スポンジ活動(TAN-SUの実験コンテンツ)

TAN-SUの学びと実験のコンテンツ『スポンジ活動』略しスポ活!面白い人や会社、ユニークな場所とつながって新しい情報をキューっと吸収。商品開発や実験連載、地域活動などのスポ活の様子を定期的にnoteにまとめていきます。

スポンジ活動(TAN-SUの実験コンテンツ)

TAN-SUの学びと実験のコンテンツ『スポンジ活動』略しスポ活!面白い人や会社、ユニークな場所とつながって新しい情報をキューっと吸収。商品開発や実験連載、地域活動などのスポ活の様子を定期的にnoteにまとめていきます。

    マガジン

    ストア

    • 商品の画像

      てのひら紙芝居「 おいもほりのちいさなたからもの 」

      てのひら紙芝居「おいもほりのちいさなたからもの」「おいもほり」をテーマにしたてのひらサイズのかわいい紙芝居です。[ 内容 ]・紙芝居 17枚・おいもずかん台紙 1枚・折れ防止厚紙 1枚・読み聞かせQR付き[ サイズ ]A5サイズ ( 210×148mm )[ 特典 ]・リベットボタンの読み聞かせ音声付き( QRにて読み込んでいただき、youtube上にて聞くことができます。 )「おいもほり」をテーマにしたてのひらサイズのかわいい紙芝居です。小さいおいもや野菜も、大切に食べようね。というメッセージが込められており食育にもぴったりの内容です。紙芝居なので読み聞かせごっこをしたりなど、さまざまな楽しみかたをすることができます。かさばることなく持ち運べるため、外でのちょっとした時間の読み聞かせや、施設での置き場所にも困りません。裏面には読み聞かせ補助がついております。そしてご購入者さまの特典として、リベットボタンの読み聞かせの音声付きです。Youtube上で限定公開されている音声を流しながら、紙芝居を楽しむことができます。絵本を読むのが苦手な方も、こちらの音声と一緒に楽しむことができます。おまけの「おいもずかん」はぬりえ感覚で「これはどんなかたちかな?」と、名前をつけながら図鑑風に完成させていくことができます。実際においもほりに参加をしてからや、スーパーでみつけたおいもの形などを描いてオリジナルの図鑑を完成させてみてください🎵メインの紙芝居はもちろん、読み聞かせ音源やおまけのおいもずかんなど楽しみ方がいっぱいの「てのひら紙芝居」ぜひお楽しみください。
      ¥980
      おちゃのま商店
    • 商品の画像

      データ版┊ちょきちょきトントンシート

      ⚠️⚠️ こちらはデータ版です、ご注意ください ⚠️⚠️( データ版のご購入はご返金は致しかねますのでご了承ください。 ) 紙でのお届けはcreemaにて販売しています。https://www.creema.jp/c/ochanoma123Instagramの製作でみなさんからご好評をいただいた「ちょきちょきトントンシート」のデータ版セットになります ᐧ༚̮ᐧ ✂️印刷推奨サイズ:A4 画像:6枚+ おまけシート1枚ご自宅などにプリンターがある方におすすめです。絵本のような表紙がついているのは、ひとつひとつの素材を物語を贈るような気持ちでお届けしたいという想いを込めていますそしてせっかくハサミを練習するなら、たくさんの色に触れながら自然と「切る」ことが楽しくなったり、集中力に繋がれば良いなと思い、イラストは水彩タッチで描いており、それぞれの野菜をたくさんの色をつかってみずみずしさやリアルな質感を出せるよう仕上げました。はさみの練習だけでなくたくさんの使い道があるのも今回の作品の魅力です。・ながほそ〜いやさい・もっとながほそいやさい・まあるいやさい・半月フルーツ・でこぼこやさい計 5枚 41種類 のセットとなります。単純に切る作業が上手になってきたらつぎに丸やでこぼこの野菜に挑戦したり、ステップごとに素材を変えて楽しめる仕組みです┊ 商品の使いかた ┊✓ はさみの練習に✓ おままごとやごっこあそびの素材に✓ 壁面かざりとして✓ 裏面をメッセージカードに✓ シルエットのなぞなぞゲーム┊ 製作の想い ┊今回はオリジナルキャラクターのベジパンズのはさみの練習シートになっています。野菜をキャラクター化することですこしでも野菜自体に愛着をもってもらいたいという想いから、お顔があったりパンツをはいたりしています ᐧ༚̮ᐧ 配色にはたくさんの色を使っており、ひとつの「赤」の中にも黄色や水色、きみどりなどの色が隠れています。ただのはさみの練習だけでなく、色の重なりかたなども一緒に注目してあそんでいただけたら嬉しいです。切るときは最初は自由に、上達にあわせて補助線などを引いてあげると切りやすくなります・データ版の全ての著作権は作者に帰属します。・データの転用及び2次配布を発見した場合、直接ご連絡させて頂きます。・2次配布などが行われた際は今後のデータの販売を停止させて頂きます。〈 ご購入の流れ 〉https://faq.stores.jp/hc/ja/articles/360044830312-デジタルアイテムのオーダーの流れを知りたいです-📍https://www.instagram.com/rivet_button
      ¥500
      おちゃのま商店
    • 商品の画像

