見出し画像

観光あり、ご当地グルメあり、マスコットあり。仕事ぬきで旅とフットボールを楽しんだ日々〜わが家の「特別でない夏」を振り返る

 西新宿の百合子が言うところの「特別な夏」が終わろうとしている。とりあえず今年は、取材も旅行も実家への里帰り(といっても都内だが)も断念。「命に関わる危険な暑さ」の影響もあり、さながら緊急事態宣言のときのようにカミさんとステイホームを続けていた。2020年の夏は、永遠に忘れることのない夏になりそうだ。

 今年が「特別な夏」でなかったら、わが家は例年のように旅に出ていたはずだ。iPhoneのアルバム機能を開けば、毎年この時期の思い出が次から次へと蘇ってくる。観光あり、ご当地グルメあり、マスコットあり。仕事ぬきで旅とフットボールを楽しんだ日々。前回のコラムとは真逆のテーマで、今回は個人的な「特別でない夏」を振り返ってみたい。

宇都宮徹壱ウェブマガジン
https://www.targma.jp/tetsumaga/

【2019年 松本】

画像1

 以前、こちらに書いたとおり、去年の今ごろは信州松本の夏をとことん堪能していた。松本城と旧開智学校という2つの国宝を訪れ、山賊焼きや信州そばをいただき、アルウィンではガンズくんとグランパスくん(金)の共演に興奮し、そして松本山雅FCと名古屋グランパスの試合を楽しんだ。わが家はカミさんが名古屋ファンということもあり、毎年のように旅とフットボール観戦をセットで楽しんでいたのである。

【2018年 熊本〜鳥栖〜長崎】

画像2

 2018年の夏は、暑い盛りの中、あえて九州を目指した。まずはロアッソ熊本のホームゲームを観戦し、翌日は熊本城を散策。2年前の地震発生以降、地道な復旧作業が続けられているが、石垣や屋根はまだ崩れたままだった。ささやかな募金をさせていただき、さらに加藤神社や監物台樹木園を散策する。

画像3

 鳥栖では、サガン鳥栖のサポーターで僧侶でもある、すがんとすさんのお寺に一泊。ここを訪れるのは、2年前の鳥栖フットボール映画祭でお招きいただいて以来のこと。鳥栖サポの皆さんとの宴会を楽しんでいたら、鳥栖の非公認マスコット、ガタゴロウが登場して私もカミさんも大満足。

画像4

 鳥栖から長崎に入り、雲仙で温泉につかってからバスで島原に移動。ちょうど終戦の日だったので、正午にサイレンが鳴り響いていた。島原城に上って、市内を俯瞰する。そういえば高校サッカーの名将として知られる小嶺忠敏先生は、島原商業を指導していた頃に城の天守閣からグラウンドを睥睨し、サボっている学生がいないか確認していたそうだ。

画像5

 島原鉄道に乗って、終点の諫早で下車。駅近くで荷物を預かってもらい、臨時バスに乗って、トランスコスモススタジアムに向かう。ちょうどV・ファーレン長崎がJ1に所属していた年で、鹿島アントラーズを迎えてのホームゲームが開催された。試合前、戦没者への黙祷を捧げてからキックオフ。この日は県内各地で、精霊流しが行われていた。

【2017年 名古屋〜浜松〜清水】

画像6

 2017年の夏は「豊田スタジアムで名古屋の試合を見たい」というカミさんのリクエストに応えるべく、新幹線のぞみで名古屋へ。試合までは観光しようということで、バスに乗って徳川美術館に向かう。まずは庭園を散策して、それから収蔵作品を鑑賞。カミさんは茶道具がお目当てだったが、私は池の鯉に夢中になってしまった。

画像7

 名古屋から豊田に移動。18時より豊スタにて、名古屋対松本の試合をバックスタンドの3階から観戦する。この年の名古屋は、初めてのJ2を経験。1年でのJ1復帰を目指すべく、監督には風間八宏を招聘し、元日本代表の佐藤寿人やガブリエル・シャビエルといったタレントを補強している。試合は5−2で名古屋が勝利した。

画像8

 翌日、名古屋から浜松に途中下車。ジュビロ磐田サポの友人の案内で、『オルタ・リストランテ』というイタリアンでランチをいただく。ピエモンテ地方の料理がメインで、磐田の選手もよく訪れるとのこと。生ハムやリゾットがあまりにも美味しかったので、イタリア人のシェフと日本人の奥様を撮影させていただく。

画像9

 浜松から電車とバスを乗り継いでAIAスタジアムへ。清水エスパルス対柏レイソルの試合を観戦する。この日は柏の伊東純也がキレキレで、4−1でアウェーの柏が勝利した。敗戦に肩を落とす清水サポに、こパルちゃんが優しく手を振って見送る姿が実に健気。バスに乗る直前には、カミさんにもハイタッチしてくれた。

【2016年 東京】

画像10

 2016年の夏は仕事が忙しかったようで、珍しく都内に留まっていた。8月21日(現地時間)のリオデジャネイロ五輪の閉幕式では、安倍晋三首相がスーパーマリオを演じたり、俺たちの百合子が着物姿で五輪旗授受のセレモニーに登場したり──。4年後のことを思うと、この頃は誰もが無邪気の絶頂にあったように感じる。

【以下、OWL magazine読者のみに公開】
OWL magazineでは、毎月12~15程度のサッカー記事や、旅記事が更新されています。Jリーグだけでなく、JFLや地域リーグ、海外のマイナーリーグまで幅広く扱っています。読んでいるだけで、旅に出たくなるような記事が盛りだくさん。すべての有料記事が読み放題になる、月額700円コースがおすすめです。

この続きをみるには

この続き: 1,541文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
スポーツと旅を通じて人の繋がりが生まれ、人の繋がりによって、新たな旅が生まれていきます。旅を消費するのではなく旅によって価値を生み出していくことを目指したマガジンです。 記事数は毎月12〜15本、記述量は毎月10万字程度で、有料率は概ね50%程度です。寄稿も随時受け付けています。

めくるめく「旅とサッカー」の世界へようこそ!国内外のあらゆる旅×サッカーに関する、どこにもない情報に出会えます。 月間12〜15記事前後を…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! よろしければシェアもお願いします。
23
写真家・ノンフィクションライター。ワールドカップから地域リーグまで、国内外のフットボールを幅広く取材。宇都宮徹壱ウェブマガジン主催。https://www.targma.jp/tetsumaga/

こちらでもピックアップされています

OWL magazine  旅とサッカーを紡ぐ
OWL magazine 旅とサッカーを紡ぐ
  • ¥700 / 月

めくるめく「旅とサッカー」の世界へようこそ!国内外のあらゆる旅×サッカーに関する、どこにもない情報に出会えます。 月間12〜15記事前後を更新予定です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。