映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常

入江悠監督が『SRサイタマノラッパー』シリーズ以来10年ぶりに撮った自主映画。 プロと学生たちが商業映画では作れないタブーへ挑戦。 2020年秋撮影し、2021年夏に劇場公開決定。 コロナ禍で苦境に陥った全国ミニシアターでの公開を目指します!

映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常

入江悠監督が『SRサイタマノラッパー』シリーズ以来10年ぶりに撮った自主映画。 プロと学生たちが商業映画では作れないタブーへ挑戦。 2020年秋撮影し、2021年夏に劇場公開決定。 コロナ禍で苦境に陥った全国ミニシアターでの公開を目指します!

    マガジン

    最近の記事

    吉岡睦雄が覗いた『シュシュシュの娘』〜第七章:44歳の地図〜

    第7章「44歳の地図」 10月某日 撮影前日に再び深谷入り。 明日撮影するシーンは・・なかなか問題のシーンです。 僕がある人物と会話をするシーンなのですが、脚本上では「他愛もない会話。街のこと。家族のこと。」みたいな記述しかないのです。 そしてどう考えても僕が会話をリードする立場なのです。 入江さんからも、「何を話すか考えておいてくださいね」 と言われています。 いやいや・・ ずっと考えましたよ。 色々な案が浮かんでは消えていきました。 「撮影が始まれば何か思いつくに違

    スキ
    7
      • 根矢涼香『映画は歩いていく』

        映画『シュシュシュの娘』 おひさしぶりです。 丹治紗枝子役の根矢涼香です。 8月21日の日本全国での上映開始から、早いものでもうすぐ2か月。 気が付いたら来年もすぐそこで、こういうのは毎年言っちゃいますが本当に、時間というのはあっという間ですね。 まだ訪れたことのない沢山の映画館、顔を合わせたことのない誰かと、今日も何処かで映画越しに対面をしていると思うと、何度経験してもそれは不思議で、単純に、すごいことだなあと思うのです。 現在上映中・上映予定の映画館 10

        スキ
        26
        • 吉岡睦雄が覗いた『シュシュシュの娘』〜第六章:深谷上空いらっしゃいませ〜

          第六章「深谷上空いらっしゃいませ」 冷や汗まみれの初日を終えた次の日。 10/1。 午後はメインセットでの福田沙紀さんと宇野祥平くんのシーン。 僕はこっそり見学です。 ここは映画の前半部の肝になる大切なシーン。 芝居もさることながら照明の美しさにビックリしました。 今回の照明を担当するのは高井大樹さん。 一見すると海坊主みたいな風貌です。 しかしただの海坊主じゃありません。 現場でのパワフルな仕事ぶり。 ヤングマン達も皆んな慕っておりました。 ホントに頼りになる男です。

          スキ
          20
          • 【レポート】2021.08.29 『シュシュシュの娘』を監督の前で好き放題に語る会@Loft9 Shibuya

            8月29日にLoft9 Shibuyaにて「僕らのモテるための映画聖典」のメンバー、入江悠監督、上鈴木伯周さん(ラッパー)、駒木根隆介さん(俳優)、亀田梨紗さん(俳優)、林賢一さん(脚本家)、大川喬さん(編集長)の6名によるトークイベントが行われました! その名も「『シュシュシュの娘』を監督の前で好き放題に語る会」 2時間半、ゲストもお招きしながら『シュシュシュの娘』についてネタバレあり、裏話あり、とたくさん語っていただきました! 今回はネタバレを含まない形でレポートさ

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 撮影レポート(俳優編)
            映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常
          • 劇場公開情報
            映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常
          • 撮影レポート(スタッフ編)
            映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常
          • 【連載】入江悠のミニシアター逍遥
            映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常
          • #シュシュシュ のちくわレシピ
            映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常
          • #シュシュシュ の俳優たち
            映画『シュシュシュの娘』の、ちくわな日常

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ポレポレ東中野|08.22 公開2日目|児玉拓郎&白畑真逸&仗桐安 舞台挨拶レポ by飯山さな