      てのひら紙芝居「 おいもほりのちいさなたからもの 」

      てのひら紙芝居「おいもほりのちいさなたからもの」「おいもほり」をテーマにしたてのひらサイズのかわいい紙芝居です。[ 内容 ]・紙芝居 17枚・おいもずかん台紙 1枚・折れ防止厚紙 1枚・読み聞かせQR付き[ サイズ ]A5サイズ ( 210×148mm )[ 特典 ]・リベットボタンの読み聞かせ音声付き( QRにて読み込んでいただき、youtube上にて聞くことができます。 )「おいもほり」をテーマにしたてのひらサイズのかわいい紙芝居です。小さいおいもや野菜も、大切に食べようね。というメッセージが込められており食育にもぴったりの内容です。紙芝居なので読み聞かせごっこをしたりなど、さまざまな楽しみかたをすることができます。かさばることなく持ち運べるため、外でのちょっとした時間の読み聞かせや、施設での置き場所にも困りません。裏面には読み聞かせ補助がついております。そしてご購入者さまの特典として、リベットボタンの読み聞かせの音声付きです。Youtube上で限定公開されている音声を流しながら、紙芝居を楽しむことができます。絵本を読むのが苦手な方も、こちらの音声と一緒に楽しむことができます。おまけの「おいもずかん」はぬりえ感覚で「これはどんなかたちかな?」と、名前をつけながら図鑑風に完成させていくことができます。実際においもほりに参加をしてからや、スーパーでみつけたおいもの形などを描いてオリジナルの図鑑を完成させてみてください🎵メインの紙芝居はもちろん、読み聞かせ音源やおまけのおいもずかんなど楽しみ方がいっぱいの「てのひら紙芝居」ぜひお楽しみください。
      ¥980
      おちゃのま商店
    • 商品の画像

