石田太志|プロフットバッグプレイヤー

フットバッグの世界大会で2度優勝しアジア人初の世界一になりました。フットバッグ界の殿堂入りも。 現在日本でただ一人のプロフットバッグプレイヤーとしてメディア出演やパフォーマンス活動を行っています。フットバッグのことや日々の生活で感じたことなどを綴っていきます。

石田太志|プロフットバッグプレイヤー

フットバッグの世界大会で2度優勝しアジア人初の世界一になりました。フットバッグ界の殿堂入りも。 現在日本でただ一人のプロフットバッグプレイヤーとしてメディア出演やパフォーマンス活動を行っています。フットバッグのことや日々の生活で感じたことなどを綴っていきます。

    ストア

    • 商品の画像

      TAISHI ISHIDAモデル〈水×白×黒〉

      <仕様>重量約60g 直径約5cm 32面メタルタイプ<解説>2014年、2018年世界チャンピオンに輝き、フリースタイルフットバッグ日本チャンピオンにも過去4度輝いた石田太志氏が、培った経験を基に高額なバッグではなくとも初心者の方に始めから柔らかく使いやすいバッグをコンセプトに掲げ、海外の工場と話し合いを重ね、完成したオリジナルフットバッグ。<適性>絶妙な大きさ、重さによりストール、キックなど様々な技を繰り出すのに適しています。Ti モデルは、柔らかく、クッション性を高くするように製作されているので初心者の方に非常に使いやすいフットバッグとなっています。また競技用としても使用でき、上級者の方でもお使い頂けます。縫製も非常に丁寧で耐久性にも優れています。石田太志氏監修の証であるTiのロゴがワンポイントになっております。
      ¥1,500
      footbagmania
    • 商品の画像

      TAISHI ISHIDAモデル〈赤×青〉

      <仕様>重量約60g 直径約5cm 32面メタルタイプ<解説>2014年、2018年世界チャンピオンに輝き、フリースタイルフットバッグ日本チャンピオンにも過去4度輝いた石田太志氏が、培った経験を基に高額なバッグではなくとも初心者の方に始めから柔らかく使いやすいバッグをコンセプトに掲げ、海外の工場と話し合いを重ね、完成したオリジナルフットバッグ。<適性>絶妙な大きさ、重さによりストール、キックなど様々な技を繰り出すのに適しています。Ti モデルは、柔らかく、クッション性を高くするように製作されているので初心者の方に非常に使いやすいフットバッグとなっています。また競技用としても使用でき、上級者の方でもお使い頂けます。縫製も非常に丁寧で耐久性にも優れています。石田太志氏監修の証であるTiのロゴがワンポイントになっております。
      ¥1,500
      footbagmania
    • 商品の画像

      TAISHI ISHIDAモデル〈黄×赤×黒〉

      <仕様>重量約60g 直径約5cm 32面メタルタイプ<解説>2014年、2018年世界チャンピオンに輝き、フリースタイルフットバッグ日本チャンピオンにも過去4度輝いた石田太志氏が、培った経験を基に高額なバッグではなくとも初心者の方に始めから柔らかく使いやすいバッグをコンセプトに掲げ、海外の工場と話し合いを重ね、完成したオリジナルフットバッグ。<適性>絶妙な大きさ、重さによりストール、キックなど様々な技を繰り出すのに適しています。Ti モデルは、柔らかく、クッション性を高くするように製作されているので初心者の方に非常に使いやすいフットバッグとなっています。また競技用としても使用でき、上級者の方でもお使い頂けます。縫製も非常に丁寧で耐久性にも優れています。石田太志氏監修の証であるTiのロゴがワンポイントになっております。
      ¥1,500
      footbagmania
    • 商品の画像

      TAISHI ISHIDAモデル〈水×白×黒〉

      <仕様>重量約60g 直径約5cm 32面メタルタイプ<解説>2014年、2018年世界チャンピオンに輝き、フリースタイルフットバッグ日本チャンピオンにも過去4度輝いた石田太志氏が、培った経験を基に高額なバッグではなくとも初心者の方に始めから柔らかく使いやすいバッグをコンセプトに掲げ、海外の工場と話し合いを重ね、完成したオリジナルフットバッグ。<適性>絶妙な大きさ、重さによりストール、キックなど様々な技を繰り出すのに適しています。Ti モデルは、柔らかく、クッション性を高くするように製作されているので初心者の方に非常に使いやすいフットバッグとなっています。また競技用としても使用でき、上級者の方でもお使い頂けます。縫製も非常に丁寧で耐久性にも優れています。石田太志氏監修の証であるTiのロゴがワンポイントになっております。
      ¥1,500
      footbagmania
    • 商品の画像

