カワムラケンジ(THALI)

10代半ばから数々の飲食の現場を経験し、20代半ばで物を書き始める。現在はスパイス料理研究家。1991年『P・AGE・BARA』(大阪府箕面市)開業、98年日替わりインド定食の店『THALI』(三重県松阪市)などなど。お店が大好き。店をやっているすべての人を尊敬してやまない。

〖魚河岸鰻遊〗⑤軽子が行く

『ソトコト』2005年11月号№77生原稿(編集者に渡す前の原稿)  先日、10数年ぶりにターレーに乗った。ターレーとは、車体の前方に直系1mほどの円柱型のエンジンがついて…

〖魚河岸鰻遊〗④食い倒れグランドスラム

『ソトコト』2005年10月号№76生原稿(編集者に渡す前の原稿)  当時20代前半の僕にとって魚河岸という場所は、中央市場というよりも食い倒れのグランドスラムといった感…

〖魚河岸鰻遊〗③築地スピード

『ソトコト』2005年9月号№75生原稿(編集者に渡す前の原稿)  僕はいつものように朝5時08分の東武伊勢崎線竹ノ塚駅発、日比谷線中目黒行きの先頭車両に飛び乗る。そして…

〖魚河岸鰻遊〗②タレに思いを

『ソトコト』2005年8月号№74生原稿(編集者に渡す前の原稿)  ある平日の夕方6時頃。足立区竹ノ塚駅から歩いて5分のところにあるアパートの2階で僕は鍋を睨んでいる。毎…

〖魚河岸鰻遊〗①築地の神様

『ソトコト』2005年7月号№73生原稿(編集者に渡す前の原稿)  2005年5月某日、僕は築地魚河岸横にある波除稲荷神社のご本殿の前に立ち、ポケットにあった10円を賽銭箱に…

裏町の大衆中華 『新大蓮』のチーフ 27

最終話 7.はちきれそうな卒業の杯  ある夜、『新大蓮』に家族同然の仲間の中心人物である浅賀がやってきて、いい加減に夢を追うのをやめてお金になる仕事につけ、と諭…