あまのさくや / はんことことば

絵はんこ作家のあまのさくやです。チェコ親善アンバサダー。 若年性認知症の父と、がんで逝った母についてのエッセイ「時をかける父と、母と」をcakesにて連載していました。 2021年3月より、岩手県・紫波町に移住。 お仕事は→sakuhanjyo@gmail.com
  • 商品の画像

    はんこ一筆箋【少し遠くを見る準備】

    毎日見かける山がふと愛しくなり。はんこのもようで一筆箋をつくりました。ちょっとしたお手紙に使っていただきたいデザインです。版画のように一色や二色ずつ色を重ねて刷っていくリソグラフ印刷で制作しているため、紙によっては色合いが異なったり、ずれやかすれを含む場合があります。その風合いもお楽しみいただければ嬉しいです。<内容>12枚(1柄x12枚)(無罫)<サイズ> 約8cmx18cm<使用紙>キャピタルラップ(薄く、印刷面はざらざらとしたクラフト紙/裏面はすこし艶のあるつるつるした紙です)<筆記適正>水性ペン○  毛筆/筆ペン○ 万年筆△(一部の筆記具でにじむ場合があります)
    ¥600
    小書店 web
  • 商品の画像

    はんこ一筆箋【ねことかんづめ】

    岩手県産の「サヴァ?」缶があまりに美味しくて、思わずはんこにしてしまいました。ちょっとしたお手紙に使っていただきたいデザインです。版画のように一色や二色ずつ色を重ねて刷っていくリソグラフ印刷で制作しているため、紙によっては色合いが異なったり、ずれやかすれを含む場合があります。その風合いもお楽しみいただければ嬉しいです。<内容>12枚(1柄x12枚)(無罫)<サイズ> 約8cmx18cm<使用紙>キャピタルラップ(薄く、印刷面はざらざらとしたクラフト紙/裏面はすこし艶のあるつるつるした紙です)<筆記適正>水性ペン○  毛筆/筆ペン○ 万年筆△(一部の筆記具でにじむ場合があります)
    ¥600
    小書店 web
  • 商品の画像

    はんこ一筆箋(こころもよう)

    色と色が重なってはんこもようになる。そんな曖昧なもようが、春を待ち遠しく思う気持ちや、涼しさを求める気持ちもどんな季節にも合う一筆箋になりました。お仕事の書類送付のついでや、ささやかなメッセージを送りたいときに添えてくださいね。上下も縦書き・横書きも問わないデザインです。版画のように一色や二色ずつ色を重ねて刷っていくリソグラフ印刷で制作しているため、紙によっては色合いが異なったり、ずれやかすれを含む場合があります。その風合いもお楽しみいただければ嬉しいです。<内容>20枚(2柄x10枚)(無罫)<サイズ> 約7cmx17cm<使用紙>キャピタルラップ(薄く、印刷面はざらざらとしたクラフト紙/裏面はすこし艶のあるつるつるした紙です)<筆記適正>水性ペン○  毛筆/筆ペン○ 万年筆△(一部の筆記具でにじむ場合があります)
    ¥550
    小書店 web
  • もっとみる
固定された記事

あまのさくやの説明書

こんにちは。私は絵はんこ作家・エッセイスト・チェコ親善アンバサダーのあまのさくやと申します。35歳です。 時にははんこを彫り、時にはエッセイを書き、イラストを描き…

「紫波町図書館」という、図書館らしくない図書館のはなし

「図書館=本を借りられる場所」のみとするならば、岩手県にある紫波町図書館は、私が今まで出会ってきた図書館というもののイメージをくつがえしてくれる存在だ。 だから…

ペーパードライバーがドライバーになるまで日記

私は、運転がものすごく苦手だ。 移住の決断を周囲に話した時、「他のことはあまり心配しないけど、運転だけは心配」と言われ続け、自分自身の苦手意識はもう、東根山より…