            公開2日目のポレポレ東中野にて、脇役三人衆の児玉拓郎さん、白畑真逸さん、仗桐安さんによる舞台挨拶が行われました。 3人の役作りについてお話があり、「移民排除に関する本をたくさん読みました。福谷市を守る自警団を作っていきたいという思いでした。」と自警団 千田峰太郎役の白畑さん。 仗さん演じる高峰産廃の社長、高峰三吉はご自身よりも年上の役だったこともあり、白髪を入れるメイクをしたり、日焼けサロンに行って日焼けをしたそうです。児玉さんは自警団 石原興役で出演されていますが、実は劇

            スキ
            1

            横浜シネマ・ジャック&ベティ |入江悠監督&飯山さな(学生スタッフ) 舞台挨拶レポ

            『シュシュシュの娘』2021.08.25@横浜シネマ・ジャック&ベティ 『シュシュシュの娘』公開5日目となる8月25日(水)に入江悠監督が横浜シネマ・ジャック&ベティにて舞台挨拶を行いました。ボランティアスタッフの飯山が様子をリポートします! MC:横浜シネマ・ジャック&ベティ支配人 梶原さん ーーーーーーーーーーーーーーー 入江:ずっとネタバレをしないように宣伝してきて、ミニシアターで上映していただくことを最初から想定して作ったので映画館の中で驚いていただけたらいい

            スキ
            5

            8月26日(木) 入江悠監督舞台挨拶@新潟・市民映画館シネ・ウインドのお知らせ

            こんにちは、映画『シュシュシュの娘』監督の入江悠です。 今週、8月26日(木)に新潟・市民映画館シネ・ウインドさんにて舞台挨拶をさせていただきます。 ▪️8月26日(木) 新潟・市民映画館シネ・ウインド 14:35の回 上映後に舞台挨拶 登壇者: 入江悠(監督) 「風と光と二十のわたしと」これは、新潟ゆかりの作家で、私の大好きな坂口安吾の本の題名です(シネ・ウインドさんにもたくさん安吾の蔵書がありますね)。 さすがに20才まではさかのぼりませんが、私と新潟・市民映画館

            スキ
            5

            8月25日(水) 入江悠監督舞台挨拶@横浜・シネマ・ジャック&ベティのお知らせ

            こんにちは、映画『シュシュシュの娘』監督の入江悠です。 今週8月25日(水)に、横浜シネマ・ジャック&ベティにて舞台挨拶をさせていただきます。 ▪️8月25日(水) 横浜・シネマ・ジャック&ベティ 13:30の回 上映後に舞台挨拶 登壇者: 入江悠(監督) 横浜シネマ・ジャック&ベティは、今年放送されたドラマ『ネメシス』の撮影にお借りして、大変お世話になりました。 広瀬すずさんと櫻井翔さんの掛け合いのシーンを中央の階段で撮らせていただいたり、櫻井さんが謎の地下に住む道

            スキ
            6

            根矢涼香『8月22日は茨城でシュシュシュ!』

            早いものであと数日。  8月21日より全国公開の、 映画『シュシュシュの娘』  丹治紗枝子役の根矢涼香です。  4:3のスタンダードサイズで撮られたこの映画。 ミニマムな可愛さと、真に迫る容赦のなさの両面を兼ね備えているのは、 この映画の魅力でもあります。  物語の舞台となる福谷市の色濃い人物たちも、ロケ地に漂うなんともいえない(褒めています)空気感も、海田庄吾さんによる音楽も追い風となって、衝撃の展開からラストまで駆け抜けていく快感。。。 これは是非映画館で楽

            スキ
            11

            『シュシュシュの娘』舞台挨拶 情報

            ▪️9月1日(水) 公開12日目 ①大分・別府ブルーバード劇場 19:00の回 上映後に舞台挨拶 登壇者: 入江悠監督 ▪️9月2日(木) 公開13日目①熊本・Denkikan  18:00の回 上映後に舞台挨拶 登壇者: 入江悠監督 ▪️9月4日(土) 公開15日目①宮崎・宮崎キネマ館(リモート) 14:40の回 上映後に舞台挨拶 登壇者: 入江悠監督 ②広島・シネマ尾道 15:20の回 上映後に舞台挨拶 登壇者: 入江悠監督 ▪️9月5日(日) 公開16日

