDALL-E2、Disco Diffusion、MidJourneyなどなどから、自前のStyleGanやVQGan系を試したりClip系を試したり… 色々やって、よいパラメーターや命令の仕方がわかってきました。やはり、自分で実装やコー

スキ
421

マリー・ローランサン対ココ・シャネル

フランスの美術館見学をより楽しくするには: パリ、オランジュリー美術館編 パリのチュイル…

yokoFrance
1か月前

【東京建築】2022年上半期人気BEST10!

「今度、東京に行くのでオススメの建築ありますか?」というDMを、最近、インスタアカウントあ…

毎朝5分のアートニュース 1周年

2021年から始めたClubhouseの番組『毎朝5分のアートニュース』が、昨日で2年めに入りました。…

あづまっくす
1か月前

ボルディーニの描くベルト・モリゾ

プティ・パレに行って<ボルディーニ展>を観てきた。先ずは全体の感想としては<良かった>、もち…

yokoFrance
1か月前

日本画家-池田輝方の画業

日本画家-池田輝方の画業池田輝方(いけだてるかた、1883年(明治16) - 1921年(大正10)/日…

artoday - chiaki
1か月前

伊東深水とモダーンな美人画

伊東深水とモダーンな美人画伊東深水(いとう しんすい、1898(明治31) - 1972(昭和47)/大…

artoday - chiaki
1か月前

(今日の一枚)伊東深水:「つめ」

「つめ」 タイトル:「つめ」(爪) 伊東深水-1936年(昭和11年) 新版画(250部)43.7× 28.6 cm 伊東深水(いとう しんすい、1898(明治31) - 1972(昭和47)/大正昭和期の浮世絵師、日本画家、版画家) 伊東深水は、鏑木清方を師として、歌川派浮世絵の正統を継いでおり、日本画独特の柔らかな表現による美人画が著名であり、美人画家の一人だ。 戦後には多くの作品が複製版画となり、また、題材の選択と、主婦の友などの付録ともなり、その作品が、身近に人々

スキ
72