      TAISHI ISHIDAモデル〈赤×青〉

      <仕様>重量約60g 直径約5cm 32面メタルタイプ<解説>2014年、2018年世界チャンピオンに輝き、フリースタイルフットバッグ日本チャンピオンにも過去4度輝いた石田太志氏が、培った経験を基に高額なバッグではなくとも初心者の方に始めから柔らかく使いやすいバッグをコンセプトに掲げ、海外の工場と話し合いを重ね、完成したオリジナルフットバッグ。<適性>絶妙な大きさ、重さによりストール、キックなど様々な技を繰り出すのに適しています。Ti モデルは、柔らかく、クッション性を高くするように製作されているので初心者の方に非常に使いやすいフットバッグとなっています。また競技用としても使用でき、上級者の方でもお使い頂けます。縫製も非常に丁寧で耐久性にも優れています。石田太志氏監修の証であるTiのロゴがワンポイントになっております。
      ¥1,500
      footbagmania
    • 商品の画像

      TAISHI ISHIDAモデル〈黄×赤×黒〉

      <仕様>重量約60g 直径約5cm 32面メタルタイプ<解説>2014年、2018年世界チャンピオンに輝き、フリースタイルフットバッグ日本チャンピオンにも過去4度輝いた石田太志氏が、培った経験を基に高額なバッグではなくとも初心者の方に始めから柔らかく使いやすいバッグをコンセプトに掲げ、海外の工場と話し合いを重ね、完成したオリジナルフットバッグ。<適性>絶妙な大きさ、重さによりストール、キックなど様々な技を繰り出すのに適しています。Ti モデルは、柔らかく、クッション性を高くするように製作されているので初心者の方に非常に使いやすいフットバッグとなっています。また競技用としても使用でき、上級者の方でもお使い頂けます。縫製も非常に丁寧で耐久性にも優れています。石田太志氏監修の証であるTiのロゴがワンポイントになっております。
      ¥1,500
      footbagmania
    • もっとみる

    最近の記事

    固定された記事

    自己紹介を交え、ブログを10年続けた僕がnoteを始めようと思ったワケ。

    こんにちは。プロフットバッグプレイヤーの石田太志です! この度本格的にnoteを始めることにしました。 実はnoteのアカウント登録は5年前にしていたのですが、当時から自分のサイトでブログを運用していた為、新しいもの好きが高じてnoteを登録したワケですが、使わずじまいでした。 当時はまだまだnoteは発展途上で、一部のIT業界に精通している方などが積極的に運用しているイメージでした。 noteはまだ「街」となっていなかったんです。そうしてnoteを使わずのまま5年以

    スキ
    13
      • EXITさんの番組に出演した話。

        こんにちは、プロフットバッグプレイヤーの石田太志です。 先日はテレビ北海道の「EXITのアヤシイTV アチ~の見つけました!」に出演しました。 控室に到着してからは台本も頂き中身もしっかり確認。 今回は「EXITが道を究めた達人に学ぶ! アヤシイ達人SP」と題して色々な達人達が集っていました。 スポーツは僕だけだったようで本当にバラエティに富んだキャスティングで、楽屋も楽しかったです。 達人達が順番にスタジオに行き、収録を行いました。 僕はクレーンゲームの達人の次で全体の2

        スキ
        103
        • サポートして頂いているNODDのアイテムが到着したタイミングで改めてデザインについて考えてみる。

          アパレルブランドNODD。 僕はここのアイテムが大好きで、現在はサポートもして頂いている。 イベントや世界大会で着用しているアイテムもNODDのものが多い。たまに他にもサポートして頂いているHHKBのも着る事があるけど。 このNODDはただのアパレルブランドではない。 最後の製品に仕上げるデザイナーは2人。 しかしそれ以外に障害者アートを活用したデザイン商品となっているので多くの障害者アートが採用されている。 僕自身はこの障害者の方々のアートに魅せられた。 このブランドを

