見出し画像

【部活】セルフマネジメント部発足のお知らせと第一回活動報告

10月より、ベルフェイス株式会社に新たな部活が誕生しました。

その名も「セルフマネジメント部(以下セルマネ部)」

このセルマネ部発足の経緯から第一回の活動までをご紹介します。本当は活動報告を社内向けに書くつもりでしたが、まあいいやという事でnoteに。

1.なぜ、セルマネ部を発足させたのか?

事の発端はプロダクト事業部合宿の余興にて私が発表したLTスライド。

この発表スライドはPM自らが自戒を込めて作った「こうはならないぞ」というものなのですが、注目していただきたいのは前半のくだりを半ば強引に結びつけた17〜18ページ

「-5kg」「クリスマスまでに」

ここから全ては始まりました。。。

その後、合宿も終わり、コツコツと活動をやっていこうかなと考えていましたが、「一人で始めるよりも誰かを巻き込んだ方が継続しやすい(真剣)」というもはや常識となっているノウハウと、「冷静に考えれば、私以外にも必要そうな者が社内に何名かいるじゃないか(笑)」ということから、

「部活として巻き込むことで、自分が目標を達成しやすくなる!」

という100%腹黒い気持ちで発足することを決意しました。


2.待っていたのは予想外の困難

よーし、部活発足の申請を出して活動スタートだー。と軽い気持ちでいたのですが、そこでいくつかの壁にぶち当たりました。

(1)ネーミング問題
最初実はデ・・・、いや、「ダイエット部」で発足しようとしていたんです。でもそれだとやっぱり入りにくいんですよね。ちょっと、、、ねえ。
セルフマネジメントという言葉を見つけ出してくれた人事の@NishijimaYuzoには本当に感謝しかありません。

(2)承認フローの限界
自分が役員ということもあり、システム上の承認フロー通そうと思うと、無条件で部活発足できちゃうんですよ。間に誰も承認者がいない。
何となくそれは「職権乱用」っぽくて嫌だったんです。ちゃんと認められたかった。

(3)代わりに部長になってくれ!が断られる
承認フローの関係から申請者=部長候補じゃないとダメなのかと思い、よし、じゃあ、誰かに部長になってもらおう!という事で何名かに失礼ながら声をかけてみたのですが、ことごとく断られ途方に暮れる毎日でした。

結局申請フローをよくよく確認すると部員候補による部活発足申請でも部長は誰というのが明記されていればOKということが分かり、部員だったらいいよ、という事で入部者も確保でき、部の発足も何とかできたという何ちゃない結末なのですが、その数日間は気が気じゃありませんでしたOIL。


3.悪魔の60分+地獄の10分(第一回活動報告)

そんなセルマネ部。早速第一回の活動をしてきました。と言っても発足時点では3名(その後爆速で5名に増えます)で、第一回の活動は半ばゲリラ的に実施したこともあり、予定が合わないという理由から2名で実施してきました。気になる内容は、

「ホットヨガ」

です。ウインナーと私の二人で行ってきました。

施設内は写真NGでしたのでテキストだけになりますが、結論から言うと、、、ヨガをなめてました。ごめんなさい。
60分コースでしたが、ヘトヘトで汗だくで、いただいた1Lの水も飲み干し、それでもまだ足りなくて、いかに普段身体使っていないかということと、汗ってこんなに出るんだってことを経験させてもらいました。

クールダウンだやったー、と思ったらそのクールダウンも全然クールじゃなくて、まだか、、、まだか、、、と思いながら何とかやり遂げることができました。

ただ、今となれば楽しかったですよ。はい、、、楽しかったです。

問題は終了後の更衣室。時間帯のせいか思いのほか男性利用者が多く10名近くいまして、更衣室結構狭かったんですが、汗だくの中年男性がぎゅうぎゅうに入っているため、ある意味その前のヨガ60分よりもきつい10分間を過ごさせていただきました。

また、終了後2時間は吸収力が強くなっているので、むしろご飯食べると太っちゃいますと言われ、、、

素直に聞き、本当に2時間食べませんでした。(ちなみに18時30分スタート19時30分終わり、そこから2時間。空腹の極み。)

・・・2時間後。

肉を食べに行く二人を見たという声があったとかなかったとか。。。

空腹の中、2時間我慢というセルフをマネジメントすることができた、ということで1回目は大成功!!としときます。


4.何事もまずは己をマネジメントできるようになってから

報告自体は以上なのですが、この「セルフマネジメント部」なかなか都合が良い部活でして、痩せる、鍛える、賢くなる、など多分野にわたって自らを強化していく全般に対応した部活です。
そのため、他の部と異なり、活動内容にかなり自由が利きます。ただし、あくまで目的は「己をマネジメントする」

「こうなりたい!」「こう在りたい!」という目指すものが無いと入部はできません。

その目指すもののためならば、

こんなのとか

こんなのとか

こんなのとか

これらぜーーんぶOKなのです。(多少強引ですがw)

これから色んなことをやっていきたいと考えています。
どうせやるなら楽しい方が良いですからね。


そんなベルフェイスは部員を、一緒に働く仲間を各ポジション絶賛募集中です!セールス、CS、サポート、エンジニア、デザイナー、ディレクター、などなど。一緒にセルフマネジメントしてみたい!という方いらっしゃれば、いつでもDMでも構いませんのでご連絡くださいませ!^^


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
5
Technology for Sales 勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる「ベルフェイス(bellFace)」の経営企画室長兼PdMやってます。セールス出身PdMとして、世の中のセールスの常識を変えていきます。モノづくりと組織づくりがメインミッションです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。