      データ版┊ちょきちょきトントンシート

      ⚠️⚠️ こちらはデータ版です、ご注意ください ⚠️⚠️( データ版のご購入はご返金は致しかねますのでご了承ください。 ) 紙でのお届けはcreemaにて販売しています。https://www.creema.jp/c/ochanoma123Instagramの製作でみなさんからご好評をいただいた「ちょきちょきトントンシート」のデータ版セットになります ᐧ༚̮ᐧ ✂️印刷推奨サイズ:A4 画像:6枚+ おまけシート1枚ご自宅などにプリンターがある方におすすめです。絵本のような表紙がついているのは、ひとつひとつの素材を物語を贈るような気持ちでお届けしたいという想いを込めていますそしてせっかくハサミを練習するなら、たくさんの色に触れながら自然と「切る」ことが楽しくなったり、集中力に繋がれば良いなと思い、イラストは水彩タッチで描いており、それぞれの野菜をたくさんの色をつかってみずみずしさやリアルな質感を出せるよう仕上げました。はさみの練習だけでなくたくさんの使い道があるのも今回の作品の魅力です。・ながほそ〜いやさい・もっとながほそいやさい・まあるいやさい・半月フルーツ・でこぼこやさい計 5枚 41種類 のセットとなります。単純に切る作業が上手になってきたらつぎに丸やでこぼこの野菜に挑戦したり、ステップごとに素材を変えて楽しめる仕組みです┊ 商品の使いかた ┊✓ はさみの練習に✓ おままごとやごっこあそびの素材に✓ 壁面かざりとして✓ 裏面をメッセージカードに✓ シルエットのなぞなぞゲーム┊ 製作の想い ┊今回はオリジナルキャラクターのベジパンズのはさみの練習シートになっています。野菜をキャラクター化することですこしでも野菜自体に愛着をもってもらいたいという想いから、お顔があったりパンツをはいたりしています ᐧ༚̮ᐧ 配色にはたくさんの色を使っており、ひとつの「赤」の中にも黄色や水色、きみどりなどの色が隠れています。ただのはさみの練習だけでなく、色の重なりかたなども一緒に注目してあそんでいただけたら嬉しいです。切るときは最初は自由に、上達にあわせて補助線などを引いてあげると切りやすくなります・データ版の全ての著作権は作者に帰属します。・データの転用及び2次配布を発見した場合、直接ご連絡させて頂きます。・2次配布などが行われた際は今後のデータの販売を停止させて頂きます。〈 ご購入の流れ 〉https://faq.stores.jp/hc/ja/articles/360044830312-デジタルアイテムのオーダーの流れを知りたいです-📍https://www.instagram.com/rivet_button
      ¥500
      おちゃのま商店
    • もっとみる

    最近の記事

    OJISAN design

    スポンジの部長こと山口やすゆきです。 僕は昨年11月に46歳となり、気づけばいつのまにやらアラフィフ。立派な!?おじさんとなりました。 つい最近まで、自分をおじさんと認識することは無かったのですが、年齢的にも世間の目もどう考えても絶対的におじさんでした。 ふと、おじさんになってからやっているこたってなんだっけと考えた時に、いろいろと初めてのことにチャレンジしていたんです。 例えば子育て。 44歳で第一子を授かり、まさに中年おじさんは子育て真っ只中。生きていかねばとダイエ

    スキ
    7
      • 川瀬良子さんプロデュース『ZAB』の魅力とは

        みなさんこんにちは! スポンジのスポ活メンバーの副部長補佐&美術係ことあそびクリエイターのリベットボタンです🚩 普段は歌やイラストであそびを届ける活動をしています。( 活動内容は一番下のリンクへ ) 今回は同じスポ活メンバーの川瀬良子さんプロデュースのザブザブ洗えるバッグ『ZAB』のデザイン監修を務めさせていただくことになったのをきっかけに、私目線からZABの魅力をご紹介していこうと思います! 『ZAB』とは?ガーデニングカウンセラーの岡井路子先生と タレントでラジオ

        スキ
        7
        • 畑も楽ちんマイブランドワークウエア『HATARAKU』づくりに向けて頑張るぞ💪

          僕は畑をやっています。家庭菜園ですが生まれ故郷の千葉県野田市の江戸川沿いに畑を借りて、通年で野菜づくりを楽しんでいます。なんやかんやと野菜づくりも丸8年経ちました。 とにかく楽しい。土や自然に触れて野菜を育てるっていうのは労働の原点というか生命を感じてます。人間が生きるために進化させてきた食糧生産活動というのは難しいもので、農業はとにかく科学的であり僕なんぞまだまだひよっこちゃん。 今冬野菜を育てていて、収穫しては配ったり地元のイベントで販売したり、育てた野菜を消費者に届

          スキ
          8
          • 『中途半端ミュージアム!?』『思いつき事件簿』、この企画、僕じゃなくて誰かに譲ったら成功するかもな件を考察。

