TBS陸上【公式】

🎦TBS 陸上競技の最新情報をお届け🎦 世界陸上/世界リレー/ニューイヤー駅伝/クイー…

TBS陸上【公式】

🎦TBS 陸上競技の最新情報をお届け🎦 世界陸上/世界リレー/ニューイヤー駅伝/クイーンズ駅伝/プリンセス駅伝/ゴールデングランプリ陸上/全日本実業団陸上/実業団ハーフマラソン/横浜マラソン/ホノルルマラソン/別府大分毎日マラソン

マガジン

  • 全日本実業団山口ハーフマラソン

    14日(日)に開催される『全日本実業団山口ハーフマラソン』 大会の見どころや選手のインタビューなど 📺14日(日)午後2時 TBS系列

  • クロスカントリー日本選手権

    2月27日(土)に開催される『クロスカントリー日本選手権』の展望など

  • マラソン

  • 2021.9.24-26 全日本実業団陸上

  • 陸上 日本グランプリシリーズ

最近の記事

男女ともにニューフェイス出現。ルーキーの近藤&𠮷薗が大幅自己新で日本人トップ【全日本実業団ハーフマラソン2023レビュー】

 男女とも実業団1年目の選手が日本のトップシーンに躍り出た。第51回全日本実業団ハーフマラソンは2月12日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場を発着点とする21.0975kmのコースで行われた。  男子はジョセフ・カランジャ(愛知製鋼・23)が15km付近で集団を抜け出し、1時間00分25秒で優勝した。近藤亮太(三菱重工・23)が7秒差の1時間00分32秒で3位に入り、4位の茂木圭次郞(旭化成・27)、5位の今江勇人(GMOインターネットグループ・25)、7位の佐藤悠基(SG

    • 世界レベルの59分30~40秒台も意識する林田。今の状況を克服すれば世界に近づく選手に【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー⑤】

       日本記録(1時間00分00秒)更新へ意欲を見せる前回優勝者の林田洋翔(三菱重工・21)だが、不安要素もあるという。第51回全日本実業団ハーフマラソンは2月12日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場を発着点とする21.0975kmのコースで行われる。林田に加え、20年大会で2位(日本人トップ)の古賀淳紫(安川電機・26)、トラックで代表歴を持つ佐藤悠基(SGホールディングス・36)、日本選手権10000m優勝経験のある大六野秀畝(旭化成・30)らが優勝候補に挙げられている。千

      • 千葉大大学院卒業の今江が“1番”に意欲。実業団1年目の急成長の背景は?【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー④】

         ダークホースに挙げられているのが、自己記録1時間04分20秒の今江勇人(GMOインターネットグループ・25)である。第51回全日本実業団ハーフマラソンは2月12日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場を発着点とする21.0975kmのコースで行われる。2連覇のかかる林田洋翔(三菱重工・21)、20年大会で2位(日本人トップ)の古賀淳紫(安川電機・26)、トラックで代表経験がある佐藤悠基(SGホールディングス・36)、日本選手権10000mに優勝経験のある大六野秀畝(旭化成・3

        • 36歳の佐藤悠基が探る新しい勝ちパターン。結果を出せばMGC前のトレーニングに自信【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー③】

           佐藤悠基(SGホールディングス・36)が、新たな勝ちパターンをハーフマラソンで試す。第51回全日本実業団ハーフマラソンが2月12日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場を発着点とする21.0975kmのコースで行われる。2連覇のかかる林田洋翔(三菱重工・21)、20年大会で2位(日本人トップ)の古賀淳紫(安川電機・26)、日本選手権10000mに優勝経験のある大六野秀畝(旭化成・30)、千葉大大学院卒業の今江勇人(GMOインターネットグループ・25)らが優勝候補に挙げられてい

        男女ともにニューフェイス出現。ルーキーの近藤&𠮷薗が大幅自己新で日本人トップ【全日本実業団ハーフマラソン2023レビュー】

        • 世界レベルの59分30~40秒台も意識する林田。今の状況を克服すれば世界に近づく選手に【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー⑤】

