月刊フリーライター00ai

成せば成る~何かをして何の結果も返らないなんてことはない

※この記事は投げ銭方式(無料)です。

2ねん位前に、上げたYouTube動画。

旅行先で撮った動画を何もしないのももったいないなと思って、それだけで投稿してみた動画だった。

上げっぱなしで放置状態だったのだけど、昨日、確認してみたら、87回も視聴されていた。

たぶん、世の中の動画の中のそれと比べたら、全然少ない視聴回数。でも、私個人からすると、こんなに?とおどろく数字だった。

これを見た

もっとみる

打ちのめされて、でも、がんばって自信を取り戻して。

先月、若干スランプ気味だった私。

舐めてなんかいないつもりだったけど、仕事舐めてたなと反省しきりだった。

もっとみる

「思いつき」が「企画」に変わるとき

今日は、コンタクトを買いに行かなくてはいけなかったので、久々にノマドワーク。

眼科のあと、スターバックスでパソコンを開いてお仕事しました。

家のパソコンを変えてから、デスクトップのが疲れないで作業できることがわかったので、以前よりノマドることはだいぶ少なくなった。

ただ、家にいると、ついおい昼寝したくなる
ただ、家にいると、ついおやつ食べたくなる
ただ、家にいると、ついとうらぶやりたくなる。

もっとみる

インタビューの準備はどこまでやればいいの?

取材の前は入念に準備すべきか。出たとこ勝負でいいのか。

取材ライターにもほんといろいろなタイプがいて、できるだけ準備をしていく人もいるし、行き当たりばったりでもできてしまう人もいる。

私は基本的には、前者のタイプ。取材前は時間が許す限り、取材相手のことを研究します。著書を出していれば読むし、公式サイトやらなんやらもチェックするし。

そして、質問も思いつくかぎり考え出して、リストアップしておき

もっとみる

【取材日誌】足の痺れも仕事のうちか

取材の現場では、待ち時間が長いときがある。

待つこと自体は、仕事のうちだとあきらめているので、とうに慣れっこ。待ち時間があることを想定して、飲み物とかお菓子、読書用端末などを必ず持っていく。

ただ、困るのは、その待ち時間が、ずっとベタ座りなとき。

もっとみる

原稿を書くとき、頭がぐるぐるする

私はライターですが、原稿を書くとき、相当に推敲を重ねるほうです。

まずは、とにかく書いてみる。

そして、文章を組み立てていく。

まとまってくるにつれて、頭のぐるぐるする回転が速くなっていきます。

もっとみる