空間

2

バーチャル空間で建築見学!─メタボリズム・クオンタイズド ~旧都城市民会館3D Digital Archive~ワークショップレポート

菊竹建築設計事務所が設計し、1966年に竣工した旧都城市民会館。
老朽化などを理由に、惜しむらくは昨年解体されてしまった本建物ですが、有志によって実測が行われデジタルアーカイブとして残されています(経緯は下記のnoteに詳しく書きました)。

本プロジェクトは第23回文化庁メディア芸術祭(以下、メ芸)のエンターテインメント部門審査で委員会推薦作品に選ばれるなど一定の評価も得た、これからのデジタルア

もっとみる
ありがとうございます!
110

世界中の絶景を、“窓”で旅する。「Atmoph Window」が彩る、ニューノーマルなワークプレイスとは

窓のない会議室で過ごす閉塞感。代わり映えのない景色で長時間働くストレス。それらは、認識すらしていない小さな問題かもしれません。でも、積み重なればいつかは、大きな負荷になってしまうでしょう。

こうした課題を「世界の絶景」で解決してくれるのが、窓型スマートディスプレイの「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」。映像と音で、ワークプレイスに開放感や彩りを与えてくれるプロダクトです。

今回

もっとみる
ありがとうございます!note・Twitterのフォローもぜひ😊
67