        • 千葉大大学院卒業の今江が“1番”に意欲。実業団1年目の急成長の背景は?【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー④】

        • 36歳の佐藤悠基が探る新しい勝ちパターン。結果を出せばMGC前のトレーニングに自信【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー③】

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 全日本実業団山口ハーフマラソン
          TBS陸上【公式】
        • クロスカントリー日本選手権
          TBS陸上【公式】
        • マラソン
          TBS陸上【公式】
        • 2021.9.24-26 全日本実業団陸上
          TBS陸上【公式】
        • 陸上 日本グランプリシリーズ
          TBS陸上【公式】
        • 世界リレー
          TBS陸上【公式】

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          女子は本命不在の戦い。前回上位の森と川村、MGC出場権を持つ福良、初マラソンを控えた小井戸らが1時間9分台に意欲【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー②】

           第51回全日本実業団ハーフマラソンが2月12日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場を発着点とする21.0975kmのコースで行われる。女子は本命不在の戦いになる。昨年は五島莉乃(資生堂・25)が1時間08分03秒の女子単独レース日本新をマークしたが、今年は1時間9分台を目標としている招待3選手をはじめ、1時間10分前後を目標としている選手が多い。  10月開催のMGC(マラソン・グランドチャンピオンシップ。パリ五輪代表3枠のうち2人が決定)出場資格を持つ福良郁美(大塚製薬・

          女子は本命不在の戦い。前回上位の森と川村、MGC出場権を持つ福良、初マラソンを控えた小井戸らが1時間9分台に意欲【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー②】

          男子は2連勝に挑む林田が日本記録も視野にMGC出場権を持つ36歳・佐藤、千葉大大学院卒の今江も有力候補【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー①】

           第51回全日本実業団ハーフマラソンが2月12日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場を発着点とする21.0975kmのコースで行われる。男子は前回優勝者の林田洋翔(三菱重工・21)が2連覇に挑む。対抗するのは佐藤悠基(SGホールディングス・36)と古賀淳紫(安川電機・26)、MGC(マラソン・グランドチャンピオンシップ。パリ五輪代表3枠のうち2人が決定)出場資格を持つ2人。さらには日本選手権10000mに優勝経験のある大六野秀畝(旭化成・30)、茂木圭次郞(同・27)らスピー

          男子は2連勝に挑む林田が日本記録も視野にMGC出場権を持つ36歳・佐藤、千葉大大学院卒の今江も有力候補【全日本実業団ハーフマラソン2023プレビュー①】

          異色経歴の丸山が前日会見で「世界陸上目指す」と明言。同学年チームメイト、前回優勝者の西山に続けるか?【別大マラソン2023プレビュー③】

           丸山竜也(トヨタ自動車・28)にとって別大マラソンは、トヨタ自動車移籍時に目標とした大会だった。  第71回別府大分毎日マラソン(以下別大マラソン)が2月5日、大分市高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を折り返してジェイリーススタジアム(大分市営陸上競技場)にフィニッシュする42.195kmのコースで行われる。  丸山は昨年9月のベルリンマラソンで2時間07分50秒の自己新をマークし、すでにMGC(今年10月開催のマラソン・グランドチャンピオンシップ。パリ五輪代表3枠の

          異色経歴の丸山が前日会見で「世界陸上目指す」と明言。同学年チームメイト、前回優勝者の西山に続けるか?【別大マラソン2023プレビュー③】

          注目の初マラソン選手。10000m前日本記録保持者の村山紘太は2時間7分台が目標【別大マラソン2023プレビュー②】

           新人の登龍門と言われる大会にふさわしいメンバーになった。第71回別府大分毎日マラソン(以下別大マラソン)が2月5日、大分市高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を折り返してジェイリーススタジアム(大分市営陸上競技場)にフィニッシュする42.195kmのコースで行われる。  前回は初マラソンの西山雄介(トヨタ自動車・28)が優勝。タイムも2時間07分47秒の初マラソン日本歴代2位(当時)とレベルが高く、世界陸上オレゴン代表にも選ばれた。  今年期待が大きいのは10000m前

