吉野貴博

「トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話」のシリーズなんですが、A君は全員別人です。話が変わるたびにB君C君D君としていくと、アルファベットが話数みたいでキリがないなと思ってA君表記で固定したのです。

吉野貴博

「トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話」のシリーズなんですが、A君は全員別人です。話が変わるたびにB君C君D君としていくと、アルファベットが話数みたいでキリがないなと思ってA君表記で固定したのです。

    最近の記事

    使ってないとき?何が?:トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話

     トイレには行かない方がいいんじゃないかって話なんですけどね、いつもとは違うことがあって、その最中に異変が起こるトイレには行かない方がいいと思うんですよ。  話を持ってきたのはA子さん、会社員なんです。  A子さんの務めている会社は、小さな五階建て自社ビルの三階、四階、五階の三フロアで仕事をしていまして、一階と二階を貸しています、A子さんの部署は四階にあります。  ある日社長がやってきまして、五階を丸々リフォームすることになって、終わるまで五階の部署が三階と四階で仕事をする

    スキ
    3
      • 禍話リライト「死んでいくビデオ」

         話を持ってきたのは伊藤さんという女性なんですけどね、大学生の時、嫌な思い出があるっていうんですよ。  サークルが、上級生のパワハラが結構あるサークルだったんですって。  いろいろ楽しいことをしようっていうサークルだったんですけど、どんなパワハラがあったかというと、先輩達、残虐系の映画が大好きだったんですよ、「デス・ファイル」のような、本物の死体を映しているような映画を飲み会に持ってきて後輩に見せるんです。  肉を食べているところにそういう映画を見せる。  さらに西暦2000

        スキ
        31
        • 映画「N号棟」を見てきました。まぁまぁネタバレあり。

           えーと、話自体は面白かったし、役者さんもすごいなとは思いましたが、主人公三人の馬鹿さ加減に感情移入が一切出来ず、あーこりゃ地獄行きだわーと呆れて見ていました。  帰ってきて禍話かぁなっきさんの考察を聞いてようやく「あぁ、そういうことだったのか」と腑には落ちたんですけど、それでもねぇ。  そもそも公式サイトはポルターガイスト現象を謳っていて、死とか霊とかで話が終始して、で考察聞いたら多重人格がテーマって、騙されるよな。でもそれには文句ないんです、それはそれで「なるほどね」なん

          • 頭の中のトイレ:トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話

             トイレには行かない方がいいんじゃないかって話なんですけどね、勝手に頭に浮かんでくるトイレには行かない方がいいと思うんですよ。  話を持ってきたのはAさん学生なんですけどね、私が書いた〝入眠時心象〟を読んで話を持ってきてくれたんです。  入眠時心象とは何か。  布団に入って目を閉じましてね、頭ははっきりしてます、眠気はありません、眠ってません、そこで、まぶたの裏に映像が見えるんです。  いやそれ眠ってるんじゃないの?気がついてないんじゃないの?と思う人、いるでしょう、とこ

            スキ
            6
            • 禍話リライト「死んでいくビデオ」

              スキ
              31
              • 映画「N号棟」を見てきました。まぁまぁネタバレあり。

                1か月前
                • 頭の中のトイレ:トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話

                  スキ
                  6
                  1か月前
                  • こういうのは禍話禍ホームではないよね?「ふとした取り返しのつかないこと」

                     私の父は長いこと勉強会に行ってました。  宗教ではない、心の平安について話し合う勉強会だと言ってましたが、私も兄も母も一度も誘われたことはなく、どんな勉強会だったかは解りません。  しかし父が癌になり、入院し、苦しむようになったとき、何回か先生とお弟子さんが病室に来ました。  父はベッドで泣きながら感謝をし、先生が手をかざすと心底安心した顔になり、苦痛が消えるようでした。そんな父を見て私はこの先生が本当に凄い人なのかと驚く一方で、家族にも見せたことのない安堵の顔を見せ

                    スキ
                    10
                    • 山口つばさ「ブルーピリオド」12巻読んで

                       ランダムであちこちの感想を読んだんですが、1巻に出てきたあの質問に絡めている人が見られないことに驚きました。  124ページかな、ノンブルが書かれてないので違うかもしれませんが、海野さんの質問 「つーか前から思ってたんすけど、そもそもデッサンって必要なくないですか?」「ネットにはデッサンやったことなくても上手い人なんていくらでもいますよ」  この質問に対して先生は 「デッサンをすれば絵は上手くなる、でもやらなくても絵は上手くなります」 「そもそもデッサンとは、形、空間、質感

                      • 傘の男:トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話

                         トイレには行かない方がいいんじゃないかって話なんですけどね、得体の知れない物に出会ってしまったら、トイレに行くのは悪手だと思うんですよ。  話を持ってきたのはA君男性なんですけど、仕事が終わってまぁまぁ普通の時間に家に帰ることになりました。普通の時間ってのは別に遅い時間でもないってくらいです。  電車に乗って、家の最寄り駅で降りたんですけど、トイレに行きたくなりました。もう少し早ければ駅のトイレで済ませるのですけど、もう改札を出てしまいましてね、駅ビルにあるトイレは迂回し