          スキ
          4
          • 金沢で行われた展示会「e-messe kanazawa 2022」で講演をした話。

            こんにちは。プロフットバッグプレイヤーの石田太志です。 いつか金沢行ってみたいなーと思っていたら4月と5月で立て続けに行きました。 4月は観光だったのですが、5月に行った目的は株式会社PFUさんが「e-messe kanazawa 2022」に出展するとの事で、エヴァンジェリストとして、HHKBとScanSnapについて講演をさせて頂くという大役を頂いた為です。 今日はその時の様子について書いていきたいと思います! 株式会社PFUが展開するHHKBとScanSnap。

            スキ
            1

            あまりにnoteを書いていなかったので2022年前半の活動を書いてみる。

            驚きました。1月からnoteを書いていなかったです。本当に時間が経つのは早い。そして日々noteを書き続けている人はすごい。また改めて書いていきたいと思います。 この半年も色々な事がありましたので記事を分けて順番に書いていきたいと思います。 まずは1月に海外のフットバッグの友人のZachary Forthが僕をスーパーサイヤ人にしてくれました笑 彼はフットバッグの映像を中心にアニメーションを組み合わせて制作しているのですが、今回僕の映像を制作してくれました。 まだまだ雑な部

            スキ
            1

            息子が大きくなっていくにつれて自分の抱く感情に変化が起きていく。

            僕には一人だけ息子がいます。 今現在5歳。 産まれた時は自分の子どもだとはわかっていても実感が中々湧きませんでした。 ただ一緒の時間を過ごしていくうちに段々と実感が出てきて、それにつれてどんどん息子のことを可愛く感じている自分がいます。 正直、父親としての責務を果たしているのかは定かではないです。 可愛いと思っていても子どもとの遊び方が上手いとは言えません。 妻に任せてしまうことも多々あります。 それでも息子は寄ってきてくれます。 僕が何かを与えていかなくてはいけ

            スキ
            5

            フットバッグ歴20年目を迎える前に始めた時に一緒にやっていた仲間が復帰してくれた大晦日。

            あっという間に新年を迎えて2日経ちました。 すごく早いですよね。 今回は毎年行っている大晦日に行う蹴り納めと新年に行う蹴り初めの動画を作ったので、その動画を公開したいと思います。 20年目を迎える前に2021年に仲間が復帰してくれた。 今回大晦日には2021年に復帰した友人とフットバッグをすることができました。 彼は僕が始めた2003年から一緒にフットバッグを始めたのですが学生時代の4年間ほどで辞めてしまっていました。 僕が今現在フットバッグ歴20年目を迎えるので、

            スキ
            4

            あっという間に2022年がやってきたので今年のフットバッグの抱負。

            皆さん、新年明けましておめでとうございます。 あっという間に2022年がやってきました。 皆さんも感じていらっしゃるかと思いますが、この1年のスピード感! ハンパじゃない早さであっという間に1年経っちゃってますよね。 どうすれば体感を遅くできるかをいつもテーマに考えています笑 それでも2022年はあっという間来てしまいましたので今年のフットバッグに関しての抱負を簡単に綴ってみようと思います! 抱負その① まずはなんと言っても世界大会優勝。 これを毎年毎年目指しているわ

            スキ
            4

            やっぱりフットバッグでサッカーはうまくなる!と思った話

            こんにちは、プロフットバッグプレイヤーの石田太志です。 先日は新潟県新潟市にある新通イーグルスという少年サッカークラブからフットバッグを使ったサッカーのスキルアッププログラムのご依頼を受け、行ってきました。 その時にフットバッグってやっぱりサッカーのスキルアップに繋がるなと再認識したお話をしていきたいと思います! 新通イーグルスでの出来事 場所は新潟市にある新通小学校の体育館。 到着すると既に親御さんに見守られながら子ども達が体育館いっぱい使ってサッカーの練習をしてい

            スキ
            2

            ミズベリング三条のイベントでパフォーマンスをして感じたこと。

            先日行われた「さんじょう消防・防災フェスタ2021×ミズベリング三条フェス」にてパフォーマンスを行いました。 当日は3x3プロバスケットボールチームである三条ビーターズのコート上でパフォーマンスをさせて頂きました。 とても気持ちの良いコートでフットバッグもとてもやりやすかったです。 molten製のコートだそうで、これの2畳分で良いのでフットバッグの練習用に欲しいくらいです。鮮やかな色でとても良いコートでした。 手でやるスポーツはやはりダメだった。 イベントの中にバ