          注目の初マラソン選手。10000m前日本記録保持者の村山紘太は2時間7分台が目標【別大マラソン2023プレビュー②】

          世界陸上派遣設定記録の2時間07分39秒突破が焦点か2時間6分台の小椋、7分台3回の聞谷、上り調子の丸山らが優勝候補【別大マラソン2023プレビュー①

           第71回別府大分毎日マラソン(以下別大マラソン)が2月5日、大分市高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を折り返してジェイリーススタジアム(大分市営陸上競技場)にフィニッシュする42.195kmのコースで行われる。  前回は西山雄介(トヨタ自動車・28)が2時間07分47秒の初マラソン日本歴代2位(当時)で優勝し、世界陸上オレゴン代表に選ばれた。今年も8月開催の世界陸上ブダペストの選考レースの1つ。2時間07分39秒の派遣設定記録を破れば代表入りの資格を得る(代表決定は全

          世界陸上派遣設定記録の2時間07分39秒突破が焦点か2時間6分台の小椋、7分台3回の聞谷、上り調子の丸山らが優勝候補【別大マラソン2023プレビュー①

          元旦決戦かく戦う。有力チーム監督コメント後編:トヨタ自動車、黒崎播磨、GMOインターネットグループ、富士通【ニューイヤー駅伝展望コラム】

           大迫傑(Nike・31)が3区に登場するGMOインターネットグループは、どんなレースプランで臨むのだろうか?  23年最初の全国一決定戦であるニューイヤー駅伝は、前回優勝のHonda、2年前優勝の富士通、戦力充実が著しいトヨタ自動車、九州大会優勝の黒崎播磨が4強と言われている。そこに大迫が“参画”するGMOインターネットも加わる勢いだ。  前回5位のトヨタ自動車は3区に太田智樹(25)、4区に西山雄介(28)と信頼感がある2人が入った。5区に新加入の丸山竜也(28)が、アン

          元旦決戦かく戦う。有力チーム監督コメント後編:トヨタ自動車、黒崎播磨、GMOインターネットグループ、富士通【ニューイヤー駅伝展望コラム】

          元旦決戦かく戦う。有力チーム監督コメント前編:Honda、SUBARU、旭化成、三菱重工【ニューイヤー駅伝展望コラム】

           有力チーム監督の思いはいかに?  23年最初の全国一決定戦であるニューイヤー駅伝は、前回優勝のHonda、2年前優勝の富士通、戦力充実が著しいトヨタ自動車、九州大会優勝の黒崎播磨が4強と言われている。そこに大迫傑(Nike・31)が“参画”するGMOインターネットグループも加わる勢いだ。  前回優勝のHondaは世界陸上オレゴン10000m代表だった伊藤達彦(24)が外れ、エース区間の4区は小山直城(26)が走る。オレゴン3000m障害代表だった青木涼真(25)は3年連続5

          元旦決戦かく戦う。有力チーム監督コメント前編:Honda、SUBARU、旭化成、三菱重工【ニューイヤー駅伝展望コラム】

          前回4区区間賞の細谷を中心に初優勝を狙う黒崎播磨。個々の役割が明確な少数精鋭チームに勢い【ニューイヤー駅伝展望コラム】

           今、最も上り調子にあるチームが黒崎播磨だろう。九州予選を初制覇し、その勢いのままニューイヤー駅伝でも初優勝を狙っている。  23年最初の全国一決定戦であるニューイヤー駅伝は、前回優勝のHonda、2年前優勝の富士通、戦力充実が著しいトヨタ自動車、九州大会優勝の黒崎播磨が4強と言われている。そこに大迫傑(Nike・31)が“参画”するGMOインターネットグループも加わる勢いだ。  黒崎播磨は最長区間の4区で前回区間賞&区間新の細谷恭平(27)を中心に、3区で前回区間新(区間4