            思いつきは事件ではなく、実験である。後世に語り継がれそうな名文句です!?が、まずこの書き出しからスタートしてみます。 僕の本業はプロモーションの企画を作る仕事。格好良く言えばプランナー。いきなり余談ですが本当は横文字より企画者という日本語の肩書きが気に入っているのですが。会社としては地方自治体や企業のプロモーションや広報、宣伝のお手伝いをする仕事をしています。 TAN-SUの特徴としては音楽や映像、デザイン、編集などの制作技術を持ったクリエーターや食や料理の専門家などの素

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • おちゃのま商店でお買い物

            • 1本
          • スポ活トピックス

            • 3本

            スポンジ活動のトピック記事です。TAN-SUと産地の取り組みやオリジナルコンテンツ、イベントやワークショップ、気になるミニ情報などまとめています。

          • 地域や産地との取り組み

            • 1本

            TAN-SUではこれまでたくさんの地域と様々なプロジェクトを立ち上げてきました。これからはTAN-SUのメディアでもあるスポンジを通じて地域や産地との新しい関わりを作っていきたいと思います。

          • 連載的な読み物

            • 5本

            スポンジの部長、山口やすゆきのが日々言葉遊びの中から生み出しているタイトルを綴っています。タイトルってとっても大事。シュールな日常編からお仕事編まで、ユニークなタイトルデザインをお楽しみください。

          • 商品開発プロジェクト

            • 3本

            ここでは企業とコラボした商品開発プロジェクトの取り組みを記事でお楽しみいただけます。

          • おちゃのま商店でお買い物

            • 1本
          • スポ活トピックス

            • 3本

            スポンジ活動のトピック記事です。TAN-SUと産地の取り組みやオリジナルコンテンツ、イベントやワークショップ、気になるミニ情報などまとめています。

          • 地域や産地との取り組み

            • 1本

            TAN-SUではこれまでたくさんの地域と様々なプロジェクトを立ち上げてきました。これからはTAN-SUのメディアでもあるスポンジを通じて地域や産地との新しい関わりを作っていきたいと思います。

          • 連載的な読み物

            • 5本

            スポンジの部長、山口やすゆきのが日々言葉遊びの中から生み出しているタイトルを綴っています。タイトルってとっても大事。シュールな日常編からお仕事編まで、ユニークなタイトルデザインをお楽しみください。

          • 商品開発プロジェクト

            • 3本

            ここでは企業とコラボした商品開発プロジェクトの取り組みを記事でお楽しみいただけます。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • あの角曲がれば、おちゃのま商店。みんなの家のすぐそばにある、物語を販売する商店。

              今回の『歩き出すタイトル』は、TAN-SUが運営するオンラインショップ"おちゃのま商店"についてです。 まず、この商店では、TAN-SUの山口やすゆきと、天才リベットボタンがプロデュースする作品や創作イメージをカタチにして販売しています。代表的なのはリベットボタンの発明したパンツをはいた野菜たちの物語「ベジパンズ」です。トレードマークのパンツは思いやりのシルシです。 "おちゃのま"という場所は、TAN-SUがとても大切にしている言葉で、家族のコミュニケーションの空間と時間

              スキ
              2
              • TBSラジオ『ハツデンキ』で初のMCを経験。発信・伝達・企画。

                山口やすゆきの『歩き出すタイトル』。今回は僕が2019年1月から6月までの半年間、TBSラジオで期間限定レギュラー番組で初のMCをさせてもらった時のお話です。 夢にも思わなかったラジオ番組のMC。例えば自分がMCだったら?という想像はしたことはあったけれど、しゃべりが下手くそな自分にラジオなんてできるわけないと思っていました。 それでもTBSラジオのプロデューサーの方に背中を押していただいたこともあって、それならばチャレンジしてみようと決断。一緒に番組を進行するアシストには、

                スキ
                6
                • スポ活部の部長・山口やすゆき「歩き出すタイトル」はじめました👣ぺたぺた。

                  思えば遠くへ来たもんだ!ではなくて、思えば、僕のこれまでの人生、多分おそらく毎日いろんなタイトルをつけて歩んできたのではないだろうか!!??と回顧している。 僕が代表をしているTAN-SUという会社も、ある意味タイトルです。アイデアを引き出しにいっぱい詰め込んだ箪笥でありたいという願いを込めて付けました。ー(ハイフン)は、遊び心のある箪笥でありたいという、遊び心マークです。 そう、こうやって何かあるたびにいつも僕は些細な日常にタイトルをつけていたように思います。それは仕事だろ

                  スキ
                  4
                  • スポンジのテーマソング♪を作ろう企画スタート!

