水野祐(Tasuku Mizuno)

法律家/弁護士(シティライツ法律事務所、東京弁護士会)/Creative Commons Japan理事/Arts and Law理事/東京大学・慶應義塾大学SFC非常勤講師/リーガルデザイン・ラボ/グッドデザイン賞審査員/note株式会社などの社外役員/ポストは個人的見解です。
    • 【補遺】「新しい社会契約(あるいはそれに変わる何か)」
      【補遺】「新しい社会契約(あるいはそれに変わる何か)」
      • 3本

      雑誌「WIRED」で連載中の「新しい社会契約(あるいはそれに変わる何か)」の補遺となります。

経営に法務をどう活かすか?(書評:ブラッド・スミスほか『ツール・アンド・ウェポン 誰がテクノロジーの暴走を止めるのか』)

経営層、経営企画や新規事業開発、法務におすすめ 本書はマイクロソフトのインハウス弁護士として法務最高責任者を長く務めたのち、現在プレジデントを務めるブラッド・ス…

不祥事があった場合に作品等を無駄死にさせないための新ルールを考えてみた

芸能人の逮捕により、当該芸能人が出演しているテレビ番組、映画、音楽などの作品、広告等の公開が中止されたり、過去作がアーカイブから削除されたり等の対応がなされ、議…

補遺3: WIRED連載『新しい社会契約(あるいはそれに代わる何か)』第3回

雑誌『WIRED』Vol.38(2020年9月12日発売)掲載の『新しい社会契約(あるいはそれに代わる何か)』第3回「集まれない時代の社会契約」の補遺です。 紙面の都合上、掲載でき…

谷口ジロー『歩くひと 完全版』

読後の余韻のなかで、これを書いている。 2018年に『犬を飼う』の完全版『犬を飼う そして…猫を飼う』もすばらしかったが、『歩くひと』もほぼ同時期の作品で、「日常と…

大杉泉『ベンチャー企業・中小企業のための監査役・監査等委員の教科書』

「監査役ニュース」というアカウント名でTwitterをやられている著者による、ベンチャー企業・中小企業の監査役・監査等委員の実務に関する教科書。 まず、教科書としては…

弁護士ではなく、法律家と名乗る理由

できる限り、弁護士ではなく、「法律家」と名乗るようにしています(法曹業界向けの発信を除き)。 「〜家」の「家」はアーキテクトの意味で、これは語源を辿ると「透明な…