          前回4区区間賞の細谷を中心に初優勝を狙う黒崎播磨。個々の役割が明確な少数精鋭チームに勢い【ニューイヤー駅伝展望コラム】

          エース西山が世界陸上の経験で成長。スピードの太田も安定度が増し、選手層の厚さはチーム史上最高に【ニューイヤー駅伝展望コラム第5回】

           トヨタ自動車が7年ぶり優勝に向け、過去最高ともいえる布陣で臨む。  23年最初の全国一決定戦であるニューイヤー駅伝は、前回優勝のHonda、2年前優勝の富士通、戦力充実が著しいトヨタ自動車、九州大会優勝の黒崎播磨が4強と言われている。そこに大迫傑(Nike・31)が“参画”するGMOインターネットグループも加わる勢いだ。  トヨタ自動車は、前回3区区間2位(区間新)の太田智樹(25)は日本選手権10000m5位など安定感が増し、前回4区の西山雄介(28)は7月の世界陸上オレ

          エース西山が世界陸上の経験で成長。スピードの太田も安定度が増し、選手層の厚さはチーム史上最高に【ニューイヤー駅伝展望コラム第5回】

          2年前のチャンピオン富士通はマラソン・コンビ抜きでV奪回に挑戦キャプテン坂東が3区区間賞に意欲【ニューイヤー駅伝展望コラム第4回】

           2年前の優勝チームの富士通が、東京五輪代表の中村匠吾(30)と日本記録保持者の鈴木健吾(27)、マラソンの強力コンビをメンバーから外して駅伝を戦う。  23年最初の全国一決定戦であるニューイヤー駅伝は、前回優勝のHonda、2年前優勝の富士通、戦力充実が著しいトヨタ自動車、九州大会優勝の黒崎播磨が4強と言われている。そこに大迫傑(Nike・31)が“参画”するGMOインターネットグループも加わる勢いだ。  マラソン・コンビ抜きで戦う富士通だが、それでも選手層の厚さは参加チー

          2年前のチャンピオン富士通はマラソン・コンビ抜きでV奪回に挑戦キャプテン坂東が3区区間賞に意欲【ニューイヤー駅伝展望コラム第4回】

          Honda、富士通、トヨタ自動車、黒崎播磨が4強。そして大迫“参画”のGMOインターネットグループに注目【ニューイヤー駅伝展望コラム第1回】

           23年最初の全国一決定戦であるニューイヤー駅伝は、ハイレベルの戦いが予想されている。前回優勝のHonda、2年前優勝の富士通、戦力充実が著しいトヨタ自動車、九州大会優勝の黒崎播磨が4強と言われている。そこに大迫傑(Nike・31)が“参画”するGMOインターネットグループも加わる勢いだ。  前回3位で20年大会まで4連勝した旭化成、前回4位で6区途中までトップを走った三菱重工も優勝を狙ってくるだろう。  新春の上州路を賑わす有力チームの戦力を紹介する。 ●伊藤&青木の代表

          Honda、富士通、トヨタ自動車、黒崎播磨が4強。そして大迫“参画”のGMOインターネットグループに注目【ニューイヤー駅伝展望コラム第1回】

          区間エントリー発表。3区・新谷でトップに立って逃げ切りたい積水化学と、5区・五島で逆転したい資生堂。クイーンズエイトの争いも熾烈に【クイーンズ駅伝2022プレビュー⑧】

           前半でリードしたい前回優勝の積水化学に対し、後半で逆転したい前回2位の資生堂。両者の思惑が前日の区間エントリーではっきりした。クイーンズ駅伝in宮城2022(第42回全日本実業団対抗女子駅伝)は11月27日、宮城県松島町をスタートし仙台市弘進ゴムアスリートパーク仙台にフィニッシュする6区間42.195kmで行われる。  2強以外では田中希実(23)を1区に起用した豊田自動織機や、松田瑞生(27)と加世田梨花(23)を1、3区に配したダイハツなどが、前半型のオーダーで勝負に出

          区間エントリー発表。3区・新谷でトップに立って逃げ切りたい積水化学と、5区・五島で逆転したい資生堂。クイーンズエイトの争いも熾烈に【クイーンズ駅伝2022プレビュー⑧】