+hana タスハナ【サステナブルな花の定期便】
切り花を、少しでも長く楽しみたい。 〜花を楽しむお手入れのコツ【水あげ編】〜
見出し画像

切り花を、少しでも長く楽しみたい。 〜花を楽しむお手入れのコツ【水あげ編】〜

+hana タスハナ【サステナブルな花の定期便】

きれいなお花が届いたりいただいたりしたら、できるだけ長く楽しみたいですよね。
「切り花を長く楽しむためには、どうすればいい?」と聞かれたら、多くのお花屋さんは、「花瓶の水を清潔に保って、できるだけ涼しいところに飾ってください」と答えると思います。

この花瓶の中の水(=生け水(いけみず))の管理と飾る環境は、切り花の日持ちに大きく影響する、とても大切なこと。
ですが、花瓶に生ける前にも、大切なポイントがいくつかあります。

画像2

そこで今回は「水あげ」についてご紹介します。

植物は本来、根が地中から吸収した水を根圧(ねあつ)という力で茎や葉に押し上げることと、葉の蒸散などによって水を吸い上げることで、水分を行き渡らせています。切り花は根圧がなくなってしまうので、水を吸い上げる力が弱くなります。そのため根から切り離された花が水を吸い上げやすくなるよう「水あげ」をします。
この「水あげ」にもいろいろな方法があり、一番基本で一般的なものが「水切り」です。

画像4

水切りは
「水を張った清潔な容器の中で、茎の根元を先から2〜3cmのところでカット」します。

水あげのポイント


==================================
☆よく切れる清潔なハサミを使う。
切れ味の悪いハサミで切ると、水や養分をを吸い上げる導管(どうかん)を押し潰してしまうので花に水がいきわたらず、萎れてしまいます。また、水切りは切り口を新しくすると同時にバクテリアを取り除く作業でもありますので、清潔な道具を使うようにしましょう。
☆茎の切り口からの空気の侵入を防ぐために水中で切る。
☆水圧を利用して水あげの効果を高めるため、なるべく深いところでカットする。

画像4


☆もしも届いた時に花がぐったりしていたら、切り口をすぐに水からあげずに、カットしたまましばらく置いておく。
(その場合は、花を新聞紙等でまっすぐに巻いた状態で水切りしてください)
==================================
です。

+hanaでは「エコゼリー」で保水された状態でお届けしますが、「水あげ」をしっかりして、先端まで水をいきわたらせてあげましょう。
このひと手間で花は見るからにいきいきします。花を家に迎えたら、深呼吸させるようにこの「水あげ」でリフレッシュさせてあげてくださいね。

次回も「水あげ」について、さらなるポイントをご紹介いたします。

公式サイト https://tasuhana.com/

画像4

+hana ネネ(プロフィール)

『あなたの楽しみは花のために、花の魅力はあなたのために』をコンセプトとし、季節に合わせた素敵な花を、手ごろな価格でご自宅のポストにお届けするサステナブルな花の定期便「+hana(タスハナ)」の、立ち上げメンバー。元大手生花店で、店長を経験。皆さまのお困りごとが解決できればと、花のメンテや飾り方など、花についてのいろいろな知識をお伝えします。

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大好きです◎
+hana タスハナ【サステナブルな花の定期便】
『あなたの楽しみは花のために、花の魅力はあなたのために』 +hanaは、季節の国産の花を手ごろな価格でご自宅のポストにお届けする「サステナブルな花の定期便」。あなたが花を楽しみ続けることが、花や花に関わる人の応援に繋がるプロジェクトです。 SNSアカウント→ @tasuhana