月崎時央 編集

月崎時央1959年千葉県出身 医療ジャーナリスト・オンラインファシリテーター。『メンタル・サバイバー・チャンネル』主催向精神薬薬について調査し、服薬体験者インタビューと減薬 ZOOMコミュニティを運営https://www.facebook.com/tokio.tsukizaki
    • 痛みダイアローグ 睡眠薬・抗不安薬の減・断薬との関係

      • 18本

      睡眠薬・抗不安薬などベンゾジアゼピン系の薬物で精神や身体的な不調を訴える方は少なくありません。特に「痛み」の問題は深刻です。 このマガジンではベンゾジアゼピンを減薬する過程の方、または断薬を終えた方が感じる「痛み」について当事者の経験を集めていきます。特にベンゾジアゼピンを短期間で断薬した経験をもつ方に離脱症状としての痛みを感じている方が多いように思えます。 一人ひとり心身の状態も服薬してきた薬も異なるという前提の元で、いろいろな体験を持つ方の状態を記録、また参考になる資料などを掲載していきたいと思います。

    • ゆっくり減薬のトリセツ 向精神薬を さらに深掘り

      • 18本

      医療ジャーナリスト&オンラインファシリテータの月崎時央です。 私は2019年秋に、冊子『ゆっくり減薬のトリセツ』(lamappa企画)を発刊しました。 この冊子は、メンタルの不調から回復していく方法を模索するために作った向精神薬の取り扱い説明書です。 私は向精神薬の長期多剤処方の弊害を調べています。向精神薬はできれば服薬しない方がいいし、服薬しても早い時期に丁寧に調整し、減薬した方がいいという立場で情報を発信します。 冊子は発刊から約1年が経とうとしています。今回冊子の内容をより深め、また進化させていくために、さらなる取材と編集を加え更新して紹介していくための動的なメディアとしてこのマガジンを発刊します。 すでに精神科受診歴が長く向精神薬を服薬している方、あるいは現在メンタルの不調を抱えて、精神科受診を検討している方、どちらにもお役に立てるマガジンにします。 ぜひお読みください。

    • ねこのけはいがあるよこがき五行歌  かしゅう

      • 12本

      猫と暮らしていても、猫と暮らしていなくても、猫のけはいがあるっていいなと思う人がつくった 歌をのっける 五行歌のかしゅうです。

    • 向精神薬を減薬・断薬したサバイバーたちの物語

      • 0本
    • 向精神薬の減薬に取り組むお医者さん インタビューマガジン

      • 3本

      精神科で問題となっている向精神薬の多剤処方。副作用も強く減らしていくのが大変な薬です。個別性が高く困難な減薬という治療に取り組む全国の医師を、ジャーナリスト月崎時央がインタビューしていきます。減薬には1つの特定の方法はないようで、医師によって考え方や方法も少しずつことなります。できるだけ多くの医師を取材して、様々なアプローチを患者さんに紹介していきます。

    • すべてのマガジンを表示

PEKOの減薬物語 Vol.10 2021.11.21  医師によって異なる睡眠薬の処方に振り回され、混乱が続く日…

眠れなければ処方を気軽に増やす医師高齢者施設の精神科医に、「今までのあなたの睡眠時間を考えると、この薬が効きすぎて夜中トイレに行くときふらつきがでるかもしれませ…

+2

オンラインWRAP 2021.10.24      調子が悪くなっている時

本日のオンラインWRAPは調子が悪くなっている時の対処方法をみんなで共有しあいました。ハロウインが近いのでみんなで仮装して参加したらなんだか楽しくワクワクしました。…

ドクターインタビュー 別府宏圀 医師    (横浜ソーワクリニック勤務医)    ベンゾジアゼピンの減薬を支援していま…

アシュトンマニュアルの監訳をきっかけに、現在横浜で減薬希望者の診察もおこなっている別府宏圀医師。薬害問題について様々な活動をしてきた別府医師の提案で、専門家有志…

+1

ドクターインタビュー 増田さやか医師 (まごころ診療所 愛知県名古屋市) 2022年春、岡崎市に診療所を開設します!

減薬をサポートする医師として、全国から様々な患者さんがコンタクトを希望している増田さやか医師。2022年4月に岡崎市内で精神科クリニックを開業予定です。減薬治療をス…

+1

ドクター・インタビュー        関原芳夫医師            (新潟県見附市 お元気でクリニック院長)   …

関原先生は新潟県見附市で、心療内科, 漢方内科, 脳神経外科, 老年内科を標榜するクリニックを開設し、向精神薬のことで相談に来る患者さんに減薬の治療も行っています。…

PEKOの減薬物語 Vol.9 2021.10.04  回復を求めてめまいの専門医、内科医、精神科医をめぐるが混乱…

2019年、春 睡眠薬レンドルミンでほとんど効果がなくなってしまっていた私に眩暈の主治医は、 「私は睡眠薬に詳しくないので内科に行って相談してきたら?それで合う薬が…