マガジンのカバー画像

採用する側として思うこと

20
私立学校に応募する側としてではなく、採用する側(面接官側)として思うことを書いていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

採用と不採用を分ける地雷フレーズは本当にあてはまるのか?(プレジデント・オンラインの記事を私学の教員採用で考察する)

みなさまお疲れさまです。 今朝ほど、以下の記事紹介のツイートをさせていただきました。 ということで、4つの地雷フレーズについて私学の教員採用でも当てはまるのかというところを少し掘り下げていきたいと思います。 1.年収と肩書を上げ、キャリアアップしたいetc…これは、私学の教員採用でもアウトだと思います。記事内にも とあります。私も同意見です。 学校は応募してくる人のためにあるわけではありません。苦しい学校は経営に四苦八苦しているわけですし、良くも悪くも中小企業の側面は

スキ
7

相応の年齢以上の付加価値を先見の明をもって身につける

ホワイト私学への転職を考えたときに、やはり授業力でもその他の力でも、年齢相応の経験は求められてしまうでしょう。 今日はその付加価値をどうやって身に着けるのか、先見の明とは何かというヒントになりそうなものをTwitterで見かけたので取り上げていきたいと思います。 まえがき以前、以下のような記事を書かせていただきました(もう2年も前の話になりますが‥) また、自分自身が最終的にホワイト私学だと思える学校をイメージできる方は、経験を積みながらホワイトの階段を登っていくという

スキ
8

筆記試験が出来なかったからといって必ずしも選考を通過できないわけではない

もちろん、筆記試験の出来がいいに越したことはありません。 しかし、それは承知の上で必ずしも高得点者が筆記試験を通過していくというわけではないというお話をさせていただくのが今日のnote記事になります。 特に経験の浅い先生向けの内容になってしまいまうかもしれませんが、筆記試験の出来を気にしすぎなくてもいい場合について述べていきます。 私が知っている事例をいくつか(根本的には通じるものが複数あるかもしれませんが)紹介したいと思います。 ①そもそも筆記試験が極悪難易度たまに

スキ
5

採用試験の応募のブラックリスト(不採用リスト)を考察する

さて、昨日、以下のツイートをしました。 実は、この記事を受けて書いている記事(本記事)がある、という内容で予約ツイートをしたつもりだったのですが、その旨が記載されていないんですよね(私の予約ツイートの設定ミスか)。 ちなみに、記事は上記リンクからでもいけますが、一応貼っておきます。 ということで、補足説明を加えたいと思います。 実はコメントで、ブラックリスト(不採用リスト)というものを密かに作成している学校もあるというものをいただいていて、正直な話、私自身も過去の勤務

スキ
23

他校の面接の様子を見学するレアな機会

先日は、私立学校の教員採用の合同説明会のイベントのレポートの記事を書きました。 基本的には学校についての説明会に加え、履歴書を直接渡すことができるようなイベントの組み合わせでした。 全体の説明会の後に、参加者が少し残って個別に質問をすることができたりした学校もあったようです。 一方で、少なからず簡単な面接(選考っぽいこと)を行っていた学校もありました。 何人か、新卒っぽい学生さんが学校の先生方に面接をしてもらっている様子を見ることができてしまいました。 図らずも‥な

スキ
7

面接をしていると他校の採用状況が透けて見えてしまうことが(けっこう)ある

これは私自身が他校の採用情報をまとめる活動をしているからこそ気付くことだったりするのかもしれません。 面接の中で、特に非常勤講師での採用を検討している相手には勤務日数や担当時数の兼ね合いもあるので、他の勤務先(兼務校)を伺うこともあったりします。 非常勤講師の掛け持ちをされている方で多いのは、(私も経験がありますが)勤務校の1つはそのまま変えずに、片方の勤務校をステップアップさせていくというパターンではないでしょうか。 一気に両方の勤務先を変えないのは、片足を軸にして堅

スキ
5

私立学校の筆記試験を作っていて感じること(後編)

前回の記事の続きです。 前回の記事はこちらマガジンはこちら今日は学校独自の特色のある問題についてです。基本的には、前編で述べたような筆記試験が大半を占める、あるいはほぼ全て学力に関する問題を出題する学校が多いと思います。 しかし、その中でいくつか独自の形式で出題をしてくる学校の採用試験を受けてきました。 私自身も、このタイプの問題を出題するように変えた学校がありました。 今日は具体的にそれらを掘り進めていきたいと思います。 いずれも配点は不明ですし、点数化していない