            スキ
            10

            根矢涼香『映画がくれる光景』

            映画が完成する。 世界には何本の映画があるんだろうとふと考えた。何人の人がその背景で魂を燃やし、情熱をかけ、苦悩し、そしてどれだけの人の心を照らし、感動を運んでいったのだろう。この日本だけでもその数は計り知れない。 そして今この瞬間にも誰かが映画を作っている。 誰かが映画を観ている。 私たちのこの映画が、これから先、どんな風にして、このノートを読んでくださっているあなたのもとへ、そしてこの映画のタイトルすら知らない人のもとへと届いていくのだろうかと、想いを馳せている今

            スキ
            19

            HIROSHIMA DIARY by 吉岡睦雄

            第1章 時をかけるムツオ 8/21 コロナウイルス抗原検査陰性を確認する。 11時 福山シネマモードさんへご挨拶。 福山駅から歩いてすぐの立派な建物。 残念ながら支配人の藤井さんは在館しておらず。 突然の訪問にも関わらず優しく対応して頂きました。 酒井さんや受付にいらっしゃった神原さんが一緒に写真を撮ってくださる。 13時 シネマ尾道さんへ。 尾道駅のすぐ目の前。 河本清順さん(支配人)にインタビューなどいっぱいさせて頂きました。 「映画との出会いは?

            スキ
            25

            笑った!泣いた!愛を感じた!『シュシュシュの娘』先行プレミアム試写会

            こんにちは。 学生ボランティアスタッフの飯山彩菜です。 8月11日(水)に行われた『シュシュシュの娘』全国一斉プレミアム試写会に横浜シネマ・ジャック&ベティから参加してきました! 今回はスタッフとしてではなく、お客さんとして行ってきたのですが、自分が出演しているわけではないのに上映前からなぜかずっと緊張していました。しかしいざ上映が始まると、お客さんがスクリーンに向かってすっと集中する雰囲気に包まれ、私も映画に集中してしまい、緊張はどこかへ飛んでいってしまいました。 そ

            スキ
            7

            映画『シュシュシュの娘』8/11(水)先行プレミアム試写会/直前のご挨拶

            暑い日がつづきますが、いかがお過ごしでしょうか。 映画『シュシュシュの娘』、8/11(水)についに先行プレミアム試写会が開催になります。 全国ミニシアター24館で、夜7時からの同時一斉上映です。 この上映が、映画館での本作初上映になります。 上映後は、本作監督の入江悠、出演の福田沙紀さん、井浦新さん、根矢涼香さんが登壇し、全国ミニシアターをつないで相互生中継の舞台挨拶をします。また、フリーアナウンサーの笠井信輔さんが「ミニシアター応援のために!」と司会で駆けつけてくださる

            スキ
            2

            入江悠のミニシアター逍遥Vol.7〜池袋シネマ・ロサ

            こんにちは、入江悠です。 映画『シュシュシュの娘』の監督・脚本・編集・製作などをしました。 本作は、昨年2020年、コロナ禍の自粛要請などで苦境に陥った全国のミニシアターを応援したい、との思いから始まりました。 「第7回~池袋シネマ・ロサ」 僕の人生を変えてくれた映画館です。映画監督としての自分がいま、あるのは、シネマ・ロサのおかげ。 2000年代、何度も通った道。池袋西口から歩いていきます。 いい感じの飲食街を抜けていくと、ロサ会館があります。 あれは2009年

            スキ
            6

            全国ミニシアターから観客へメッセージ

            映画『シュシュシュの娘』は異例の全国ミニシアターで一斉劇場公開! 全国の輪をつないで、力を合わせてコロナ禍を乗り切ろう。 続々と、全国の映画館さんから上映の意気込みメッセージが届いています。 渋谷ユーロスペース 深谷シネマ (埼玉) 上田映劇(長野)ほとり座(富山)シネマスコーレ(名古屋)新潟・市民映画館シネ・ウインド 長野千石劇場 (順不同) まだまだ続々と熱いメッセージが届いています。 順次アップしていきます。 ぜひお近くの劇場でご覧ください。 映画『シュシ

            スキ
            5