            スキ
            1

            「秋の感謝祭」に出演してそういえばフットバッグってこうだったよなと思い出した話。

            11/13(土)に三条市農業体験交流センター サンファーム三条で開催の「秋の感謝祭」に出演しました! 当日は雨が降ったり止んだりとはっきりしない天候の中でしたが、自分がパフォーマンスする時は止んでいたので助かりました。 また、体験会も実施したのでその様子をお伝えさせて頂きます! 自分で色々準備したイベント。 当日はマイクや音響がない現場で自分でスピーカーを用意したり、拡声器を使ったりとストリートパフォーマンスなイメージになりました。 最初のアナウンスも自分でやってどうい

            スキ
            4

            フットバッグの全国大会で3年連続日本一になって感じたこと。

            これ書くの遅くなっちゃいました。 9月末から10月25日までの1ヶ月間、オンラインでフットバッグの全国大会が開催され、3年連続で日本一になる事ができました! 5種目用意されていた中の1種目はフットバッグを製作してその出来栄えを競うという種目だったので、実際にプレーをする4種目に出場して全て優勝しました。 映像はYouTubeにも上げたのでご覧になってみてください。 オンライン開催は昨年に続き、2年連続。 世界大会も2年連続でオンライン開催でしたから随分慣れてはきました。

            スキ
            2

            米どころ新潟!「The 米フェス in しただ」というイベントに出演して新しい経験をしてきた。

            先日は新潟県三条市下田で行われた米フェスというイベントに出演をしてきました。 今回は地元のチアリーディングチーム「ビートチアキッズ」の子達のパフォーマンスの時にMCも務めるという新しい経験もしてきたのでそれについて書きたいと思います。 こういった新しい経験はドキドキするけどやっぱり楽しいよね! 場所は米どころ新潟。 この日は三条市下田にある「道の駅 漢学の里 しただ」で開催。 事前に地元の小学校に伺ってプレスリリースの授業を行ったりもしたので自分のパフォーマンス以外にも

            スキ
            1

            三条市長へギネス世界記録更新の報告の為、表敬訪問をしてきた時に感じたこと。

            ギネス世界記録の認定証が届いたタイミングで12月1日に三条市役所へ伺い、三条市長に表敬訪問をしてきました! 午前11時から15分間の面会時間でした。 三条市長のいる市長室は三条市役所の3F。 秘書室で待機させて頂き、カメラを用意したり、市長に普段行っている活動内容を知って頂く為にiPadの中に写真を用意したりしました。 僕の時間の前にも訪問者がいらっしゃったそうで、市長はやはり忙しい。 そして11時を迎え市長室へご案内頂きました。今回はウェブメディアとNHKさんが取材

            スキ
            2

            CUPS聖籠のホームゲームでパフォーマンスと体験会を行いました!

            JAPANサッカーカレッジさんのチーム「CUPS聖籠」さんのホームゲームでパフォーマンスと体験会を行わせて頂きました! CUPS聖籠はJAPANサッカーカレッジが母体となっている社会人サッカーのクラブチーム。 北信越フットボールリーグ2部に位置しています。 この日は優勝が決まるかどうかの大事な一戦!試合には勝ったのですが、他の会場で行われていた1位のチームの試合結果次第で順位が変動する可能性がありながらも別の試合が順当に進んでしまったため、昇格とはなりませんでした。

            スキ
            4

            オンラインで行われたフットバッグの世界大会で今年も4位だったけどテレビに出た話。

            前回のnoteでもお伝えしていたようにオンラインで行われたフットバッグの世界大会の結果発表が行われ、今年も4位でした! オンラインの大会は難しい! 以前優勝したリアル大会では一発勝負で勝敗が決するのでその時のコンディションやタイミング、運などの条件が揃って2回優勝する事ができました。 ただ、オンラインはやはり何度でも撮り直しができることから、自分より実力のある外国人選手は安定した映像を提出してきます。 自分も何度も何度も撮影は行い、ようやくある程度納得のいくパフォーマ

            スキ
            4