                        スキ
                        13
                        • フェイクドキュメンタリーQ考察その2

                           まず最初に、フェイクドキュメンタリーQは、大勢の人が考察を行っていて、多くの指摘をしております。私もそれら大勢の指摘を読んで、納得したものの中から自分の考えを組み立てております、「全部自分が考えたんだ!」なんてことはさらさら思っていません。  大勢のフェイクドキュメンタリーQを好きな人たち、考察者さまに感謝しています。  ありがとうございます。 フェイクドキュメンタリーQを考察するにあたって私が一番気になったのが、ドラマ内の登場人物が生活活動している「作中世界」と、現実に

                          スキ
                          10
                          • #フェイクドキュメンタリーQ # pro9ramQ「似顔絵」で解ること

                            「似顔絵」冒頭でモザイクがかけられているけど、旦那さん:秀男さんは兵庫県に在住している、これは確実でしょう、 語り手のNさんが警察の行方不明者情報掲載ページを開いて、三人は〝秀男さんと同じ市内で行方不明になった〟と言っている、これは秀男さんが住んでいる市内なのか、秀男さんが散歩した先の市内なのか、ここは解らないけど、 どうも三人とも行方不明者情報掲載ページの構成が同じなんですね、モザイク掛かってるけど青地のバーがあって顔写真の位置とその左側の文字欄。なので同じ県の警察のペ

                            • サロンの怪談と結社の怪談

                               昔、何の本で読んだのか覚えてないのですが、 「劇場のことを hall と言うのは何故?」という問いに、 「昔々は、演劇も音楽も市井の人が生活の中でやる(楽しむ)ものだった、その練習の場所も発表の場所も各自の家の居間(hall)でやるものだった、それが町全体で盛り上がったり、上手い人のところに人が集まるようになって個人の家、居間では捌ききれなくなったので、専門の建物を建てて「みんなの居間(hall)と呼ぶようになった」と読んだことがあります。  もちろん今でいう「諸説ある」う

                              • 車の運転中は前方に集中しましょう:トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話

                                 トイレには行かない方がいいんじゃないかって話なんですけどね、それこそ赤い服を着た女の人は、トイレに行かない方がいいんじゃないかって思うんですよ。  話を持ってきたのはA子さん、女の人なんですけどね、  ある日、彼氏さんと一緒にドライブしていましたら、帰り路でささいなことで喧嘩しちゃって、険悪な状態になったんですって。  お互いムスッと黙っちゃって、彼氏さんが黙々と運転してA子さんを家に送り届けようとしていたんですけど、その途中でA子さんトイレに行きたくなって、彼氏さんに「

                                スキ
                                15
                                • あなたの知らない理(ことわり)、私も知らない理

                                   トイレには行かない方がいいんじゃないかって話なんですけどね、話を持ってきたA君の意見では、トイレには象徴的な意味で行かない方がいいと思うっていうんですよ。  そりゃトイレには行きますよ、行かなきゃしょうがないですけどね、ご不浄とか部屋主の生活態度とかが見えるとか、そういう意味じゃなくて、トイレって特別な場所じゃないですか、銀行強盗なんかで立て籠もる奴も誘拐監禁する奴も、犯罪に手を染める時点で酷い奴なのに、トイレに行きたいって言われたらその間は拘束しない、自由にさせる、  

                                  スキ
                                  2
                                  • 誰が建てたんだよって話:トイレには行かない方がいいんじゃないかなぁ、というお話

                                    「トイレには行かない方がいいんじゃないかって話」なんですけど、全然禍々しい話ではないので「禍話」のタグは付けていません。  トイレには行かない方がいいんじゃないかって話なんですけどね、登山で有名でもない山の道にあるトイレには行かない方がいいんじゃないかと思うんですよ。  話を持ってきたのはA君で、天体観測を趣味にしている人なんです。  とあるパーティでたまたま知り合った人に世間話で天体観測をしていることを言いましたら、その人が幼い頃住んでいた村にとても見晴らしのいいとこ

                                    スキ
                                    3
                                    • 「施(ほどこし)」

                                       こんな夢を見ました。  大学のサークルで上級生から 「TSUTAYAの向こうにある小学校のバザーに出店することになった。お前らそこまで荷物を運べ」と言われ、校門前に積まれた荷物を運ぶことになりました。  私は自転車のサドルに、抱えるほどの大きさで、それなりに重い荷物を一つ乗せ、ハンドルを押して運ぶことにしました。同じ学年のAが荷物が落ちないように押さえて一緒に歩き、あと四人がそれぞれ荷物を持って出発しました。  今の時代、全国チェーン展開している店は独自カラーの看板を遠く

                                      • 神様の話(とりあえずここまで)

                                         2021年の12月ごろでしたか、函館から帰ってきてからです、YouTube トップページを開きますと、日本の某島が「神の島」と銘打って数多く表示されたんですよ、パワースポットとしての紹介だけでなく、その島に来た神様がどんな神様か、島民がどんな儀式をやっていたか等々、詳細な動画がずらっと並びまして、私は呼ばれているのか?あるいは島の人が観光客を呼びたくて広告代理店に依頼してキャンペーンが始まったのか?と解らないんです。  一週間ぐらいで大量の紹介は表示されなくなりました。  

                                        • 神様の話(6)

                                           白奈さん@shilona467 という方がYouTube で「【零怪らじお】妖怪怪説・民話伝承・怖い話都市伝説(兎深白奈°467)」というのをやってましてね、 https://www.youtube.com/channel/UCaOg6uVul4Zz8_WOfo3EAVw/videos いまは地獄のことを言っていまして、聞いて思ったんですけど、  日本人が地獄をイメージして思い浮かべるのって、仏教の地獄だと思うのですよ、次にキリスト教の Inferno 、ならば神道で悪人が