                    スポンジの活動をイメージしたテーマソングを作ろう企画です!スポンジのインスタにリベットボタンが制作したデモ曲を3曲アップしてますので、お気に入りのデモ曲を選んで『いいね👍』押してね。 デモ① https://vimeo.com/478104592 デモ② https://vimeo.com/478105613 デモ③ https://vimeo.com/478106547 スポンジスタッフの中でも意見は様々!んー悩ましい🤣年内には完成版作ってお届けしたい! スポンジの

                    スキ
                    2
                    • スポ活から生まれた『3時のこいも』の商品ラベルが可愛い件。こいものがたり編。

                      記事担当の部長こと山口やすゆきです。 スポンジ活動の実験企画『おやつ作り』から生まれた『3時のこいも』のラベルができました。あれよあれよという間ですね(笑) 3時のこいもは、お芋農家の実のる屋さんとの繋がりから生まれた炊き芋アレンジ企画です。 部長の山口がタイトルコピーを考え、副部長の川瀬さんが可愛いデザインの炊飯器を見つけ出しし、副部長補佐のリベットボタンがロゴをデザインするという、スポンジ部員の連携から生まれたおやつ芋です。 炊

                      スキ
                      4
                      • きのこでご菌所づきあい!信州なかの×TAN-SUで、産地の菌況をお届けするユニークな新聞を企画編集!

                        TAN-SUでは日本一のきのこの産地・長野県中野市と一緒に産地の魅力をお届けする地域新聞を企画編集しています。中野市はえのきたけのシェア日本一で、中野市だけで40%を誇ります。まさに信州から生まれたきのこ王国です。そんなきのこ王国から産地ときのこの魅力を届けるべく、皆さんに手にとってもらいやすいように可愛い新聞づくりをスタートしました。 なかのきのこ新聞は、春夏号&秋冬号の毎年2回発行される季刊フリーペーパーです。毎回季節にあったテーマを決めて編集部が現地取材を実施し、生産

                        スキ
                        5
                        • おやつ用の炊き芋×エアークリームチーズ『3時のこいも』販売スタート!

                          スポンジ🧽のおやつ企画から生まれた"おやつ"が、この『3時のこいも』です。 ちよっと小腹が空いた時に、お手軽に調理できておやつ感覚で食べれるものがあるといいなぁということからスタートした企画でしたが、あれよあれよという間に販売の機会をいただくことができました。 きっかけは神明さんの可愛い炊飯器と東洋アルミさんの焼き芋専用ホイルスポンジの情報通!副編集長の川瀬さんから10分で1.5号のお米が炊けるミニ炊飯器『poddi(ポッディー)』がとっても可愛くて便利という話を聞き、早

                          スキ
                          4
                          • TAN-SUのメディアづくりプロジェクト「音と紙のマガジン“スポンジ“」スタート!

                            はじめまして。株式会社TAN-SUの山口やすゆきです。僕たちの会社は“箪笥“という名前の通り、引き出しからいろんなアイデアを引っ張り出してきて地域や産地のコンテンツづくりをしている小さな会社です。 食をテーマにした音楽や絵本、映像、フリーペーパーの編集やデザイン、WEBマガジンの運営、スーパー向けのお弁当雑貨の販売など、日々クリエターたちと一緒にコンテンツづくりに取りに組んでいます。 <TAN-SUホームページはこちら> 会社の畑では毎日野菜の栽培もしているので、本物の野菜

                            スキ
                            5