スキ
4

私立学校の筆記試験を作っていて感じること(前編)

久しぶりに、採用する側としての視点の記事になります。 マガジンはこちら私自身の教員歴が長くなってくるにつれて、教え子が教壇に立つことを目指す年齢に差し掛かってきました。 私立学校の教員採用試験をたくさんみてきた自分としては、思うことがいくつかありアドバイスをしています。 やっぱり、ある程度は問題が解けなければいけないということ。 教員が作る試験といえば、定期考査が考えられますが、これは生徒の平均点で60点を目指して作ろうというような思考になります。 もちろん、高校以

スキ
8

結局の所、採用面接は‥

面接される時間が長ければ(必ずしも)いいというワケではない。 質問される項目が多ければ(必ずしも)いいというワケではない。 もちろん、当たり前だと言われてしまうと、当たり前なのかもしれませんけれど。 さて、複数の学校で採用する側を経験して感じたことでもあります。 学校の台所事情とも関連してくるので、必ずしも相関関係がある、とか、あてはまる、というわけではないことを念頭に今日の記事はお読み下さい。 さて、ここ数年、漠然と感じているのは、以前の学校の教員採用はかなり慎重

スキ
6

あまりにもキレイすぎる経歴だと警戒してしまうものなのかもしれませんね

みなさんは自分の履歴書を、どこまで自信をもって出せますか? 転職はご縁(タイミング)の側面もあるので、少し経歴が汚くなってしまうこともあるかもしれません。 もちろん、理想的には生徒や保護者に迷惑がかからないよう、もし担任をしていれば、自分が担当している生徒が卒業するタイミングと合わせて、「立つ鳥跡を濁さず」という感じで転職される方もいらっしゃると思います。 その一方、自分が心の底から志望したい学校の求人情報が出てしまったり、どうしてもタイミングが合わせられないことも多々

スキ
8

生まれ年が不運な人もいる

本日は久しぶりに採用する側からのお話になります。 こればかりは、応募側は(基本的に)わからない情報なので、ちょっとどうしようもないこともあるという話になります。 今日の話題は年齢について。 募集要項に記載されているような、年齢制限の話ではなく、一般的な年齢のお話です。 どちらかというと、中上位校で年齢制限があったとしても40歳程度まで、となっている学校にもしかしたら多いかもしれません。 どういうことかというと、応募する学校で既に働いている専任教諭と同じ年に生まれてい

スキ
7

まだまだ履歴書は手書きでしょうし、これからも手書きが続く気がします。

本日は、採用側の目線でのお話になります。 というのも、自分が採用されるに至った経緯やその際にどのような競争があってどのような基準で選ばれたのかという話を思い出したからです。 もちろん、自分自身のライバルだった方がどんな方だったかとか、そういう個人が特定されてしまうような話はどこの学校でも一切ありませんでした。 今まで私学を転々としてきましたが、ある学校では「ぶっちゃけ、採用で内定を出していた人に蹴られたから突然募集をかけて、目に留まったのが君だったんだよ~。」みたいなこ

スキ
10

一度不採用になった学校でも再応募していいのか

今回は久しぶりに採用側の視点での記事になります。 (もしかしたら新年度に向けての採用活動をしたからこの記事を書こうと思ったのかもしれませんし、そうでないかもしれません。) さて、私学に応募書類を提出し、筆記試験を受けたり模擬授業を見てもらったりして、無事に採用される方ももちろんいらっしゃるわけです。 しかしその一方で採用されない方ももちろんいらっしゃるわけです。 ただ、学校側としても、同じ教科の同じ科目で教員募集を短期間で行わなければならない場合もあります。 ここで

スキ
9

採用側と応募側の両方の視点から考えてしまうこと

最近の東京都の私学の教員募集情報の洗い出しをし直して、更新させるのに3日間ほどかかってしまいました。 その理由は、昨日も述べましたが、年明けすぐに応募期限を設定していた学校の再々募集と重なったこともあったり、2週目や3週目に募集期限を設定していた学校の情報を削除したりしていたからです。 また、新たに別の教科で募集が始まっていた学校もありました。 この時期の求人情報を見ていて気になる学校はにはいくつかパターンがあります。 ①それまで非常勤講師の募集だったのに常勤講師や専

スキ
11